【食べログ3.5以上】難波(なんば)の人気おすすめ焼肉15選

難波の人気おすすめ焼肉店

2018/08/10 更新

この記事では、食べログ3.5以上の中から、「本当に行くべき焼肉店」を厳選し、お勧め店舗をご紹介する。難波(なんば)で口コミ高評価の美味しい焼肉を食べたい時は参考にして欲しい。

【食べログ3.5以上】難波の人気おすすめ焼肉15選(目次)

店舗
(クリックで詳細)
価格帯 個室

肉匠 なか田

1万-1万千円 有り

3000-4000円 無し

本家 とらちゃん

6000-7000円 有り

肉匠 おか元

8000-9000円 無し

宮崎尾崎牛 肉割烹 吟

8000-9000円 有り

多平

4000-5000円円 無し

豚美

4000-5000円 有り

月島屋

4000-5000円 有り

肉處 きっしゃん

4000-5000円 有り

もつ無双 ゆまる

3000-4000円 無し

ヤマダモンゴル

4000-5000円 無し

若葉屋

3000-4000円 無し

炭火焼肉 弁慶

1万-1万千円 無し

極味焼肉 牛吾

5000-6000円 無し

南一園

5000-6000円 無し

① 肉匠 なか田

こだわりの35日熟成肉を難波最高級の焼肉店で


最高級の熟成肉を難波で味わえる店。来店した日に合わせて、32種類の中から7種類の肉を炭火焼肉で調理してこだわりの塩で食べられる。極厚のトロタンは根元からカットしたもの。高支所に切れ目を入れることで、口の中に入れたときに旨みが広がりやすくなっている。ここでしか味わえない食感。35日熟成肉の種類はリブロース、サーロインなどがあり、中でもシャトーブリアンは病みつきになるほどの美味。

肉が最高級だが、店の雰囲気やインテリアも引けを取らないほどに高級感がある。掘りごたつ式の座敷もあれば、レストラン風の個室、バーのようなムードのあるカウンター席ある。店員の接客も丁寧だと評判が良い。ここまで落ち着いて高級感に浸れる店はなかなかないだろう。気合いの入ったデートや特別な記念日にオススメ。

■住所: 大阪府大阪市中央区難波1-7-16 現代こいさんビル5F
■アクセス: J地下鉄御堂筋線なんば駅14番出口から徒歩1分
■営業時間: 17:00-23:00
■定休日:年末年始
■価格帯:1万-1万千円
■個室:有り

② 空

初級者から上級者まで。コスパ最高のホルモン


鶴橋にある有名ホルモン店「空」の道頓堀店。こちらもホルモンの質とコスパが良く、安くて美味いと評判だ。ホルモンなどがボウルに入れられて提供されるのが特徴的。タン、カルビ、ハラミ、ロース、テッチャンなどいろいろなホルモンを試していきたい。メニューはホルモン初級者、中級者、上級者向けに項目が分けられているので、自分のレベルに合わせて注文できるのもいい。

肉の価格はほとんどが350円から500円ほど。これで様々な部位を食べつくせるのだから確かにコスパが良い。名物のホソは牛の腸の一部。脂身がたっぷりでプリプリとした食感が新鮮だ。店の外観はローカルな焼肉屋で入りやすい店構えだ。席はカウンターと座敷。中規模の店内にぎっちりと焼肉を食べる人々で埋まる。

■住所: 大阪府大阪市中央区道頓堀2-4-6 三光ビル 1F
■アクセス:地下鉄御堂筋線なんば駅25番出口から徒歩5分
■営業時間:
月曜-金曜は17:00-23:30
土曜、日曜、祝日は16:00-23:30
■定休日: 火曜(祝日の場合は営業、翌日休業)
■価格帯:3000-4000円
■個室:無し

③ 本家 とらちゃん

タレントや野球選手も訪れる名店


「こだわりは捨てられまへん」。店頭に書かれた文句が印象的。デートや接待、知人同士の飲みなどでよく使われている焼肉店だ。店頭の赤提灯と木彫りの虎のキャラクターが目印だ。店には過去に来店した有名人の写真が飾ってある。タレントの梅宮辰夫や野球選手だと代打の神様と呼ばれた桧山進次郎、そしてオリックス時代のイチローがなぜかユニフォーム姿で映っている写真がある。

精肉店を近くの鶴橋に持っていることから、この店でも良質な肉を提供できる。特選三角バラ、ハラミ、骨付きカルビなど、値段は張るがやはり他では簡単には味わえない極上の味だ。提供される肉の盛り付けにも凝っていて、タン刺しはまるで赤い花のように綺麗に盛り付けられている。店内の照明は暗めなのでデートにちょうどいいかもしれない。

■住所: 大阪府大阪市中央区道頓堀1-7-13
■アクセス: 地下鉄御堂筋線なんば駅14番出口から徒歩3分
■営業時間:16:30-23:00
■定休日:火曜
■価格帯:6000-7000円
■個室:有り

④ 肉匠 おか元

ひとに教えたくない隠れ家系高級焼肉店


外観は小料理屋のようで、初めて入るときにはすこし緊張するタイプの店だ。1階は調理場、客席は2階がメインになっている。1階のショーケースには霜降り肉が飾られていて食欲をそそる。お座敷の客席や店のつくりが隠れ家レストランのようなひっそりとした雰囲気だ。上品で清潔感もあるので好印象。テーブルには炭火の網焼きと溶岩プレートが一緒に内蔵されているので、好みでどちらも肉を焼ける。

気になる肉は、A5等級メスの十勝和牛の一頭買いもしくは枝肉買いでの提供。未経産雌牛の黒毛和牛のみを使用するという店のこだわりがある。三角のフィレ肉は柚子の大根おろしで食べるのも美味い。180gとボリュームも十分だ。肉の値は少し張るが店や店員の雰囲気、対応も良いのでコスパが高いと評判だ。

■住所: 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-7-9
■アクセス:大阪難波駅4番出口から徒歩5分
■営業時間: 17:30-23:00
■定休日:月曜
■価格帯:8000-9000円
■個室:無し

⑤ 宮崎尾崎牛 肉割烹 吟

宮崎牛を超える幻の尾崎牛を焼肉で


なんば HIPSの10Fにある「宮崎尾崎牛 肉割烹 吟」。夜ならば難波の夜景を眺望できてデートのムード作りにも最適。店内は高級感のある落ち着いた空間。個室は旅館の一部屋のようでもある。店のこだわりは、店名の通りに宮崎尾崎牛を一頭買いで提供していること。宮崎牛を超えるとまで言われる尾崎牛を関西で味わえるのはここだけ。さらに一頭買いなので、希少な部位も幅広く提供している。

7500円から1万5千円までの6つのコースがある。最高級の「翡翠」は尾崎牛尽くしの贅沢三昧コース。尾崎牛のフィレ、グリーンカレー鍋、炙り寿司などまさに尾崎牛を食べ尽くせるコースになっている。6名以上のコースなので特別な会食などに合うコースだ。ドリンクは尾崎牛によく合うワインなどが充実している。予約必須のお店なので来店の予約を忘れずに。

■住所: 大阪府大阪市中央区難波1-8-16 なんばHIPS 10F
■アクセス: 地下鉄御堂筋線なんば駅14番から徒歩1分
■営業時間: 17:00-23:30
■定休日:年末年始
■価格帯:8000-9000円
■個室:有り

⑥ 多平

創業60年以上。昭和を感じる老舗焼肉屋


創業1957年。実に60年以上の歴史がある老舗焼肉屋だ。各路線のなんば駅から徒歩すぐの好立地。「焼肉 多平(たへい)」の看板や暖簾が渋い。店内は老舗の居酒屋、というよりラーメン屋に近い雰囲気。店内のテレビではバラエティなどが流れている。肉を焼くロースターも従来のスタンダードなもので、黒焦げた網で焼く肉が懐かしい。煙がモクモクなのはご愛嬌ということで。

メニューが調理場の上に吊るされている。タン、キモ、上ミノ、カルビなど。750円から850円ほど。ほかには上ロース1450円、上タン1050円で少しグレードが上がる。ぶ厚めの上タンは適度な弾力があり歯ごたえがしっかりとしていて、脂も十分乗っている。塩胡椒の味付けがビールによく合う。一人焼肉も友人たちとの飲みでもリラックスして焼肉を楽しめる店だ。

■住所: 大阪府大阪市浪速区難波中1-15-3
■アクセス: 地下鉄各線難波駅5番出口から徒歩1分
■営業時間:11:30-22:00
■定休日: 第2、第3水曜
■価格帯:4000-5000円
■個室:無し

⑦ 豚美

豚肉に絶対的自信アリの韓国風豚肉料理店


豚肉にとにかくこだわる「豚美(とんび)」。店には常時12種類以上のブランド豚を用意しているという。松坂豚、鹿児島黒豚、イベリコ豚など。提供される肉には解説の札がついているのでなんの肉か分かりやすい。肉の味付けも熟成肉やワインサムギョプサル、コチュサムギョプサルなどオリジナルの製法もあり幅広い。豚肉は美味しいだけでなく、疲労回復や美肌効果もあり滋養効果の高い食材でもある。

名物の一つのワインサムギョプサル。豚のばら肉を白ワインに丸一日漬け込むことで、肉の柔らかさとさわやかな風味を味わうことができる。コチュサムギョプサルは店秘伝の真っ赤なモミダレにバラ肉を漬けこんだもので、辛さは控え目。ほかのメニューは、特上豚タン塩焼き、塩とんとろ、豚ロースなど。とにかくいろんな豚肉をいろんな調理で味わえる店だ。

■住所: 大阪府大阪市中央区難波1-5-8
■アクセス: 地下鉄各線難波駅15番出口から徒歩1分
■営業時間:
月曜-土曜は17:00-25:00
日曜、祝日は17:00-24:00
■定休日:年中無休
■価格帯:4000-5000円
■個室:有り

⑧ 月島屋

お笑い芸人もよく訪れる難波の焼肉店


「月島屋」ではその時期に最も美味しく食べられるA5ランクの黒毛和牛を厳選して提供している。独自ルートで各地の肉を仕入れているので、極上肉も手ごろな価格で味わうことができる。店の外観は洋風レストランのようでもある。しかし入店してみれば、特にお座敷は暖かみのある和風空間になっている。掘りごたつになっているのも嬉しい。広々としていて暖色系の照明で照らされていて落ち着く店内だ。

壁の一角にはびっしりとサインが並んでいる。ブラックマヨネーズ、麒麟などのお笑い芸人や有名人もよく来店するようだ。リーズナブルに味わいたい場合はタンづくし、月島セット300g、ホルモン味くらべなどの盛り合わせ系が人気だ。肉の知識があまりなくても、幅広い部位を味わうことができる。厚切り特選ロース(ハネシタ)やシャトーブリアン(特選ヘレ)など贅沢なメニューも揃っている。

■住所: 大阪府大阪市中央区千日前2-7-13
■アクセス: 地下鉄御堂筋線なんば駅B25番出口から徒歩2分
■営業時間: 17:00-24:00
■定休日:月曜(祝日、祝日前日は営業)
■価格帯:4000-5000円
■個室:有り

⑨ 肉處 きっしゃん

佐賀牛を焼肉、しゃぶしゃぶ、すき焼きで


高島屋大阪店のなんばダイニングメゾン8Fにある「肉處 きっしゃん」。精肉店直営だからこそ、上質な肉を手頃な価格で味わえる。肉料理屋には珍しく白を基調としたデザインの店内。清潔感があり高評価だ。肉は佐賀牛の黒毛和牛を一頭買いして提供。そしてしゃぶしゃぶ、すき焼き、焼肉と調理方法が幅広い。

焼肉の注文をおまかせにしたい場合はセットメニューが便利でお得だ。定番部位5点を盛り合わせの「雅」(6580円)はキムチ3種盛り合わせ、牛塩タン、和牛トモカルビ、和牛赤身ロースなどの盛り合わせ。最高級の「極」(9780円)は特選部位と希少部位の豪華7点盛りだ。国産牛しゃぶしゃぶと国産牛すき焼きは、それぞれお肉と野菜の盛り合わせ、ごはん、うどんなどがセットになっている。総合的な満足度が高い。

■住所: 大阪府大阪市中央区難波5-1-18 なんばダイニングメゾン 8F
■アクセス: 南海電鉄なんば駅から徒歩3分
■営業時間: 11:00-23:00
■定休日: 年中無休(高島屋の休館日に準ずる)
■価格帯:4000-5000円
■個室:有り

⑩ もつ無双 ゆまる

生粋の博多人による本場博多のもつ料理


難波にあるもつの専門店。店主は生粋の博多人。そんな店主が本場博多のもつ鍋を提供。汁は京風の白味噌がベース、プリプリとした小腸のみにこだわったもつ鍋はコクと旨みが絶妙。にんにくの量を選べるので、自分好みの味に調整もできる。レベル1から3まであり、レベル2は白味噌とにんにくの黄金比が出来上がっていてダントツの人気だという。

もう一つの名物、もつ焼きは苦難の末に完成したという秘伝のタレを使用。軽く焼いたもつに甘辛いタレがほど良く絡み合う。そして、名物すもつはリピーターが最も多いという看板一品料理。こちらは丁寧に処理した牛のもつを使用し、ポン酢、ゴマ、ネギを一緒に味わう。あっさりと、プリプリした食感にハマる。メニューにはもつのすき焼きもある。難波でもつを食べたくなったらここしかない。

■住所: 大阪府大阪市中央区千日前1-8-2
■アクセス: 大阪市営地下鉄なんば駅から徒歩5分、大阪市営地下鉄日本橋駅から徒歩5分
■営業時間:
月曜-木曜は18:00-2:00
金曜、土曜、祝日前日は18:00-5:00
日曜、祝日は17:00-1:00
■定休日:不定休
■価格帯:3000-4000円
■個室:無し

⑪ ヤマダモンゴル

道頓堀のリーズナブルなジンギスカン


「モンゴル」と店名にあるとおり、ジンギスカンの店。店名の「ヤマダ」の方は、日本にジンギスカンを広めた種羊場の飼育技師である山田喜平氏が由来。リーズナブルな価格で羊肉料理を食べられると評判だ。初めての来店の場合は、まず生ラム肉三種セット(1239円)がオススメだ。ロース、ショルダー、モモ、野菜のセットになっている定番メニュー。

提供されるラム肉は香りがあるが肉特有の臭みはない。また、ラム肉は美味しいだけでなく脂肪を燃焼させる栄養素が入っていて、余分な脂が身体に付きにくいのでありがたい。野菜も一緒に焼いて食べるので健康的だ。店の名物あがりラーメンは、つけダレでつけ麺のように食べるのでジンギスカン風ラーメンでシメることができる。

■住所: 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-4-8 大喜ビル 1F
■アクセス: 地下鉄御堂筋線なんば駅25番出口から徒歩5分
■営業時間: 17:00-24:00
■定休日:日曜、祝日
■価格帯:4000-5000円
■個室:無し

⑫ 若葉屋

今話題の座裏ホルモン焼き屋


「座裏」と呼ばれているエリアにある「若葉屋 なんば店」。かつて新歌舞伎座があったため座裏と呼ばれていて、最近では裏ナンバに続いて飲食店が人気の一角だ。外見の店の横幅はたったの2メートルほど。1Fは店員さんと会話もできるカウンター席、2Fがテーブル席となっている。1Fは炭火焼、2Fはロースターでの調理になる。調理場の上には来店した有名人のサインがいくつも飾られている。

仕入れにこだわっているので肉の鮮度に自信がある。ここでしか食べられないようなホルモンもある。塩メニューを頼むと若葉屋特製ネギがたっぷりとつく。ホルモン類はアカセン、ウルテ、ネクタイ、トントロなど種類が多く、未知の食感を楽しめること間違いなし。肉、酒ともに300円から500円台が中心なのでリーズナブルに満足できる。

■住所: 大阪府大阪市中央区難波4-6-6
■アクセス:地下鉄各線難波駅13番出口から徒歩1分
■営業時間: 17:00-23:30
■定休日:月曜(祝日の場合は営業)
■価格帯:3000-4000円
■個室:無し

⑬ 炭火焼肉 弁慶

黒毛和牛A5の中でも最高ランクを堪能できる店


黒毛和牛A5ランクの肉を提供、しかも最高ランクの10番から12番を選び抜いているこだわりの高級焼肉店だ。店の自慢の品は特上ローストビーフ。さしが多めに入っていて肉自体の旨みとよく合わさって最高級の香りと味を楽しめる。特選ヘレ、サーロインともに見事に鮮やかな霜降りを味わえる。店は比較的小規模なサイズだが、清潔感があり上品な店内で好印象。

おすすめコースは風、月、花の三つ。最高級コースの月(約1万7千円)は特選ローストビーフ、厚切りタン塩焼、ヘレ、サーロインなどがセットになっている。プラス2000円でここに特選馬刺しを追加できる。馬刺しも霜降り肉でやや甘みのある馬肉だ。これ以上がないのではないか、という程に最高級の肉を提供している。特別な記念日や接待の時などに来店してみてはいかがだろうか。

■住所: 大阪府大阪市中央区千日前2-8-4 きよ美ビル 1F
■アクセス: 地下鉄各線難波駅B27出口から徒歩2分
■営業時間: 17:00-23:00
■定休日:日曜、祝日
■価格帯:1万-1万千円
■個室:無し

⑭ 極味焼肉 牛吾

精肉卸直営の隠れ家焼肉店


一見、お店がどこあるのかわからないくらいに隠れている隠れ家焼肉店。ビルの2階にあり、こっそりとした店構えになっている。店内はこじんまりとしていて清潔感がある。席はテーブルとカウンター。カウンターで一人焼肉もOK。焼肉フードがテーブルごとにあるので排煙設備もしっかりとしている。精肉卸直営店だからこそできる上質な肉とリーズナブルの価格のバランスが自慢だ。

売れ切れてしまうことも多いという特撰サイコロタンステーキ(2260円)は贅沢にタンをサイコロカットして提供される。特選盛りはその日のオススメの肉を盛り合わせてくれる。入れてほしい希望があれば臨機応変に対応してくれるのでリクエストもOK。シメに食べたいご飯ものや麺類も完備。ひっそりと焼肉を楽しみたいときにオススメの店だ。

■住所: 大阪府大阪市中央区心斎橋筋2-2-13 宝山心斎橋ビル2F
■アクセス: 地下鉄御堂筋線なんば駅14番出口から徒歩5分、地下鉄御堂筋線心斎橋駅6番出口から徒歩5分
■営業時間: 月曜-土曜17:00-24:30(祝日のみ17:00-23:00)
■定休日:日曜
■価格帯:5000-6000円
■個室:無し

⑮ 南一園

ミナミの大衆焼肉屋


商店街の一角にある古き良き中華料理屋のような外観の大衆焼肉屋。店の中から白い煙がもくもくと出ているので、見た目と匂いですぐに焼肉屋だとわかる。店内の1Fはカウンター席。カウンターの上には七輪がずらりと並ぶ。一人焼肉に最適な店だ。実は2Fもあって、お座敷席になっている。座布団を敷いて食べる焼肉でレトロな気分に浸れる。

肉は分量を選んで注文できる。標準が100gで小で60g。いろいろな種類の肉を食べたい場合は、この小サイズが嬉しい。カルビだと1080円で小が680円、上ロースは1500円で小が950円という価格帯。セットメニューもあり、上焼肉盛り合わせやホルモン盛り合わせなど。おまかせにしたいときはセットもいいだろう。刺身の生センマイは胡麻の風味が効いていて美味いと評判だ。

■住所: 大阪府大阪市中央区難波3-3-2
■アクセス: 地下鉄各線難波駅20番出口から徒歩3分
■営業時間:15:00-23:00
■定休日:月曜
■価格帯:5000-6000円
■個室:無し

人気記事

新宿のおすすめ居酒屋
スカイビルからの梅田の夜景
池袋の居酒屋