シティ×ミュージアム

5件

Australian Museum

1

オーストラリア博物館

先住民アボリジニの文化と人気の骨格展示を学ぶ

オーストラリア博物館は、オーストラリア国内で最も古い博物館で、1820年代に建設された。 敷地面積も広く、先住民アボリジニの美術や工芸品、オーストラリア大陸固有の鉱物、動物、昆虫など様々な展示がある。

State Library of New South Wales

2

ニューサウスウェールズ州立図書館

世界的に有名な州立図書館で読書

ニューサウスウェールズ州立図書館は、オーストラリアン・サブスクリプション・ライブラリーとして1826年に開館。 その後1869年にニュー・サウス・ウェールズ州へ移管され無料の公共図書館となり、1875年の名称変更により、ニュー・サウス・ウェールズ州立図書館となった。

3

オーストラリア通貨紙幣博物館

オーストラリアの貨幣紙幣の歴史を学ぶ

オーストラリアの中央銀行である、オーストラリア準備銀行(Reserve Bank of Australia)内にある、通貨、紙幣の変遷が学べる博物館。 その時代の歴史や経済を背景にどのように発展していったのか、豊富な写真や映像が展示されている。

スポンサーリンク

Hyde Park Barracks Museum

4

ハイドパーク バラックス博物館

流刑囚によって設計、建築された建物

ハイドパーク バラックス博物館は、1819年に流刑囚達を収容する宿舎として造られたジョージ王朝様式の建造物である。このレンガ造りの小さな収容所は、流刑囚の建築家、フランシス・グリーンウェイによって設計されたものであり、設計も建築も囚人によって行われたという珍しい建物だ。 1818年に建てられてから30年の間、600人もの男性囚人が寝泊まりする刑務所として使用されてきたが、1848年に囚人達がコッカトゥー島に移されてからは移民の収容所となり、1887年には法廷や庁舎として使用されるようになった。1984年には博物館として一般公開されるようになり、オーストラリア囚人や開拓時代の歴史を知ることができる貴重な施設として、2010年には世界遺産に登録された。

Art Gallery of NSW

ニュー・サウス・ウェールズ州立美術館

オーストラリア有数のコレクションを誇る美術館

ニューサウスウェールズ州立美術館はナショナル・ギャラリー・オブ・ビクトリアに次ぐオーストラリアで2番目に大きな美術館である。 緑あふれる公園の中にあり、入口を飾る6本の円柱は、まるでギリシアの神殿を連想させるかのように美しい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク