オアフ島ホノルル×ミュージアム

このカテゴリーをハワイ全域で見る

オアフ島ホノルル×ミュージアム

7件

USS Arizona Memorial

1

アリゾナ記念館

太平洋戦争が始まった歴史的な場所

真珠湾内、フォード島の近くに浮かぶ白い慰霊碑がアリゾナ記念館である。真下の海底には、日本帝国海軍の攻撃によって沈んでしまった戦艦アリゾナがある。1941年12月7日、日本軍の奇襲攻撃によって太平洋戦争が始まった歴史的な場所。

Honolulu Museum of Art

2

ホノルル美術館

遊び疲れたら心にも栄養を

1927年、アナ・ライス・クックによって創立された、ハワイ最大規模の美術館。コレクションは50000点を超え、その内容はハワイやアメリカの美術品のほか、日本、韓国、中国といったアジア美術品、ヨーロッパなどの西洋美術品など多岐に及ぶ。

Bernice Pauahi Bishop Museum

3

ビショップ博物館

ハワイの歴史を楽しく学ぼう

ハワイの子どもたちの教育を目的とし、カメハメア王家最後の直系子孫であるバニース・パウアヒ王女が亡くなった後、夫であるチャールズ・リード・ビショップ氏が1889年に追悼のため創設した博物館。

スポンサーリンク

Pacific Aviation Museum Pearl Harbor

4

太平洋航空博物館

航空機ファンにはたまらない施設

2006年12月、歴史的にも重要な場所、真珠湾内フォード島にある、真珠湾攻撃時に実際に使われていた格納庫であるハンガー37とハンガー79を改修し作られた博物館。館内には、写真や資料、太平洋戦争当時に使用されていた零戦、B-25などの戦闘機のジオラマや残骸が展示され、真珠湾攻撃の様子や生存者のインタビューといったドキュメンタリー映画などを見ることができる

Hawaii State Art Museum

ハワイ州立美術館

無料で楽しめるハワイのアートスポット

ダウンタウンのNo. 1キャピタル・ディストリクト・ビルディングの2階にある州立の美術館。2002年に「ハワイに生きる人々の歩みを形にしたい」という願いでオープンした。美しい白亜の建物は、1872年にホテルとしてオープンした後、YMCAとなり、第一次世界大戦時は兵士用の宿舎となった歴史を持つ。

Hawaii's Plantation Village

ハワイ・プランテーション・ビレッジ

ハワイの移民文化を学ぼう

1976年に有志が集まり、10年以上の年月をかけて1992年に開設。ハワイのサトウキビ・プランテーションの最盛期だったころの各国の移民労働者の歴史を学ぶことができる。1830年代から1950年代までのハワイへやってきた中国人、ポルトガル人、プエルト・リコ人、日本人、沖縄人、フィリピン人、朝鮮人などからの移民の生活を、それぞれの国の写真や資料、復元した住居などを展示している。

Hawaii State Library

ハワイ州立図書館

情報の宝庫

ホノルルのダウンタウンにある100年以上の歴史を持つ図書館。ハワイ島6島50ヵ所にあるハワイ州立図書館(HSPL:Hawaii State Public Libray)の本館である。旅行者でも本の閲覧は無料でできるが、一部貴重な本は、図書カードを作る必要がある。

スポンサーリンク