【大手5社を実際に利用】海外WiFiレンタルを比較!速くて繋がり易いWiFiはこれだ!

海外WiFiレンタル主要5社のルーター
執筆者情報
HowTravel編集部
越智 こうな
これまで50カ国以上に渡航したことのある旅好き編集者です。経験を活かして、海外旅行にまつわる様々な知識を発信しています。
 
HowTravel編集部
越智こうな

こんにちは、HowTravel編集部の越智です。

海外旅行に行く際に、海外レンタルWiFiをどれにしようか悩んでいませんか?

海外WiFiレンタルはあまり馴染みがなく、会社によってサービスがどう異なるのか分かりませんよね。また、インターネットでいくら探してみても、通信速度の速い業者や接続が安定している業者などの情報をまとめているサイトは見つかりません。

私もこれまで50カ国以上を旅してきましたが、毎回、海外WiFiレンタル選びに悩まされてきました。

日頃から現地で実際に調査したデータがあるといいなあと考えていたところ、先日、ヨーロッパ6カ国(ドイツ、オランダ、ベルギー、オーストリア、ハンガリー、チェコです。)に訪れる機会があったので、海外WiFiレンタル大手5社のルーターを実際に全てレンタルして比較検証してきました。この記事では、実際に体験して分かった本当におすすめできる海外WiFiレンタルを紹介します。

海外WiFiと、キャリア国際ローミング/海外SIMの違い

海外でインターネットを利用するためには、この記事で紹介していく「海外WiFiレンタル」以外にも、いくつか選択肢があります。

一般的に知られている選択肢としては、docomo/au/softbankなどの携帯キャリアが提供している「国際ローミング」と呼ばれる方法と、現地で使用できる「現地SIM」があります。それぞれにメリットデメリットがあるので、簡単に紹介しておきます。

まずは、価格面です。基本的には「国際ローミング」>「海外WiFiレンタル」>「現地SIM」の順番で安くなっていきますが、「海外WiFiレンタル」は複数人で利用できるため、2人以上で旅をするのであれば「海外WiFiレンタル」が最も安くなります。

海外WiFiレンタルと携帯キャリア国際ローミング費用との価格差

また、利用難易度も「海外WiFiレンタル」が最も簡単だと思います。

現地SIMは、日本語の通じない現地のSIM販売店で自分のスマホに対応しているSIMを探し出す必要があります。一度購入できてしまえば、利用方法は非常に簡単なのですが、購入までのハードルが高いと感じています。旅慣れているはずの私でも、入国してから現地SIMを手に入れるまでの数十分間は毎回ドキドキします。

docomo、softbank、auなど携帯キャリアの提供している国際ローミングサービスも、システムが複雑です。料金体系も分かりずらいですし、少し設定を間違えると高額請求が来てしまいます。

その点、海外WiFiレンタルなら、レンタル事業者のHPで渡航先と渡航期間を入力すれば簡単にWiFiを借りられます。非常にシンプルで分かり易いと思います。

携帯性は、海外WiFiレンタルが唯一明確に劣る部分です。海外WiFiレンタルの場合、スマホの他にWiFiルーターを常に持ち歩く必要があるので、身軽に旅をしたい人にとっては邪魔です。「手ぶらで街歩きを楽しみたい!」と考えている人は、海外WiFiレンタルではなく、頑張って現地SIMをゲットするのがおすすめです。

海外WiFiレンタルがおすすめの方

  1. 複数人で旅行される方
  2. 海外旅行初心者
  3. スマホの複雑な設定や契約が面倒な方

上記にあてはまる方は、海外WiFiをレンタルしておくと良いと思います。

反対に、

  1. 一人旅の方
  2. 海外旅行に慣れている方
  3. 「手ぶらで街歩きしたい」など、身軽さを重視する方

このようなタイプの方は、現地でSIMを購入するのが良いかと思います(ご自身のスマホが現地SIMに対応しているかどうかは事前に要チェックです!)

 
HowTravel編集部
越智こうな

私の場合、1人旅で同じ場所に長期滞在する際は海外SIMを利用していて、複数人で旅行したり、いくつかの都市や国を巡る旅の際は海外WiFiをレンタルするようにしています。

以前、1都市に3週間ほど滞在する予定があったのですが、その際は現地SIMが使いやすいなと思いました。

逆に、短期間で複数都市を巡るような忙しい旅だと、常に荷物があるような状態でしたし、一つのルーターで複数カ国対応していたので、海外WiFiレンタルが便利でした。

海外WiFiレンタルの選び方

海外WiFiレンタルは、いくつかの会社が行っていますが、代表的な会社は5社です。

  1. GlobalWiFi
  2. イモトのWiFi
  3. Wi-Ho!
  4. jetfi
  5. グローバルモバイル

この5社で、海外WiFiレンタル業界全体の9割程のシェアを占めていて、海外WiFiレンタルする人の大部分がこの5社から選んでいます。私もいつもこの5社の中から選んで利用していました。

品質や価格面で優れているので、基本的にはこの5社の中から、選べば問題ないと思います。

海外WiFiレンタル事業者を実際に選ぶ際には、次の5点に着目します。

①価格

レンタル価格は訪れる国によって異なりますが、安い事業者はどこに行っても安く、高い事業者は高い傾向にあります。

②通信速度と繋がり易さ

海外WiFiレンタル事業者は、それぞれ各国の通信事業者と契約しています。どの通信事業者と契約しているか、また、どんなWiFiルーターを使用しているかでWiFi通信速度と繋がり易さが決まります。

③サポートの充実

各社、メールや電話、ラインなどのコミュニケーションツールを用いてサポートを行っています。現地でトラブルがあった際に直ぐに助けてくれる業者からレンタルすると安心です。

なお、日本からお問合せした時のコールセンターの対応と、海外からお問合せした時の対応は違うので注意が必要です。
私は日本と海外から何度も問合せた経験があります。日本国内から問い合わせるよりも、海外から問合せた時の方が、明らかに反応が良いです。海外からの問合せの方が緊急度が高いとみなして、優先しているのかもしれません。

④利用しやすさ

海外WiFiレンタルのお申込み、受け取り、返却方法が容易か、という観点も非常に重要です。

⑤ルータースペック

海外WiFiのルーター端末には大きく2種類あって、スマホの予備バッテリーとしての機能も果たすルーターと、コンパクトなルーターです。どちらも一長一短あるので、好みで選べばよいと思います。

このうち、「速度」と「繋がり易さ」と「サポート」については、実際に体験してみないと分からない部分ですので、重点的に調査しました。

全て利用して分かった、本当にお勧めできるWiFiを紹介していきます。

比較結果:一番おすすめはWi-Ho!

【検証結果】

一番おすすめ(=実際によく利用した):Wi-Ho!
ネット速度最速:グローバルモバイル
どこでも繋がる:グローバルwifi
最も安かった:Wi-Ho!

結論から言うと、私が最もおすすめするのはWi-Ho!です

私のおすすめ海外WiFiレンタルランキングはこの記事の後半で発表しています。
こちら

おすすめランキングの前に、まずは比較結果と比較検証したそれぞれの内容について解説します。

【比較結果表】

Wi-Ho! GlobalWiFi グローバルモバイル jetfi イモトのWiFi
総合評価
価格
端末の大きさ/重さ
回線速度
繋がりやすさ
受取/返却の利便性

私のおすすめとは異なりますが、比較検証した結果、最もインターネット回線速度が速かったのはグローバルモバイルで、最もネット回線が安定していたのはグローバルwifiでした。また、総額が最も安かったのはWi-Ho!でした。

それぞれの検証項目を解説していきます。

比較検証① 価格比較

今回借りたWiFiルーターでは、Wi-Ho!が最も低価格でした。

■実際にかかった費用(ヨーロッパ周遊、4G、300MB~350MB)
Wi-Ho!:8,608円
・jetfi:9,280円
・グローバルWiFi:10,800円
・グローバルモバイル:14,080円
イモトのWiFi:24,760円

最も価格の高かったイモトのWiFiと比べると、Wi-Ho!はなんと1/3程度の価格でした。イモトのWiFiは価格があまりに高く検証用にレンタルするのを躊躇してしまうほどでしたが、知名度が高いので検証には不可欠だと考え、思い切ってレンタルしました。

ただし、価格が安いという理由だけでレンタルするのは危険です。 その他の条件を含めて比較しないと、安物買いの銭失いになってしまいます。

比較検証② 繋がりやすさ比較

WiFiの繋がりやすさ(=電波が通じるか)は、レンタルする海外WiFiを選ぶ上で非常に気になるポイントですよね。

各社で繋がりやすさに違いはあるのか、検証比較しました。

比較結果

検証の結果、jetfiとグローバルWiFiが最も繋がりやすいことが分かりました。

①都市の中心部:各社問題なし
②郊外:jetfiとグローバルWiFiのみ接続された
③電車の中:全てのWiFiが接続できなかった

都市部 農村部 電車の中
GlobalWiFi ×
jetfi ×
Wi-Ho! × ×
グローバルモバイル × ×
イモトのWiFi × ×

※郊外=ドイツライン川沿いの田舎
※電車の中=ハンガリーとオーストリアの国境付近と、オーストリアとチェコの国境付近

ベルヴェデーレ宮殿内にあるナポレオンの前でもwifiがつながる! ※jetfiをベルヴェデーレ宮殿内にある有名なナポレオンの絵の前でパシャリ。田舎でも室内でも安定して繋がっていた。

基本的に、一般の観光客が訪れるような都市部や観光地では、各社問題なくWiFiを利用できました。田舎では、jetfiとグローバルWiFiが強さを発揮しました。田舎に行くのなら、どちらかの海外WiFiをレンタルするとよいでしょう。

比較方法紹介

繋がりやすさは、場所によって異なります。また、電波を拾うことができたとしても、4G/LTE回線ではなく速度の遅い3G回線に接続されてしまうこともあります。

今回は、①都市の中心部、②郊外、③電車の中、という場面の違う3つのシーンで、それぞれのWiFiルーターが4G回線に接続できるかを検証して、比較しました。

田舎でWiFiスピードの検証をしている様子
※ライン川沿いの田舎エリアではインターネットに接続できない業者が続出!

比較検証③ 速度比較

WiFi各社が、3Gプランと4Gプランを用意していますが、通信速度に差はないのでしょうか。

各社が公表している「最高速度」に騙されてはいけません。「最高速度」はただの理論値であって、実際に利用者として使えなければ意味がありません。

比較結果

以下の比較結果表の数値は、それぞれの地点で3回ずつ計測した平均値です。通信速度には、「下り値」と「上り値」がありますが、ウェブサイトを閲覧する際の速さであるダウンロード速度=「下り値」を表記しています。

※各場所で3回計測した下り値(mpb)を記載

ほぼ全てのエリアにおいて、グローバルモバイルが最高速度をマークしました。また、グローバルWiFi、jetfi、Wi-Ho!も安定的にWiFiの速度が出ていました。

※ブリュッセルでは各社ともに苦戦していましたが、計測した場所が悪かった可能性もあります。ただし、ブリュッセルの計測結果を除外しても結果はあまり変わりません。

グローバルモバイルの速度と安定性が光る検証結果となりました。安定的に素早いインターネットを望むなら、グローバルモバイルが適しています。

比較方法紹介

主要5社のWiFiを全て4G回線でレンタルし、6ヶ国で実際に使用した際の回線速度を計測しました。

5社の端末をほぼ同時刻(数分のズレはあります)かつ、全く同じ場所でインターネットに接続し、回線速度を検証しました。

回線速度の検証には、GooglePlayストアで上位に表示されていた回線速度チェックアプリSheedchekerを利用しました。

WiFiスピード測定器のSheedchekerキャプチャ
※回線速度の計測に使ったSpeedchecker。今いる場所から近いサーバーに自動で接続して回線速度を計測してくれる。

また、検証は、基本的に最もインターネットの繋がりやすい(=最もインターネット回線が混雑していない)朝に実施しました。

比較検証④ 端末重量、大きさ比較

主要5社のWiFiのルーター重量を比較しました。できれば軽くて小さい、持ち運びに便利な端末がよいですよね。

比較結果

比較した結果、以下のようになりました。

大きさ 重量
GlobalWiFi 63.8×117×20.8mm 224g
イモトのWiFi 63.5×100×14.6mm 107g
Wi-Ho! 58×96.8×17.3mm 135g
jetfi 117×63.8×20.9mm 224g
グローバルモバイル 117×63.8×20.9mm 224g

大きいWiFiルーターは、予備バッテリーの機能も有しています。予備バッテリーを持っていない人にとっては、多少大きくてもバッテリー内蔵型のWiFiルーターを選ぶと便利なこともあります。

比較方法紹介

主要5社に渡された端末の大きさと重量を実際に比較しています。

今回持っていった海外レンタルWiFiの画像 ※電車の中でパシャリ。左から、グローバルWiFi、グローバルモバイル、jetfi、イモトのWiFi、Wi-Ho!の順。
 
HowTravel編集部
越智こうな

WiFiルーターの大きさは好みがはっきり分かれます。小型は持ち運びしやすくて便利です。対して、大きなWiFiルーターには予備バッテリーの機能が付いています。

予備バッテリーと小型WiFiルーターを二つ持ち歩くよりも、予備バッテリー内蔵型のWiFiルーターを一つ持ち運ぶ方が負担が少ない場合もあります。

私は断然小型派です。大きなWiFiルーターは、ポケットに入れるとズボンが膨らんで格好よくありません。ホテル近くのスーパーに行くにも、いちいち大きくて重いWiFiルーターを持ち運ばねばならず、ストレスを感じます。

予備バッテリー内蔵型のWiFiは充電も長持ちしますし、ここは人それぞれの好みで選ぶと良いと思います。

比較検証⑤ 受け取り・返却の容易さ、サポートの質

受け取り・返却の利便性とお問合せの質は各社そこまで大きな違いは感じませんでした。

WiFiの受け取りに関しては、どの業者もあまり変わりません。代表的なWiFiレンタル事業者は、国内主要空港にレンタル機器の受け取りカウンターを設けています。ここに挙げた業者は全社、出国前に空港カウンターでの受け取りや郵送または宅配便での受け取りが可能です。

グローバルWiFiが自動受付カウンターを羽田空港に設置していたり、Wi-Ho!やイモトのWiFiは自社カウンター(※)を設置したりしていますが、利便性の面では特に他社との違いはありません。
※多くの事業者は事業委託で他社と受け取りカウンターを共有しています。

イモトのWiFiの宅配受け取りで届く箱 ※宅配での受け取りでは、出発前日に届けてくれる。事前に荷物を整理できるので便利。

返却も、どの業者であっても簡単に済ませることができます。空港に設置された返却ポストに投函する業者と、帰国後に郵送またはコンビニ等から宅配便発送で返却する業者があります。

受け取り・返却のスムーズさは、業者による違いはあまり大きくはないと思います。

 
HowTravel編集部
越智こうな

個人的には、レターパックでの返却方式が最も楽だと思っています。

到着した空港でそのまま返却するも便利ですが、帰国してへとへとの中、WiFiルーターの返却場所を探してさまようのはあまり好きではありません。(そもそも返却を忘れてしまった経験もあります)

帰国した当日は予想以上に疲れていると思っておいた方が良いと思います。

レターパックでの返却ですと、帰国した翌日中に自宅近くのポストに投函するだけなので、ストレスが少ないです。

また、現地からレンタル期間を一日伸ばす変更連絡をしたところ、全事業者、1分かからずに電話が繋がりました。各社、丁寧な対応で安心がありましたよ。

本当におすすめの海外WiFiレンタルランキング!

それでは、おすすめの海外WiFiランキングを発表します!検証した項目に加えて、私が実際に使用して感じた使い勝手やおすすめポイントも紹介していきます。

1位:Wi-Ho(ワイホー)

お勧めポイント

・価格が安い
・通信速度、安定性ともに非常に優秀
・WiFiレンタルの迅速な準備と対応がずば抜けて優秀で、最も安心感のある業者
・小型端末が多い印象

Wi-Ho!(ワイホー)は、国内最大級の利用者数を誇り、歴史も深い老舗ブランドです。接客サービスの質も高く、海外WiFiレンタル初心者から慣れている方にまで広くおすすめできるブランドです。

実際に利用すると、低価格ながら他の会社と同じかそれ以上の通信速度と安定性がありました。WiFiルーターの受付/返却に関しても非常に分かり易く、初めての方でも簡単に利用できると思います。

また、サポートの品質も高く、プランの変更やキャンセルなど、迅速に対応してもらえます。Wi-Ho!は他の会社と違って、空港の近くにWiFiルーターの倉庫を持っているので、素早い対応が可能になっています。

バランスの取れたWiFiルーターをお探しなら、Wi-Ho!で決まりだと思います。

ブランド詳細へ公式サイトへ
 
HowTravel編集部
越智こうな

私はいつもWi-Ho!を使っています。

かつては色々なWiFiを使用していましたが、数年前から価格や品質のバランスが取れているWi-Ho!をリピート利用しています。

価格も安いですし、使いやすいですし、ひとまずWi-Ho!を選ぶのが良いと思っています。

2位:グローバルWiFi(Global WiFi)

お勧めポイント

・通信が安定している
・空港カウンターが充実していて利用しやすい

グローバルWiFiは、海外WiFiレンタル業界の最大手業者の一つです。空港カウンターの拠点数や対応国数も業界トップクラスで、誰でも利用できます。

受け取りや返却の手数料が若干分かりづらいので、2位としていますが、サービスの質、価格ともに非常に優秀なことに間違いありません。

現地で実際に使用してみると通信の安定性に驚かされました。通信速度こそ平均的でしたが、農村部でもしっかりとインターネットに接続できていました。マイナーな都市や郊外への旅行を考えているなら、グローバルWiFiがおすすめです。

ブランド詳細へ公式サイトへ
 
HowTravel編集部
越智こうな

グローバルWiFiは、どこに行っても通信が安定していました。

観光地にいる分にはメリットは感じられないかもしれませんが、都市から離れて農村部にアクセスすると繋がり易さを実感できると思います。

3位:jetfi

お勧めポイント

・シンプルな料金体系
・WiFiルーターが新型
・レターパックをポストに投函して返却する仕組みで、非常に楽!

JetFiは、料金体系が非常に分かりやすい点が特徴的です。エリア(アジアやヨーロッパなど)を指定して、容量を選べば、基本料金が決まります。

指定したエリアであれば、どこでもインターネットが利用できるので、複数カ国を周遊するなら便利です。

また、実際に使用してみても、接続の安定性が光りました。前述の比較結果からも分かりますが、Jetfiを持っておけばどこに行ってもインターネットが使える安心感がありました。

金額自体も非常に安価に設定されているので、誰にとっても使いやすいWiFiだと思います。

ブランド詳細へ公式サイトへ

4位:グローバルモバイル

お勧めポイント

・インターネット通信速度が最も早い!
・受取/返却送料が無料なので、トータルで見ると安い!
・受取が出発2日前に出来ることもあり、非常に便利!

グローバルモバイルは、料金に受取/返却の送料が含まれているため、見た目以上に安価なWiFiルーターです。HowTravel編集部内でも人気の高いWiFiルーターで、私の隣席の同僚はグローバルモバイルのヘビーユーザーです。

通信速度の速さも飛びぬけていて、6カ国検証の結果、他のWiFi業者よりも、群を抜いて通信速度が速い結果となりました。

また、今回の比較検証企画でグローバルモバイルをレンタルしたところ、出発予定日の2日前にWiFiルーターが郵送されてきました。たいていの会社では、出発予定日の前日に届くので、「ちゃんと届くかな?」と不安になりますが、出発前々日に届けてもらえると、とても安心感がありました。

ブランド詳細へ公式サイトへ
 
HowTravel編集部
越智こうな

グローバルモバイルは、実際の検証の結果、最も通信速度が速いWiFiレンタル事業者でした。

また、往復送料を含んだ総額料金で見ると他のWiFi会社より随分と安いですし、レンタルWiFiが出発2日前に届けられるなど、個人的にはもっと上位でおすすめしたいWiFi会社です。

ネックとなるのは、公式HPが使いづらい点です。渡航先毎にページが分かれていて、それぞれのページに掲載されている情報も見やすいとは言えません。

ある程度海外WiFiレンタルの知識がついたらトライしてみたい、玄人好みのWiFiレンタル事業者です。サービスの質が高いだけに少し勿体ないような気持ちになります。

5位:イモトのWiFi

お勧めポイント

・知名度抜群!
・空港カウンターが充実していて、借りやすく返しやすい

イモトのWiFiは、タレントのイモトさんを大きく打ち出したWiFiブランドです。最近では社長さんが出演するTVCMでも話題ですよね!一般的な知名度はとても高いのではないでしょうか。

今回の検証では特筆すべき性能を示すことはありませんでした。強いブランディングはありますが、価格も他のWiFiの3倍ほどします。おそらく、海外WiFiレンタルをしっかり比較する旅行者にとっては、イモトのWiFiは選択肢から外れるのではないでしょうか。

ブランド詳細へ公式サイトへ

まとめ 本当にお勧めの業者はWi-Ho!

海外レンタルWiFiの主要5社を全てレンタルし、6ヶ国を回って計測した今回の旅は、15日間に及ぶ長い旅になりました。

しっかりと観光もして、実際の利用シーンと同じような使い方を意識しました。

多方面から検証した結果、価格と品質はあまり関連がない、ということを感じました。高いWiFiでも安いWiFiでも、あまりパフォーマンスが変わらなかったのです。

ここまで公開した検証結果を踏まえると、安くて安定していて使い勝手の良い「Wi-Ho!」が最もお勧めできる海外WiFiレンタルです。

Wi-Ho!のお申し込みはこちら
(このリンクからのお申込みで利用料金が5%割引になります)

この企画は時間と手間が大変にかかるため頻繁に行うのは難しいのですが、好評であれば来年また再検証したいと考えています。