聖母マリア像の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

聖母マリア像
Our Lady of Lourdes Shrine

2017/05/05 更新

http://maps.googleapis.com/maps/api/streetview?size=1080x9999&location=15.277294%2C145.809433&fov=81.4698&heading=-169.89&pitch=-0.46&key=AIzaSyBHfo6k_qeF5rkCk_gkCp9uIU_asZOatUM

概要

ひっそりとしたパワースポットは、地元民の鋭気を養う場

サイパン島中部、市街地から少し離れた地元民の多いエリアに、この聖母マリア像は鎮座している。この像は太平洋戦争終結後、地元の人々が戦争を生き延びたことを神に感謝し、サンタローデスマリア像を祀ったものだ。マリア像はその後長きにわたって、観光客向けというよりも地元の人々にとってのパワースポットとしての役割を果たし続けている。

地元住民の大多数がキリスト教徒となっているサイパンではあるが、サイパン島内に教会などのキリスト教関連施設はそれほど多くない。そんなサイパン島だからこそ、このマリア像は住民にとってより重要な役割を果たしていると言えるだろう。像のそばでは湧き水が吹き出しており、この水は聖水として崇められている。

サイパン旅行者の必読記事

人気記事

海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク