スポンサーリンク

ニューサウスウェールズ州立図書館の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

ニューサウスウェールズ州立図書館
State Library of New South Wales

2016/08/04 更新

State Library of New South Wales

概要

世界的に有名な州立図書館で読書

State Library of New South Wales

ニューサウスウェールズ州立図書館は、オーストラリアン・サブスクリプション・ライブラリーとして1826年に開館。
その後1869年にニュー・サウス・ウェールズ州へ移管され無料の公共図書館となり、1875年の名称変更により、ニュー・サウス・ウェールズ州立図書館となった。

500万とも言われるコレクションの中には、200万冊以上の書籍、120万個のマイクロフォーム、110万個の写真だけでなく、新聞、地図、建築計画、写本などが含まれている。
世界的にも有名な巨大図書館であり、先住民であるアボリジニの文化やヨーロッパの植民時代の歴史などオーストラリアの歴史に関する書物も多い。

現在は新館と旧館に分かれており、新館はガラス張りの近代的な造りをしており、新館から地下で繋がった旧館は重厚なギリシャ建築物である。
その厳かな雰囲気に相応しく、旧館にはシェイクスピアの初版本が飾られており、見どころの一つとなっていいる。

(Photo by brewbooks)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット