シドニーの観光スポット人気ランキング

特集

sydney

【オーストラリア】シドニーのお勧め定番観光スポット10選

初めてシドニーに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

観光

244件

1

オペラハウス

世界遺産の建物

シドニーの定番観光スポットであり、世界的に有名な歌劇場でもあるオペラハウス。近代建築としては珍しく世界遺産にも認定されているオーストラリアの象徴だ。世界最大の機械式パイプオルガンのあるコンサートホール(収容人数2679席)から、小規模な演奏会が開催されるスタジオシアター(収容人数364席)まで、大小5つの劇場やスタジオから構成されている。 オペラハウスの特徴は何と言っても、白い貝殻が何枚も重なったようなユニークな外観だ。貝殻が折り重なったような斬新で特徴的なデザインは、「人類の創造的才能を表現する傑作」と称えられており、20世紀を代表する近代建築物である。 オペラ・オーストラリア、シドニー・シアター・カンパニー、シドニー交響楽団と言ったオーストラリアを代表する芸術団体はシドニー・オペラハウスを本拠地としており、1月-3月と6月-11月の間はほぼ毎晩一流のオペラやオペレッタ、ミュージカルが堪能できる。

Bondai Beach

2

ボンダイ・ビーチ

シドニーで最も有名なビーチ

ボンダイビーチは、オーストラリアの先住民アボリジニーの言葉で「岩に砕ける波のビーチ」という意味を持つ、シドニーで最も有名なビーチである。その名の通り、波が作りだす白いしぶきのコントラストは美しく、抜けるような空の青色や美しく透明な海の青色、約1キロメートル続く真っ白な砂浜と相まって素晴らしい景観美を作りだしている。

St Andrews Cathedral

3

セントアンドリュース大聖堂

オーストラリア最古の大聖堂

セント・アンドリューズ大聖堂は1819年に建設が開始され、約50年の歳月をかけて1868年に現在の姿となったネオゴシック様式の大聖堂である。 エドモンド・ブラックエットによって設計されたこの大聖堂は、オーストラリアで最も古く、高層ビル群が立ち並ぶ賑やかなシドニー中心街のタウンホールの隣に静かに、厳かに佇んでいる。

スポンサーリンク

Manly Beach

4

マンリービーチ

シドニー郊外の南太平洋に面したビーチ

マンリー・ビーチは、南太平洋に面したノーザンビーチの玄関口。波が穏やかなシドニーハーバーとはまた違った景色を楽しむ事ができる。シドニー中心部のサーキュラー・キーからフェリーで30分程度、高速船を利用すれば15分程度で到着する事ができる抜群の立地も魅力だ。 マンリー・ビーチの沿いのメインストリートのノース・ステインとサウス・ステイン沿いにはお洒落なカフェやレストランがたくさんあるので、美しいビーチを眺めながら食事を摂るのもお勧めである。

Skywalk at Sydney Tower Eye

スカイウォーク

地上260mの高さの大パノラマを屋外で楽しむ一大アドベンチャー

「スカイウォーク」とは、シドニーのシティ地区の中心部を地上からの高さ260mの位置で歩くという屋外アドベンチャーのことだ。 シドニータワー・アイは高さ305mもあり、シドニーで最も高い建物だ。

Australian Museum

オーストラリア博物館

先住民アボリジニの文化と人気の骨格展示を学ぶ

オーストラリア博物館は、オーストラリア国内で最も古い博物館で、1820年代に建設された。 敷地面積も広く、先住民アボリジニの美術や工芸品、オーストラリア大陸固有の鉱物、動物、昆虫など様々な展示がある。

Town Hall

シドニー・タウンホール

ビクトリア様式が美しいシドニーのランドマーク

タウンホールは、シドニーのシティ中心部にあるシドニー市庁舎内にあるホールで、1869年に建設されたビクトリア様式の建物である。 現在は大きな時計台が印象的な市庁舎と合わせて、シドニーのランドマーク的な存在で、内部の一般公開やコンサートなどにも使用されている。

スポンサーリンク

Museum of Contemporary Art

現代美術館(MCA)

オペラハウス対岸の現代アート美術館

MCAの愛称で知られる現代美術館は、サーキュラー・キー駅から徒歩1分という好立地の美術館だ。 サーキュラー・キーのハーバーを隔ててオペラハウスの対岸に位置しており、この美術館のカフェのテラスからはオペラハウスを眺めることもできる。

Sydney Observatory

シドニー天文台

天体望遠鏡ドームのツアーが楽しめる南半球の天文台

シドニー天文台は、シドニー最大の観光地であるロックス地区、オブザーバトリーパークの丘に建つルネッサンス様式の天文台である。 1857年から1859年にかけられて建てられ、天文台としては、オーストラリア最古のものとなる。

Hyde Park

ハイド・パーク

大都会のオアシスのような公園

もともと、競馬場として造られたハイド・パークは、カレッジ・ストリートとエリザベス・ストリートに跨って南北にのびる楕円型の大きな公園である。 約580本の樹木が植えられている緑豊かな広大な敷地は、約2万平方キロメートルにもおよぶ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク