スポンサーリンク

ハワイの通貨・両替・免税、チップの慣習、両替所の場所や営業時間

ハワイの通貨・両替・免税

2016/08/04 更新

haw-currency
  • データガイド

ポイント

【通貨】

• 通貨の種類

アメリカの通貨はUSドル(USD)。

紙幣は$100、$50、$20、$10、$5、$1の6種類。$100、あるいは$50の高額紙幣は、世界中に広く偽札が出回っていると言われ、受け取りを嫌がられたり、受け取り時に入念にチェックされる場合がある。小さな店では高額紙幣を扱わないこともあるので注意しよう。

コインは100¢、50¢、25¢、10¢、5¢、1¢の6種類。100¢、50¢はあまり一般的ではなく、見かけることは少ない。

• チップの習慣

アメリカでは、レストラン、タクシー、ホテルの宿泊(ベルマンやベッドメイキング)など、サービスを受けたときにチップ(心づけ)を渡すのが慣習となっている。レストランでは、合計金額の15-20%が目安だ。チップがサービス料として含まれている場合は基本的に不要だが、素晴らしいサービスを受けた時は、チップをあげよう。タクシーは料金の10-15%程度で、荷物の積み下ろしは、荷物1つにつき$1。ホテルでは、ベルマンに対し荷物の大きさや個数によって1個につき$2-3。荷物が多いときはやや多めに。ベッドメイキングは枕元などに$1-2。

①【両替】

• 両替の場所、おおまかな営業時間と注意点

空港、両替所、銀行、ホテル、一部デパートで両替できる。銀行は平日は17:00時ごろには閉まる。また、支店によっては土日でも営業しているので、急ぎの場合はチェックしてみよう。

両替レートは、空港、ホテル、デパートより島内にある民間の両替所がよい。空港、ホテルでの両替はレートが悪いため、到着日分の必要最小限の現金は、日本で両替しておこう。

両替額が大きい場合、パスポートの提示を求められることがあるので注意しよう。

②【免税】

• ハワイ(アメリカ)では、外国人観光客への税金還付制度などはない。DFSでの買い物は、あらかじめ課税されていない。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ