デューク・カハナモク像の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

デューク・カハナモク像
Duke Kahanamoku Statue

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2016/01/slick_Duke-Kahanamoku-Statue_100-1080x1625.jpg

概要

近代サーフィンの父

Duke Kahanamoku Statue

1890年、オアフ島で誕生。生粋の先住ハワイ人。現在のヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート&スパの近隣で幼少時よりアウトリガー・カヌーや水泳に親しんでいた。デューク・カハナモク・ビーチは彼の名を冠している。

高校を中退後、ワイキキビーチでビーチの監視・救助、雑用をこなすビーチボーイとして働く傍ら、1911年にアマチュアの水泳大会(100ヤード自由形)で当時の世界新記録を4秒以上縮めるといった記録を作った。翌年の1912年、ハワイ初のオリンピック選手となった。100m自由形で金メダル、800mリレーで銀メダルを獲得、その後1924年までにオリンピックで金メダル2つ、銀メダルを獲得。

また、ビーチボーイの時のメンバーでアウトリガー・カヌー・クラブ「フイ・ナル」を結成し、のちにこのクラブはアウトリガー・カヌー競技の名門となった。

競技生活を引退後はサーフィンの発展に尽力し、ハリウッド映画にも出演。後にホノルル市郡保安官となった。ハワイで最初の公式親善大使に任命もされた。

生誕100年を記念し、ワイキキ・ビーチに彼の等身大の銅像が建てられた。

ハワイ旅行者の必読記事

人気記事

ハワイのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク