スポンサーリンク

ハワイ島のバスの料金、乗り方 、路線図、注意点

ハワイ島のバス

2017/05/05 更新

hawaii-bus
  • データガイド

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

オアフ島と違い公共交通機関が発達していないハワイ島ではレンタカーやタクシー、観光ツアーの利用が一般的だが、路線バスや西海岸一部リゾート内の巡回シャトルバスを合わせて利用すればリーズナブルに移動することも可能。

Hele-On Bus(へレオンバス)

格安の一律料金が魅力の公共交通機関だが、乗り慣れていないと地元の人でも分かりにくく、旅行者が利用するのは簡単ではない。1日1本からと本数も少なく、日曜運休の路線もあるので、時刻表をよく確認してから利用しよう。

Hele-On Bus 公式HP(英語)
※ブラウザの第一言語を英語に設定すると閲覧可。

路線図URL(英語)

路線

各市内を巡る路線のほか、東海岸のヒロ(Hilo)とハワイ火山国立公園(Hawaii Volcanoes National Park)や西海岸のコナを結ぶ路線もあり。

ルートマップ/時刻表(英語)
火山-ヒロ路線
コナ-ヒロ路線
※両路線とも日曜運休

チケット

■片道一般運賃(Basic One-Way):$2
・4歳以下の子供1人無料で同乗可
・無料で1回乗り換え可

■片道割引運賃(Discount One-Way):$1
・5歳-学生(ハワイの学生証提示)、60歳以上(身分証明書提示)
・4歳以下の子供1人無料で同乗可
・無料で1回乗り換え可

■荷物:1個につき$1
・25×40センチメートルより大きな荷物

※ハワイ火山国立公園で降車する場合、運賃とは別に1人$8の入園料(7日間有効)をドライバーが収集。

バスの乗り方

①停留所の確認
・停留所は青と白の「Hele-On Bus StopまたはBus Stop」のサインか、赤と白の「Bus Stop」サイン、または黒の屋根付きの待合所がある所(停留所以外でも安全に停車できる所なら停まってもらえる)。
・停留所/ルート番号、時刻表などの表示はなし。
・運賃は前払いでおつりは出ないので、予め$1紙幣や硬貨を用意しておこう。

②乗車の意思表示
手を挙げてドライバーに合図。

③前から乗車
現金で運賃を支払う。乗り換えが必要な場合は、この時にトランスファーをもらう。

スポンサーリンク

バスの降り方

①停留所の確認
土地勘がないと分かりにくいため、目的地で声をかけてもらえるよう乗車時にドライバーに頼んでおこう。

②窓側のコードを引いて降車の合図

③前のドアから降車

乗り換え

片道現金払いの場合、無料で1回乗り換え可能なチケット「トランスファー/Transfer」をもらうことができる。2時間有効。往復や逆方向への乗り換えには利用不可。

①最初の乗車
運賃支払い時にドライバーにトランスファーをもらう。

②1回目の乗り換え
ドライバーがトランスファーを回収。

(③2回目の乗り換え)
再度運賃(+荷物代)を払う。

その他注意点

・荷物は座席の下か膝の上などにのせ、通路には置かない。
・ベビーカーは折りたたんで乗車。
・車内での飲食/喫煙禁止。
・携帯電話はマナーモードに設定し、通話はしない。
・音楽プレーヤーや音の出るゲームはイヤホンを使用。
・走行中はドライバーに話しかけない。

Keauhou Resort Trolley(ケアウホウ・リゾート・トロリー)

路線

シェラトン・コナ・リゾート&スパ-カイルア・コナ(Kailua-Kona)間を巡回するトロリーバス
・ショッピングセンターやビーチパーク、ゴルフコースなどに停車
・シェラトンからカイルア・コナのダウンタウンまで40分ほど
・毎日6本(9:00-20:00)の運行

チケット

・1回乗車:$2(シェラトン宿泊者はカードキー提示で無料)
・大きな荷物(スーツケースや自転車など)は持ち込み不可。

■シェラトン・コナ・リゾート&スパ公式HP内「ケアウホウ・リゾート・トロリー」(日本語)

その他注意点

・大きな荷物(スーツケースや自転車など)は持ち込み不可。

シェラトン・コナ・リゾート&スパ公式HP内「ケアウホウ・リゾート・トロリー」(日本語)

Waikoloa Shopping Shuttle(ワイコロア・ショッピング・シャトル)

路線

・ワイコロアビーチリゾート内を巡るシャトルバス
キングスショップクイーンズマーケットプレイスワイコロアビーチ・マリオットリゾート&スパヒルトン・ワイコロア・ビレッジに停車
・毎日10:00-22:00、およそ20分おきの運行

チケット

・1回乗車:大人$2、子供(5-12歳)$1

その他注意点

・大きな荷物(スーツケースや自転車など)は持ち込み不可。

キングスショップ公式HP内「Shuttle Service」(英語)

ハワイの危険対策


(Photo by Hawaii County)

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク