スポンサーリンク

ワイピオ渓谷の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ワイピオ渓谷
Waipi'o Valley

2017/05/05 更新

Waipi'o Valley

概要

聖なる渓谷

Waipi'o Valley

ハワイ島北部のコハラ山脈にある谷の一つで、最も大きな渓谷。その昔ポリネシアの人々が最初に住んだと言われ、かつての王家のある政治の中心として特別な場所で「王家の谷(Valley of King)」とも呼ばれていた。カメハメハ大王も幼少期にここで過ごしたとも言われている。ワイピオとは「曲がりくねった水」という意味でワイピオ川を指す。

ハワイ諸島の中でも最も神聖な場所とされ、数々の神話や伝説が残っている。多くの方がなくなった2回の津波があったときも、ここに住む人々は無事だったことから強力なマナ(霊力)によって守られていると言われている。谷底には現在も数十名の住民がおり、自然豊かな場所で昔ながらの生活を送っている。

展望台(WAIPIO LOOKOUT)からは、渓谷や海岸線の絶景を見ることができる。残念ながらここから谷へはレンタカーは禁止、または保険適用外となっているので注意。どうしても見たい場合は4WD車を借りてくるか、オプショナルツアーに参加しよう。オプショナルツアーでは馬に乗って谷をめぐるなど様々なコースがあるので自分にあったものを探してみよう。

尚、自力で行く場合は途中までは舗装されているものの急勾配なのと、谷底は悪路が続くので運転に自信がない方は要注意。また生活されている方は観光客をよく思われない場合もあるのでマナーに注意。さらに私有地の場合もあるので勝手にいろいろな所に入らないこと。

ハワイの危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク