【食べログ3.5以上】博多のおすすめラーメン20選【博多駅・天神駅周辺】

2019/01/24 更新

この記事では、食べログ3.5以上の中から、「本当に食べるべきラーメン」を厳選し、お勧め店舗を博多駅周辺、天神駅周辺別ご紹介する。博多で口コミ高評価の美味しいラーメンを食べたい時は参考にして欲しい。

最新記事
【食べログ3.5以上】有楽町の人気おすすめランチ店12選
【食べログ3.5以上】品川の人気おすすめラーメン・つけ麺店8選
【食べログ3.5以上】難波のおすすめラーメン・つけ麺店20選
【食べログ3.5以上】荻窪の人気おすすめラーメン店18選【北口・南口】
【食べログ3.5以上】五反田の人気おすすめラーメン・つけ麺店10選

国内エリア一覧

博多の特徴とラーメン店を探す際のポイント

博多といえば九州一の大都会。けれども豊かな自然に囲まれた、美しい街としても有名だ。目の前の玄界灘からは海の幸、平野部や山間部からは山の幸が豊富にとれるが、そんな博多の美食といえば、代表はやはり「ラーメン」だろう。本場で味わう博多ラーメンは、よそでは食べられない格別のおいしさである。

この記事では、そんな地元の有名店を一挙にご紹介。特に人気のラーメン屋が集中するのは、市内では2カ所。九州の玄関口である「JR博多駅」周辺と、ショッピングゾーンとして有名な「天神」周辺である。このエリアにしぼって、今行くべきおすすめ店をピックアップした。

豚骨だけで取ったこってりスープ、魚介と香味野菜を使ったあっさり系など、ひとくちに博多ラーメンといっても多種多様。この記事は、観光で訪れる人から、新規開拓をしたい地元っ子までお役に立てる内容になっている。各店が個性を競った本場の博多ラーメン、ぜひこちらを参考にあなた好みの店を見つけてほしい。

【食べログ3.5以上】博多の人気おすすめラーメン20選【博多駅・天神駅周辺】

①博多駅周辺の人気おすすめラーメン10選

②天神駅周辺の人気おすすめラーメン10選

博多駅周辺の人気おすすめラーメン10選(目次)

店舗
(クリックで詳細)

博多駅周辺① 博多一幸舎 総本店

博多駅周辺② 博多一双

博多駅周辺③ 長浜ナンバーワン

博多駅周辺④ 中華そば かなで

博多駅周辺⑤ らーめん二男坊

博多駅周辺⑥ 名代ラーメン亭

博多駅周辺⑦ 元祖博多だるま

博多駅周辺⑧ 博多麺屋台 た組

博多駅周辺⑨ めんくいや

博多駅周辺⑩ 博多担々麺 とり田

博多駅周辺① 博多一幸舎 総本店

博多ラーメンといえばここ。元祖泡系ラーメンを堪能して

「博多一幸舎(いっこうしゃ) 総本店」は、2003年のオープン以来またたく間に博多一の人気店になった店。今や九州のみならず、全世界でも60店舗を超す有名店になった、博多で今いちばん勢いのあるラーメン店である。

こちらのラーメンの特徴はなんといっても「泡」。ラーメン鉢をふち取るきめ細かなスープの泡は、脂と水がしっかり乳化した証拠である。脂の甘み、醤油や野菜の水分がしっかり溶け合ったスープはミルキーそのもので、博多らしい固い細麺ともベストマッチだ。スタンダードは「ラーメン(700円)」だが、こちらは餃子も名物。10個で400円、5個で250円なので、ぜひラーメン餃子セットで。駅から少し離れているが行く価値あり。並んでもぜひ食べて。
■住所:福岡県福岡市博多区博多駅前3-23-12 光和ビル1F
■アクセス:JR博多駅博多口より徒歩5分
■営業時間:
月曜-土曜は11:00-24:00(L.O.23:30)
日曜は11:00-21:00(L.O.20:30)
■定休日:無し
■価格帯:-1000円
(画像:公式Facebookページより

博多駅周辺② 博多一双

「豚骨カプチーノ」と呼ばれる、クセのないまろやかスープが大人気
de_luxe.2018
「博多一双」は、博多一幸舎で修行した店主がオープン。博多一幸舎と同様、カプチーノのようなきめ細かな泡が特徴のラーメンだ。

スタンダードは「ラーメン(650円)」。まろやかで濃厚な豚骨は、香り高いチーズのような味わい。トッピングはチャーシュー、刻みきくらげ、海苔、ネギだが、チャーシューが薄めで主張しすぎないのが絶妙なバランスである。また、卓上の味変アイテムの中でおすすめは生姜。味がしゃきっと引き締まるのでぜひ最後に投入して、がらりと味が変わるのを楽しんで。

メディアにもしょっちゅう取り上げられるこの店は、通し営業だが終日行列が絶えない。狙い目は遅めのランチか早めのディナー。博多に来たら寄るべき店、あなたもぜひ。
■住所:福岡県福岡市博多区博多駅東3-1-6
■アクセス:JR博多駅筑紫口より徒歩6分
■営業時間:11:00-24:00
■定休日:不定休
■価格帯:-1000円

博多駅周辺③ 長浜ナンバーワン

ナンバーワンの名前はダテではない。名物屋台の味をあなたもぜひ!

長浜ラーメンとは、滋賀県の長浜と間違える人も多いが、博多漁港に面する福岡市長浜で生まれたラーメンである。「替え玉」システムや、忙しい魚市場の人のために、すぐゆで上がる細麺にする工夫など、今の博多ラーメンに通じるスタイルは長浜ラーメンから始まったものが多いとか。

そんな伝統ある長浜ラーメンで、文字通りナンバーワンを誇るのが、こちら「長浜ナンバーワン」。創業昭和46年、行列のできる屋台だったのが、祇園に路面店をオープン。店を構えてもやはり大人気で、連日長蛇の列である。おすすめは「ワンタンめん(770円)」。ちゅるっとのどに落ちるワンタンは優しい味わいが自慢。老若男女に愛される味と食感。あなたもぜひ試してみて。
■住所:福岡県福岡市博多区祇園町4-64 ニューウイングビル祇園1F
■アクセス:JR博多駅博多口より徒歩8分
地下鉄祇園駅より徒歩2分
■営業時間:
月曜-木曜は11:30-24:00
金曜、土曜、祝前日は11:30-26:00
日曜は11:30-22:00
■定休日:無し
■価格帯:-1000円
(画像:公式Facebookページより

博多駅周辺④ 中華そば かなで

看板には堂々と「食後の罪悪感なし」とあり。究極のあっさりラーメン!

「中華そば かなで」は非豚骨系のスープが売りの店。筆頭メニューは2つ。醤油ラーメンの「中華そば(680円)」と塩ラーメンの「塩そば(700円)」である。スープのベースは鶏ガラ。中華そばは、この鶏ガラ清湯スープに、奥出雲で仕込まれた天然醸造の丸大豆醤油を合わせたもの。塩そばは、煮干や羅臼昆布、ホタテの貝柱などで作った塩ダレを合わせたもので、いずれも滋味いっぱいのスープに体がほっこり温まる一杯だ。

またこちらは「汁なし担々麺(750円)」も名物。汁なしとはいえ、ほどよく麺にからむ程度に入った汁加減が絶妙。常連は替え玉ではなく、最後に白ごはんを投入。麺とは違った味わいを楽しめるので、注文の際にはぜひ真似をすることをおすすめする。
■住所:福岡県福岡市博多区東比恵2-8-23
■アクセス:JR博多駅筑紫口より徒歩7分
地下鉄東比恵駅より徒歩5分
■営業時間:11:00-22:30(L.O.22:00)
■定休日:火曜
■価格帯:-1000円
(画像:公式Facebookページより

博多駅周辺⑤ らーめん二男坊

福岡ラーメン総選挙、第一位の店!くさみのないとろみ豚骨が自慢
yli_____
福岡といえば「豚骨ラーメン」だが、地元の女性でも豚骨ラーメンに抵抗がある人は多いとか。そこで「らーめん二男坊」は、「女性にも愛される豚骨ラーメン」をコンセプトにラーメン作りを開始。そこで出来上がったのが、とろとろ濃厚だけれども、脂っこくない。コクがあっても塩辛くない。女性に愛され、男性も満足するという、次男坊オリジナルの「ラーメン(650円)」である。

こちらのラーメンは、とにかくくさみがなくまろやか。博多らしい細めの麺は、しっかりスープをリフト。時間がたつと、ほどよく麺がスープを吸って、つるつるがモチモチに変化するのもおいしさのポイントだ。店内もさっぱりして清潔感あり。ラーメンデートをするなら、ぜひこちら「らーめん二男坊」で。
■住所:福岡県福岡市博多区博多駅前2-16-4
■アクセス:JR博多駅博多口より徒歩2分
■営業時間:
月曜-土曜は11:00-23:00
日曜は11:00-20:30
■定休日:不定休
■価格帯:-1000円

博多駅周辺⑥ 名代ラーメン亭

博多駅の地下街とともに歴史を刻む店。昔懐かしい昭和の味
「名代ラーメン亭」は博多駅の地下街に、最初にできたラーメン屋。1967年の開業とともに現在まで歴史を刻む、博多駅の顔とも言える店である。

当時より値上がりしたとはいえ、今でもラーメンは450円というお値打ち価格。けれども味は間違いなし。スープはくせのない豚骨、麺は細めのストレート。具の味付け卵はしっかり中まで味がしみた、ファンの多いひと品である。そしてこちらのラーメンには、ぜひともにんにくを入れてほしい。スープが優しい味なので、少し入れることで味が突然くっきりする。味がグッと格上げされるので、魔法のような変化をぜひ感じてほしい。

博多の玄関口であなたを迎える「名代ラーメン亭」、博多っ子が愛するこの味、ぜひあなたも味わって。
■住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多駅地下街
■アクセス:JR博多駅博多口より徒歩2分
■営業時間:10:00-20:30
■定休日:無し
■価格帯:-1000円

博多駅周辺⑦ 元祖博多だるま

博多デイトスの「博多めん街道」の人気店。駅チカの名店ならここ!
rena_to_14
「元祖博多だるま」はJR博多駅2階にある「博多めん街道」の店。博多めん街道とは、博多の有名ラーメン店が一堂に介したグルメスポットだ。ここには昔ながらの老舗から、全国区の有名店、そして新進気鋭のニューウェーブまで揃っており、観光客だけでなく地元博多っ子でもにぎわっている人気エリアである。

そしてこの「元祖博多だるま」は、本店は昭和38年創業の老舗店。「ラーメン(700円)」は、しっかりと濃い豚骨スープに細麺という、博多ラーメンの王道である。名店が並ぶ博多めん街道でも、こちらは群を抜いての人気店。博多に来るとき去るとき、さっと立ち寄れる便利な場所がありがたい。駅で博多らしいラーメンを食べるなら、ぜひ「元祖博多だるま」で。
■住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 博多デイトス2F 博多めん街道
■アクセス:JR博多駅中央改札口より徒歩2分
■営業時間:11:00-23:00(L.O.22:30)
■定休日:無し
■価格帯:-1000円

博多駅周辺⑧ 博多麺屋台 た組

「た組」はまさに匠の味。定番・王道博多ラーメンならここ!
intheisland.19820729
「博多麺屋台 た組」のラーメンは、豚骨ラーメン一本勝負。とにかく安心できるおいしさが特徴だ。ガツンとパンチのある豚骨と、まろやかな鶏ガラが調和するスープ。チャーシュー・ネギ・きくらげといった定番のトッピングに、選べる固さの細麺。誰もが愛する、基本に忠実な博多とんこつラーメンだ。

そんな「博多麺屋台 た組」、隠れた名脇役はチャーハン。やや濃いめの味には、卓上の辛子高菜と紅生姜がベストマッチ。ラーメンは単品で600円、チャーハンセットにすると850円。こちらはぜひ、セットメニューでご注文を。

チャレンジ精神旺盛な新しい店も魅力だが、定番が安定してうまい店も貴重。博多駅前で博多らしいラーメンを食べるなら、ぜひ「博多麺屋台 た組」で。
■住所:福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-10
■アクセス:JR博多駅博多口より徒歩6分
■営業時間:11:30-24:00
■定休日:日曜
■価格帯:-1000円

博多駅周辺⑨ めんくいや

人気の老舗店はとろとろチャーシューが絶品!
angelll.gallery
「めんくいや」は、とにかくチャーシューがうまい。一番人気のラーメンは、「とろとろチャーシューメン(780円)」。ひと口大にカットされたチャーシューは、どんぶり一面に敷きつめられて、麺が見えないくらいのボリューム感。こんがり香ばしい風味ととろとろの食感がたまらない、こちらの看板メニューである。また卓上には定番の辛子高菜が。こちらもチャーシューに合うので、ぜひ途中で足して味の変化を楽しんで。

ひたすら肉を満喫したい人には「チャーシュー丼セット(880円)」を。こちらはチャーシューメンと、チャーシュー丼のセットメニュー。チャーシュー丼にはキャベツも載っており、肉でキャベツとご飯を巻くと絶品。貪欲に肉を楽しみたい人にはこちらをぜひ。
■住所:福岡県福岡市博多区博多駅東2-9-5 池松ビル1F
■アクセス:JR博多駅筑紫口より徒歩7分
■営業時間:
月曜-土曜、祝日は11:00-23:30
日曜、連休最終日は11:00-16:00
■定休日:年末年始
■価格帯:-1000円

博多駅周辺⑩ 博多担々麺 とり田

水炊きの有名店「とり田」がプロデュース。博多では珍しい担々麺の店。

「博多担々麺 とり田」、人気は「特製博多担々麺(890円)」。トッピングは肉みそ、もやし、白ネギ、にら、糸唐辛子、半熟玉子。見た目は真っ赤なビジュアルだが、味わいはどこか柑橘系の風味が残るさわやかさだ。半熟玉子がほどよく辛さを中和してくれる、絶妙なバランスが自慢である。固い縮れ麺とスープの相性もばっちり。店では紙エプロンも渡されるので、ぜひとも思う存分すすってほしい。

素材はすべて、こだわりの九州産。地元の野菜や鶏はもちろん、お茶も八女茶というのがうれしい限り。サイドメニューの唐揚げ(300円)もおすすめ。こちらはぜひ柚子胡椒をつけて。ラーメンも柚子胡椒も通販での取り扱いがあるので、自宅で楽しみたい人にはそちらもぜひ。
■住所:福岡県福岡市博多区博多中央街9-1 KITTE博多B1F
■アクセス:JR博多駅博多口より徒歩3分
■営業時間:11:00-24:00
■定休日: 不定休(施設に準じる)
■価格帯:-1000円
(画像:公式Facebookページより


次ページでは天神駅周辺の人気おすすめラーメンをご紹介!

1 2

人気記事

新宿のおすすめ居酒屋
スカイビルからの梅田の夜景
池袋の居酒屋