海外WiFiレンタル主要5社を6ヶ国で実際に検証比較!最もお勧めなのはこれ!

海外WiFiレンタル主要5社のルーター

海外WiFi大手5社を6ヶ国で実際に比較

海外WiFiレンタルは業者によって価格が大きく異なりますが、サービスとしてどのような違いがあるのかはなかなか分かりません。海外旅行に詳しいはずのHowTravel編集部のメンバーでも、複数存在している海外WiFiレンタル事業者の具体的な差を知らず、どうにかして比較してみたいと思いました。

そこで、思い切って海外WiFiレンタル大手5社のWiFiルーターを実際に全てレンタルして、6ヶ国(ドイツ、オランダ、ベルギー、オーストリア、ハンガリー、チェコ)に行って使用し、最終的にかかった費用や、インターネット回線速度、品質などを徹底的に比較しました。

今回は、比較した結果を包み隠さず公開すると共に、実際に使ってみてお勧めできる海外WiFiレンタルを紹介します。

※フランクフルトのレーマー広場でイモトのwifiをパチリ

今回レンタルしたWiFiは、人気の集中している以下の5社です。

  1. GlobalWiFi
  2. イモトのWiFi
  3. Wi-Ho!
  4. jetfi
  5. グローバルモバイル

結論:5社を6ヶ国で比較した結果

検証した結果、最もインターネット回線速度が速かったのはグローバルモバイルで、最もネット回線が安定していたのはグローバルwifiでした。総額が最も安かったのはWi-Ho!でした。

また、現地を旅行中に最も頻度高く使用したのはWi-Ho!でした。

【検証結果】
一番おすすめ(=実際によく利用した):Wi-Ho!
ネット速度最速:グローバルモバイル
どこでも繋がる:グローバルwifi
最も安かった:Wi-Ho!

【比較結果表】

Wi-Ho! GlobalWiFi グローバルモバイル jetfi イモトのWiFi
総合評価
価格
端末の大きさ/重さ
回線速度
繋がりやすさ
受取/返却の利便性

Wi-Ho!をもっともよく利用した理由は、Wi-Ho!のWiFi端末が小型で持ち運びに優れており、回線速度にもストレスなく利用することができたからです。

多くの業者の端末は、バッテリー内蔵型でした。バッテリー内蔵型のモバイルルーターは、バッテリーの持ちがよいというメリットがありますが、その分重たく、嵩張ってしまうのが難点です。

重さももちろんですが、何よりも不便だと感じたのは、その形でした。厚みがあってポケットにも入れて持ち運ぶこともできないため、ホテルの目の前にあるスーパーに行くのにも、いちいちカバンを持っていかなくてはなりません

移動の多い海外旅行において大きくて重い荷物が増えるのは、個人的には致命的でした。 

バッテリー内蔵型のモバイルルーターは、「モバイルバッテリーとしても利用できる」と謳われていますが、モバイルバッテリーとして利用して肝心のモバイルルーターの電池を消費してしまうのは本末転倒です。モバイルバッテリーは必要に応じて別途持ち歩くほうが便利で安心だと感じました。

結果的に旅行中はずっと小型wifi端末を利用し、バッテリー内蔵型タイプはホテルに置いたままでした。

バッテリー内蔵型のwifiルーターと小型のwifiルーター ※上の3つがバッテリー内蔵型。使ってみるとわかるのですが、重くて嵩張るので非常に不便です。個人的には全くおすすめできません。

イモトのWiFiもWi-Ho!と同じく小型で軽い端末でしたが、Wi-Ho!の方が回線速度が速く安定していましたし、何より安かったので、今度旅行に行く際にどの業者をレンタルしていくかと聞かれれば、断然Wi-Ho!です。

安くて使い勝手の良いWiFiを探しているのならWi-Ho!で決まりだと思います。

価格比較

今回借りたWiFiルーターでは、Wi-Ho!が最も低価格でした。

■実際にかかった費用(ヨーロッパ周遊、4G、300MB~350MB)
Wi-Ho!:8,608円
・jetfi:9,280円
・グローバルWiFi:10,800円
・グローバルモバイル:14,080円
イモトのWiFi:24,760円

最も価格の高かったイモトのWiFiと比べると、Wi-Ho!はなんと1/3程度の価格でした。イモトのWiFiは価格があまりに高く検証用にレンタルするのを躊躇してしまうほどでしたが、知名度が高いので検証には不可欠だと考え、思い切ってレンタルしました。

以下のリンクからWiFiを申し込むと、割引が適用されます。HowTravelでは、それぞれの会社と直接交渉して、特別な価格の割引等をしてもらっているので、かなりお得だと思います。

※HowTravelはそれぞれの会社と直接契約をしていますが、この記事における検証内容については忖度なしであることを宣言しておきます。この記事に記載している検証は、各社に連絡せずに行っている完全抜き打ちチェックです。
ブランド名 割引/クーポン/特典内容 詳細/申込
Wi-Ho!のロゴ
HowTravel限定割引実施中マーク
・利用料金が最大5%OFF!
・受取手数料通常540円が無料!
詳細 申込
グローバルWiFiのロゴ
HowTravel限定割引実施中マーク
・利用料金が最大10%OFF!
・受取手数料通常540円が無料!
詳細 申込
長期旅行なら最大64%OFF 詳細 申込
グローバルモバイルのロゴ 往復宅配送料完全無料!
早割り適用で10%OFF!
詳細 申込
イモトのWiFiロゴ
HowTravel限定割引実施中マーク
利用料金が最大5%OFF
詳細 申込

ただし、価格が安いという理由だけでレンタルするのは危険です。 その他の条件を含めて比較しないと、安物買いの銭失いになってしまいます。

繋がりやすさ比較

WiFiの繋がりやすさ(=電波が通じるか)は、レンタルする海外WiFiを選ぶ上で非常に気になるポイントですよね。

各社で繋がりやすさに違いはあるのか、検証比較しました。

検証方法

繋がりやすさは、場所によって異なります。また、電波を拾うことができたとしても、4G/LTE回線ではなく速度の遅い3G回線に接続されてしまうこともあります。

今回は、①都市の中心部、②郊外、③電車の中、という場面の違う3つのシーンで、それぞれのWiFiルーターが4G回線に接続できるかを検証して、比較しました。

田舎でWiFiスピードの検証をしている様子
※ライン川沿いの田舎エリアではインターネットに接続できない業者が続出!

比較結果

検証の結果、jetfiとグローバルWiFiが最も繋がりやすいことが分かりました。

①都市の中心部:各社問題なし
②郊外:jetfiとグローバルWiFiのみ接続された
③電車の中:全てのWiFiが接続できなかった

都市部 農村部 電車の中
GlobalWiFi ×
jetfi ×
Wi-Ho! × ×
グローバルモバイル × ×
イモトのWiFi × ×

※郊外=ドイツライン川沿いの田舎
※電車の中=ハンガリーとオーストリアの国境付近と、オーストリアとチェコの国境付近

ベルヴェデーレ宮殿内にあるナポレオンの前でもwifiがつながる! ※jetfiをベルヴェデーレ宮殿内にある有名なナポレオンの絵の前でパシャリ。田舎でも室内でも安定して繋がっていた。

基本的に、一般の観光客が訪れるような都市部や観光地では、各社問題なくWiFiを利用できました。田舎では、jetfiとグローバルWiFiが強さを発揮しました。田舎に行くのなら、どちらかの海外WiFiをレンタルするとよいでしょう。

速度比較

WiFi各社が、3Gプランと4Gプランを用意していますが、通信速度に差はないのでしょうか。実際に、各社のWiFiルーターを6ヶ国で使用し、回線速度を検証比較しました。

各社が公表している「最高速度」に騙されてはいけません。「最高速度」はただの理論値であって、実際に利用者として使えなければ意味がありません。

比較方法

主要5社のWiFiを全て4G回線でレンタルし、6ヶ国で実際に使用した際の回線速度を計測しました。

5社の端末をほぼ同時刻(数分のズレはあります)かつ、全く同じ場所でインターネットに接続し、回線速度を検証しました。

回線速度の検証には、GooglePlayストアで上位に表示されていた回線速度チェックアプリSheedchekerを利用しました。

WiFiスピード測定器のSheedchekerキャプチャ
※回線速度の計測に使ったSpeedchecker。今いる場所から近いサーバーに自動で接続して回線速度を計測してくれる。

また、検証は、基本的に最もインターネットの繋がりやすい(=最もインターネット回線が混雑していない)朝に実施しています。

比較結果

以下の比較結果表の数値は、それぞれの地点で3回ずつ計測した平均値です。通信速度には、「下り値」と「登り値」がありますが、ウェブサイトを閲覧する際の速さであるダウンロード速度=「下り値」を表記しています。

※各場所で3回計測した下り値(mpb)を記載

ほぼ全てのエリアにおいて、グローバルモバイルが最高速度をマークしました。また、グローバルWiFi、jetfi、Wi-Ho!も安定的にWiFiの速度が出ていました。

※ブリュッセルでは各社ともに苦戦していましたが、計測した場所が悪かった可能性もあります。ただし、ブリュッセルの計測結果を除外しても結果はあまり変わりません。

グローバルモバイルの速度と安定性が光る検証結果となりました。安定的に素早いインターネットを望むなら、グローバルモバイルが適しています。

端末重量/大きさ比較/最大稼働時間

主要5社のWiFiのルーター重量を比較しました。できれば軽くて小さい、持ち運びに便利な端末がよいですよね。

比較方法

主要5社に渡された端末の大きさと重量を比較しました。

今回持っていった海外レンタルWiFiの画像 ※電車の中でパシャリ。左から、グローバルWiFi、グローバルモバイル、jetfi、イモトのWiFi、Wi-Ho!の順。

比較結果

比較した結果、以下のようになりました。

大きさ 重量
GlobalWiFi 63.8×117×20.8mm 224g
イモトのWiFi 63.5×100×14.6mm 107g
Wi-Ho! 58×96.8×17.3mm 135g
jetfi 117×63.8×20.9mm 224g
グローバルモバイル 117×63.8×20.9mm 224g

既に記載していますが、大きいWiFi端末は非常に使い勝手が悪いと感じました。メリットとデメリットを吟味して納得してから予約するとよいでしょう。

受け取り・返却の容易さ

受け取り・返却の利便性は各社そこまで大きな違いは感じませんでした。

WiFiの受け取りに関しては、どの業者もあまり変わりません。代表的なWiFiレンタル事業者は、国内主要空港にレンタル機器の受け取りカウンターを設けています。ここに挙げた業者は全社、出国前に空港カウンターでの受け取りや郵送または宅配便での受け取りが可能です。

グローバルWiFiが自動受付カウンターを羽田空港に設置していたり、Wi-Ho!やイモトのWiFiは自社カウンター(※)を設置したりしていますが、利便性の面では特に他社との違いはありません。 ※多くの事業者は事業委託で他社と受け取りカウンターを共有しています。

今回は、複数の業者のモバイルルーターを持っていくため、充電器が重複し荷物が増えるのを避けるべくグローバルWiFi以外のレンタル機器は事前に宅配便で受け取ることにしました。

イモトのWiFiの宅配受け取りで届く箱 ※宅配での受け取りでは、出発前日に届けてくれる。事前に荷物を整理できるので便利。

返却も、どの業者であっても簡単に済ませることができます。空港に設置された返却ポストに投函する業者と、帰国後に郵送またはコンビニ等から宅配便発送で返却する業者があります。

受け取り・返却のスムーズさは、業者による違いはないと言えるでしょう。

おまけ お問合せへの対応

日付変更線のカウントを誤り、一日短くレンタルを申し込んでしまっていたので、全てのWiFi事業者に現地から電話して、レンタル期間を一日伸ばす変更連絡をしました。

折角なので、どのくらいの時間で電話が繋がるのかを計ったところ、驚きの結果となりました。

全事業者、1分かからずに電話が繋がりました。

各社、丁寧な対応で安心がありましたよ。

まとめ 本当にお勧めの業者はWi-Ho!

海外レンタルWiFiの主要5社を全てレンタルし、6ヶ国を回って計測した今回の旅は、15日間に及ぶ長い旅になりました。

しっかりと観光もして、実際の利用シーンと同じような使い方を意識しました。

多方面から検証した結果、価格と品質はあまり関連がない、ということを感じました。高いWiFiでも安いWiFiでも、あまりパフォーマンスが変わらなかったのです。

ここまで公開した検証結果を踏まえると、安くて安定していて使い勝手の良い「Wi-Ho!」が最もお勧めできる海外WiFiレンタルです。

Wi-Ho!のお申し込みはこちら
(このリンクからのお申込みで利用料金が5%割引になります)

この企画は時間と手間が大変にかかるため頻繁に行うのは難しいのですが、好評であれば来年また再検証したいと考えています。