スポンサーリンク

ロックス/サーキュラーキー

特集

Sydney Harbour Cruises

シドニー旅行6泊7の予算とモデルプラン

シドニー旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。シドニーはオーストラリア一の大都市であり、かつては英国の植民地であったため、英国調の歴史的建造物や街並みを残しつつ発展を遂げてきた。シドニーでは、定番のオペラハウスやハーバーブリッジをはじめ、オーストラリア最古の植物園ロイヤル・ボタニック・ガーデンズやハイドパークで散策するのもおすすめ。また様々なグルメやショッピングなども満喫できるだろう。

sydney

【オーストラリア】シドニーのお勧め定番観光スポット10選

初めてシドニーに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

sydney food

シドニーで食べられるオーストラリアの名物料理10選!お勧めグルメ旅

オーストラリアは、イギリスの植民地としての時期があり、その後多くの移民を受け入れている多民族国家だ。その中でも特にオーストラリア最大の都市シドニーは、外国からの留学生や移民たちがたくさん住んでいる。また、仕事で駐在している人やその家族も多いのが特徴だ。そんな多彩な食文化がまじりあったシドニーでは、イギリスやヨーロッパの食べものや、アジアの食べ物などの多国籍料理を楽しみたい。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

ロックス/サーキュラーキー

25件

1

オペラハウス

世界遺産の建物

シドニーの定番観光スポットであり、世界的に有名な歌劇場でもあるオペラハウス。近代建築としては珍しく世界遺産にも認定されているオーストラリアの象徴だ。世界最大の機械式パイプオルガンのあるコンサートホール(収容人数2679席)から、小規模な演奏会が開催されるスタジオシアター(収容人数364席)まで、大小5つの劇場やスタジオから構成されている。 オペラハウスの特徴は何と言っても、白い貝殻が何枚も重なったようなユニークな外観だ。貝殻が折り重なったような斬新で特徴的なデザインは、「人類の創造的才能を表現する傑作」と称えられており、20世紀を代表する近代建築物である。 オペラ・オーストラリア、シドニー・シアター・カンパニー、シドニー交響楽団と言ったオーストラリアを代表する芸術団体はシドニー・オペラハウスを本拠地としており、1月-3月と6月-11月の間はほぼ毎晩一流のオペラやオペレッタ、ミュージカルが堪能できる。

Taronga Zoo

2

タロンガ動物園

1916年創業の老舗動物園

タロンガ動物園。1916年に創業したオーストラリアでも老舗の大型動物園。オーストラリアの先住民アボリジニーの言葉で「美しい水の眺めの動物園」という意味を持つ。 広大な敷地を持ち、オーストラリアを代表するコアラ、カンガルー、ワラビー、ウォンバットなどの有袋類を始め、ペンギン、テナガザル、キリン、ゾウといった世界中の動物が集められて飼育されている。オーストラリアの野生動物エリアでは、カンガルーやワラビーは放し飼いにされており、動物達の飼育エリアの中にある通路を人間が歩く事になっている。ベストショットで写真を取りたい場合は、動物達を驚かさないように、そっと近づいてみよう。 なお、入場ゲート近くのインフォメーションセンターでは、動物園の園内マップと日本語版の動物の解説リストをもらえる。敷地が広大なので、時間に余裕がない人は、あらかじめ園内マップでお目当ての動物がいる場所を確認しておく事をお勧めする。

Harbour Bridge Climb Sydney

3

ブリッジ クライム

シドニーの顔、ハーバーブリッジの階段を歩いて登る

ブリッジ・クライムとは、1300段もの段数のあるハーバーブリッジの階段を橋の最も高い頂点部分まで歩いて登るという人気アトラクションだ。 ハーバー・ブリッジの最頂点の高さは、海面からの高さ134mで、シドニーハーバーの真ん中で360度の大パノラマを楽しむことができる。

スポンサーリンク

Museum of Contemporary Art

現代美術館(MCA)

オペラハウス対岸の現代アート美術館

MCAの愛称で知られる現代美術館は、サーキュラー・キー駅から徒歩1分という好立地の美術館だ。 サーキュラー・キーのハーバーを隔ててオペラハウスの対岸に位置しており、この美術館のカフェのテラスからはオペラハウスを眺めることもできる。

Sydney Observatory

シドニー天文台

天体望遠鏡ドームのツアーが楽しめる南半球の天文台

シドニー天文台は、シドニー最大の観光地であるロックス地区、オブザーバトリーパークの丘に建つルネッサンス様式の天文台である。 1857年から1859年にかけられて建てられ、天文台としては、オーストラリア最古のものとなる。

Sydney Harbour Bridge

ハーバー・ブリッジ

シドニーの大動脈となる全長1149mのシングルのアーチ橋

ハーバー・ブリッジは、ポート・ジャクソン湾(シドニー湾)にかかる巨大なシングルアーチ橋(アーチを一度しか描かない構造の橋)である。シドニーを象徴する美しい建造物であり、その外観から「古いハンガー」(Old Coat Hanger)の愛称を持つ。 全長1149メートル、幅49メートルあり、シングルアーチ橋としてはニューヨークのベイヨン橋に次いで、世界第2位の大きさを誇る。その美しい景観からオペラハウスと並ぶシドニーの観光名所として親しまれ、なおかつシドニーのシティ側とノース側とをつなぐ交通の大動脈としても重要な役割を果たしている。 歩いて渡る事はもちろん、パイロン(支柱)は展望台兼博物館に上って見学する事も可能。更にアーチを描いている部分を登る事ができるアトラクション、ブリッジクライムに挑戦する事もできる。眺める、渡る、観賞する、登る等、楽しみ方は盛りだくさんだ。

The Rocks Markets

ロックス・マーケット

シドニー最大の観光地ロックス地区を代表するマーケット

ロックス・マーケットはシドニー最大の観光地であるロックス地区のジョージ・ストリートの北端で毎週土曜日と日曜日に開かれるマーケット。 出店数は150店にもおよぶので、ロックス観光と一緒にショッピングもできるのが嬉しい。 目印となる大きなテントがあるので、場所もすぐにわかるはずだ。

スポンサーリンク

Argyle Cut

アーガイルカット

植民地時代の負の遺産

18世紀後半、オーストラリアはイギリスで島流しの刑となった囚人たちの流刑地であった。 当時未開拓であったオーストラリアの開拓労働力として、延べ16万人の囚人が送られた。

Mrs. Macquarie's Point

ミセス・マッコリー・ポイント

オペラハウス・ハーバーブリッジが見える最高のビューポイント

ミセス・マッコリー・ポインツは、オペラハウスや総督官邸とファーム・コーブをはさんで対岸にある岬にある。シドニーの絶景が見られるビューポイントである。

Whale Watching Cruise

ホエール ウォッチング クルーズ

クジラが間近に見れるシドニー発のクルーズ

ホーエル・ウォッチング・クルーズでは、ダーリングハーバーやサーキュラーキーから外洋に出てクジラが現れるポイントを目指して、毎日クルーズ船が出港されている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク