スポンサーリンク

シティ

特集

Sydney Harbour Cruises

シドニー旅行6泊7の予算とモデルプラン

シドニー旅行をする場合の、お手頃プランと平均予算プランのおすすめモデルコースを紹介する。シドニーはオーストラリア一の大都市であり、かつては英国の植民地であったため、英国調の歴史的建造物や街並みを残しつつ発展を遂げてきた。シドニーでは、定番のオペラハウスやハーバーブリッジをはじめ、オーストラリア最古の植物園ロイヤル・ボタニック・ガーデンズやハイドパークで散策するのもおすすめ。また様々なグルメやショッピングなども満喫できるだろう。

sydney

【オーストラリア】シドニーのお勧め定番観光スポット10選

初めてシドニーに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

sydney food

シドニーで食べられるオーストラリアの名物料理10選!お勧めグルメ旅

オーストラリアは、イギリスの植民地としての時期があり、その後多くの移民を受け入れている多民族国家だ。その中でも特にオーストラリア最大の都市シドニーは、外国からの留学生や移民たちがたくさん住んでいる。また、仕事で駐在している人やその家族も多いのが特徴だ。そんな多彩な食文化がまじりあったシドニーでは、イギリスやヨーロッパの食べものや、アジアの食べ物などの多国籍料理を楽しみたい。

クレジットカードでマイルを貯めてタダで海外に!

頻繁に飛行機を利用しないからといってマイルを貯めてこなかった人は、大きな損をしているかもしれない。アメリカやヨーロッパへの往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事ではHowTravelのお勧めマイレージカード情報をご紹介する。

スーツケース売り場

海外旅行用スーツケースの選び方

海外旅行に行く際に持っていくスーツケースの正しい選び方を知っているだろうか? スーツケースは海外旅行と密接に結びつくもの。大切な荷物を入れて、一緒に旅を重ねるパートナーだ。一概にスーツケースと言っても色々な種類があって、利用するシーンによって適している素材やメーカー、大きさなどが異なる。正しい知識をつけて、自分にとって最適なスーツケースと出会って頂けたら嬉しい。

シティ

21件

St Andrews Cathedral

1

セントアンドリュース大聖堂

オーストラリア最古の大聖堂

セント・アンドリューズ大聖堂は1819年に建設が開始され、約50年の歳月をかけて1868年に現在の姿となったネオゴシック様式の大聖堂である。 エドモンド・ブラックエットによって設計されたこの大聖堂は、オーストラリアで最も古く、高層ビル群が立ち並ぶ賑やかなシドニー中心街のタウンホールの隣に静かに、厳かに佇んでいる。

Skywalk at Sydney Tower Eye

2

スカイウォーク

地上260mの高さの大パノラマを屋外で楽しむ一大アドベンチャー

「スカイウォーク」とは、シドニーのシティ地区の中心部を地上からの高さ260mの位置で歩くという屋外アドベンチャーのことだ。 シドニータワー・アイは高さ305mもあり、シドニーで最も高い建物だ。

Australian Museum

3

オーストラリア博物館

先住民アボリジニの文化と人気の骨格展示を学ぶ

オーストラリア博物館は、オーストラリア国内で最も古い博物館で、1820年代に建設された。 敷地面積も広く、先住民アボリジニの美術や工芸品、オーストラリア大陸固有の鉱物、動物、昆虫など様々な展示がある。

スポンサーリンク

Town Hall

4

シドニー・タウンホール

ビクトリア様式が美しいシドニーのランドマーク

タウンホールは、シドニーのシティ中心部にあるシドニー市庁舎内にあるホールで、1869年に建設されたビクトリア様式の建物である。 現在は大きな時計台が印象的な市庁舎と合わせて、シドニーのランドマーク的な存在で、内部の一般公開やコンサートなどにも使用されている。

Hyde Park

ハイド・パーク

大都会のオアシスのような公園

もともと、競馬場として造られたハイド・パークは、カレッジ・ストリートとエリザベス・ストリートに跨って南北にのびる楕円型の大きな公園である。 約580本の樹木が植えられている緑豊かな広大な敷地は、約2万平方キロメートルにもおよぶ。

State Library of New South Wales

ニューサウスウェールズ州立図書館

世界的に有名な州立図書館で読書

ニューサウスウェールズ州立図書館は、オーストラリアン・サブスクリプション・ライブラリーとして1826年に開館。 その後1869年にニュー・サウス・ウェールズ州へ移管され無料の公共図書館となり、1875年の名称変更により、ニュー・サウス・ウェールズ州立図書館となった。

Queen Victoria Building

クイーン・ビクトリア・ビルディング

オーストラリアの人気ショップが集まるショッピングセンター

クィーンビクトリア・ビルディングは200以上の店舗が集まるショッピングアーケードだ。 ファッションブランド、ブティック、有名ブランドショップから、コスメ、可愛らしいクラフトショップ、オーストラリアらしいコアラのぬいぐるみなどの雑貨を扱うお店、ギフトショップ、陶器を扱うお店、お土産物店など実に様々な店舗が入っている。

スポンサーリンク

Myer

マイヤー

シティーの真ん中のデパート

シドニー市内の中心にあるデパート、マイヤー。 地下にはフードコートがあり、化粧品&香水のフロア、女性に人気のカントリーロード、レビューREVIEW、CUE、ジグソーといったカジュアルブランドのお店も充実している。

The Mint

ザ・ミント(旧造幣局)

伝統的なシドニーの住宅でお茶を楽しむ

ザ・ミントは、1855年から1926年まで造幣局として使われた歴史的建造物である。もともとは囚人達のための病院であるシドニー病院の一部として1811年に建てられ、1855年からはオーストラリア最初の貨幣を造る造幣局として使われた。

Parliament of New South Wales

州議事堂

世界で最も古い議事堂と図書館のステンドグラスにうっとり

NSW 州議事堂は、1816年に建設された世界で最も古い歴史を持つと言われる議事堂である。 議会が開催されていないウィークデーには、一般公開も行われているほか、予約制のガイドツアーもあるのでウェブサイトでチェックしたい。 日本語対応のパンフレットもあり、安心して見学できる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク