スポンサーリンク

シドニーの王立植物園の観光情報(料金・行き方・営業時間)

王立植物園
Royal Botanic Gardens

2017/05/05 更新

Royal Botanic Gardens

概要

市民憩いの場で現代アートと世界中の植物を楽しむ

Royal Botanic Gardens

19世紀、植物学者チャールズ フレーザーによって造られたこの植物園は、30ヘクタールの広大な敷地を世界中から集められた数千種類の植物がテーマに沿って整備され、あちこちに彫刻や美術作品が置かれている。

自然が多いため、なかなか見ることができないような珍しい野鳥も観察できる。様々な教育プログラムもあり、観光客向けの観光鉄道、ガイド付き無料ツアーはおすすめ。

平日、週末問わず、たくさんの市民が散歩やランニング、ピクニック、日光浴を楽しんでおり、都会の真ん中で喧騒から離れ、ゆったりとした時を過ごしている。
シドニー湾に面しており、世界遺産のオペラハウスハーバーブリッジを望む景色は絶景。
園内にはレストランやショップもあり、一日中楽しめる。

シドニーの危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク