機内持ち込み可能な大容量スーツケース

大容量機内持ち込みスーツケース

100席以上の飛行機でエコノミーを利用した際、一般的には3辺(縦、横、幅)合計が115センチメートル以内の荷物であれば無料で飛行機に持ち込むことができる。多くの航空会社がこの115センチメートルルールを採用しているので、機内持ち込み可能なスーツケースを購入する場合は目安にすべきサイズだ。

115センチメートル以内のスーツケースの中で最大容量は42L、その次が40Lだ。機内に持ち込めるスーツケースで40L以上入るものはかなり貴重だ。主要スーツケース726種類中、13種類しかなかった。

今回は、全726種類のスーツケースを徹底比較し、3辺合計が115センチメートル以内のスーツケースの中から、容量が40L以上のもの13種類をまとめている。機内持ち込みスーツケースには、荷物ピックアップ時間の短縮や紛失・破損リスクの低減など様々なメリットがあるので、短期の旅行が多い方は検討してみよう。

※検証したスーツケースは、28ブランド200種類の商品で、サイズバリエーションを含めると726種類。現状で手に入れられるスーツケースの殆どを網羅している。対象としたスーツケースブランド一覧はこちら

容量 ブランド 商品名 写真 商品ポイント ハードorソフト キャスター数 サイズ/重量/長さ(cm)種類 価格
42L サムソナイト
ブランド解説
オプティマム(Optimum) ・機内持ち込みサイズスーツケースで最大容量の42L
・本体の底が地面に近づけて大容量を実現
・雨などの対策で使えるスーツケースカバー付き
・名門サムソナイトブランドで安心
ソフト 4輪 42L/2.6kg/50×25×39 最新価格をみる
42L ヒデオワカマツ
ブランド解説
マックスキャビン2 ・機内持ち込みサイズスーツケースで最大容量の42L
・医療用に使われるキャスターだから安心快適な走行が可能
・特徴的なデザインで空港でも目立つ
ハード 4輪 42L/3kg/50×40×25 最新価格をみる
42L ヒデオワカマツ
ブランド解説
マックスキャビン ウェーブ ・機内持ち込みサイズスーツケースで最大容量の42L
・医療用キャスターを使用しており、快適で滑らかな走行が可能
・鏡面加工でつやのある美しい表面に仕上がっている
・マックスキャビン2よりも0.3g重いが、フロントポケットが付いていて利便性が高い
ハード 4輪 42L/3.3kg/50×40×25 最新価格をみる
40L シフレ
ブランド解説
ゼログラ(ZERO GRA) ・大容量と軽量性をとことん追求したブランド
・ハードスーツケースで2.3kgと衝撃の軽さ
・ポリカーボネート使用で丈夫かつ軽い
ハード 4輪 40L/2.3kg/50×40×25 最新価格をみる
40L ブリックス
ブランド解説
X-TRAVEL ・ナイロンにはポリウレタンが裏でコーティングされていて、水に強くなっている
・ハンドル部にはレザーが使用されており、デザイン面も抜かりない
ソフト 4輪 40L/2.5kg/36×55×23 最新価格をみる
40L エミネント
ブランド解説
マックスキャビン(MAXCABIN) ・ポリカーボネート100%使用で軽くて丈夫 ハード 4輪 40L/2.7kg/50×40×25 最新価格をみる
40L プロテカ
ブランド解説
マックスパス ソフト(MAXPASS SOFT) ・機内持ち込み可能なサイズで大容量を実現
・傘を入れられるポケットなど、フロントポケットが多機能
・優秀な静音キャスターで体感音量50%カット
ソフト 4輪 40L/2.7kg/50×40×25 最新価格をみる
40L エバウィン
ブランド解説
MAXキャビン ・機内持ち込み可能サイズ
・ジッパータイプで軽量
・鏡面加工でツヤがあるが、落ち着いた雰囲気がありビジネスシーンでも活躍できる
ハード 4輪 40L/2.8kg/54×37×24 最新価格をみる
40L カリマー
ブランド解説
クラムシェル(clamshell) ・左右に大きく開く収納部が特徴。荷物を詰めやすい
・大型ホイールを搭載しており、走行が快適
・荷物が少ないと自立しない点に注意
ソフト 2輪 40L/2.9kg/54×33×25 最新価格をみる
40L プロテカ
ブランド解説
マックスパス エイチ ツー(MAXPASS H2) ・機内持ち込み可能なサイズで、容量を大きくしたモデル
・優秀な静音キャスターで体感音量30%カット
ハード 4輪 40L/3.2kg/51×39×25 最新価格をみる
40L バーマス
ブランド解説
スクエアプロ (SQUAREPRO) ・バーマスのフラグシップモデル
・ダブルコイルのジッパーを採用して耐久性を向上
・キャスターストッパー付きで勝手に転がらない
ハード 4輪 40L/3.3kg/38×52×25 最新価格をみる
40L ザノースフェイス
ブランド解説
ローリングサンダー(ROLLING THUNDER) ・大型キャスターで快適な走行
・特殊な強化ポリエステル製で水濡れに強く、丈夫かつ軽い
ソフト 2輪 40L/3.33kg/35×56×21 最新価格をみる
40L シフレ
ブランド解説
グリーンワークス(GREEN WORKS) ・機内持ち込み可能サイズで40Lの大容量スーツケース
・マチ幅拡張機能がついており、荷物が増えてしまった際は拡張して使える
ハード 4輪 40-44L/3.1kg/50×40×25 最新価格をみる


容量毎の軽さランキングは以下の記事を参照。

容量毎おすすめ軽量スーツケース
全726種類のスーツケースを徹底比較し、最も軽いスーツケースをランキング形式で発表!最軽量スーツケースはこれだ! ※比較したスーツケースは、28ブランド200種類の商品で、サイズバリエーションを含めると726種類。現状で手に入れられるスーツケースの殆どを網羅している。対象としたスーツケースブランド一覧はこちら 容量毎 軽量スーツケースランキング 容量クラスごとに分けて、それぞれで最も軽いスーツケースTOP10を紹介する。ほとんどがジッパータイプだ。 —————————— ■軽量TOP10 ①日帰り-1泊:10リットル-31リットルの軽量TOP10はこちら ②1泊-3泊:32リットル-37リットルの軽量TOP10はこちら ③2泊-3泊:38リットル-51リットルの軽量TOP10はこちら ④3泊-5泊:52リットル-63リットルの軽量TOP10はこちら ⑤4泊-7泊:64リットル-87リットルの軽量TOP10はこちら ⑥8泊-10泊:88リットル-111リットルの軽量TOP10はこちら —————————— ※適切なスーツケースの容量の選び方詳細はこちら なお、まとめている容量/重量/サイズは全て現在生産されている最新モデルのものなので、通販サイト等で購入する際は若干異なる場合がある。購入前に注意して欲しい。また、人気のブランドなので、通販サイトなどでは常に品薄状態だ。お目当てのものの在庫がない場合は公式サイトから購入しよう。 機内持ち込み可能なサイズ/重量に関しては、ご利用の航空会社の規定に従うこと。詳しくはこちら。 10リットル-31リットル(日帰り-1泊)で最も軽いスーツケースTOP10 重量 ブランド 商品名 写真 商品ポイント ハードorソフト キャスター数 サイズ/重量/長さ(cm) 種類 通販 1.7kg リモワ サルサエアー(Salsa Air) ・リモワで最も軽いモデル ・ハードスーツケースとしては破格の軽さは衝撃の1.7kgで、移動がとても楽になる ハード 4輪 22L/1.7kg/43×20×32 価格 1.7kg プロテカ フィーナ(Feena) ・日本のブランドプロテカの軽量モデルが堂々のランクイン ・1