アフエナ・ヘイアウの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

アフエナ・ヘイアウ
Ahu'enaHeiau

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2016/01/slick_AhuenaHeiau_100-1080x810.jpg

概要

カメハメハ大王ゆかりの地


カメハメハ大王が所有していた、晩年をすごした家があるヘイアウ。カイルア・コナのキング・カメハメハ・コナ・ビーチホテルの敷地内にあり、農耕の神「ロノ」が祀られている。ヘイアウとは古代ハワイの神殿のようなもので、神が宿る神聖な場所として、祈りをささげる場所であった。また、カイルア・コナは、カメハメハ大王がハワイを統一したのにち首都として定められ、大王はじめ、側近などがあつまる政治の中心でもあった。

現在は当時の姿をそのまま復元され、保護されている。中に入ることはできないが、近くまで行ってみることができる。一番大きな茅葺きの家は、ハレ・マナと呼ばれ、祈りをささげたり、神官との会合などに使われた。ほかにセレモニーに使われたハレ・パフ、アヌウと呼ばれる神官が神からの宣託を受けた場所である白い塔がある。

ハワイ旅行者の必読記事

(Photo by nivéK woods W Nowicki)

人気記事

ハワイのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク