グアムの名物料理9選!お勧めグルメ旅

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2016/02/slick_gua-food_100-534x355.jpg

2017/06/17 更新

チャモロ料理はグアムに伝わる伝統料理で、日本、東南アジア、アメリカ、スペイン等様々な国の影響を受けている。味付けにはココナッツ、醤油や酢、レモン、赤唐辛子などの調味料やスパイスが使われていて、甘味と辛味、酸味の複合した味が引き立っている。本格的なチャモロ料理を味わうなら専門店に行くのがいいだろう。また、チャモロビレッジのナイトマーケットやデデドの朝一の屋台でも手軽にチャモロ料理を食べることができる。

チャモロバーベキュー(Chamorro BBQ)

  • gua-food
    グアムのBBQと言えば、ビーフ、ポーク、チキンといったスライスしたお肉をフェラデニソースというマリネソースに数時間漬け、直火で焼き上げるのが一般的。フェラデニソースとは、お肉や野菜、ご飯等にもかけて食べられる万能ソースで、レストランによって味が少しずつ異なる。日本のしょうゆのような役割を果たしていると言えるピリ辛のチャモロの定番の調味料だ。ローカルのチャモロBBQをグアムで楽しんでみたい。

キラグエン(Kelaguen)

  • gua-food
    キラグエンとは、チャモロ料理の定番だ。チキンやタコ等の食材を刻んで、たまねぎ等の香味野菜やココナッツ、レモンと和えた、さっぱりとした味わいの料理。前菜やサイドディッシュとしてグアムの家庭料理でよく登場する一品。ケラグエンとも呼ばれる。日本の酢の物に似ている。少しピリ辛のものもあり、お酒のおつまみにぴったりだ。

レッドライス(Red rice)

  • gua-food
    レッドライスとは、アチョーテという実から搾り出された赤い汁で炊いたご飯である。アチョーテの実はビタミンAが豊富に含まれている。見た目はケチャップライスに見えるが、味は付いていない。グアムのフィエスタ(村のお祭り)やチャモロ人の食卓には欠かせない一品だ。プレートランチでもよく食べることができる。グアムの食事でライスを選べる時は、是非レッドライスを選択したい。

パンシット (Pancit)

  • gua-food
    パンシットとは、ビーフンに似たライスヌードルを使用し、肉や野菜と炒めたグアム風焼きそば。アチョーテで色づけされており、フィリピンがルーツだとされている。レモンをたくさん絞って、さっぱりといただきたい。

エスカベッチ(Escabeche)

  • gua-food
    近海魚をから揚げにし、ビネガーやターメリックで酸味が利いたソースで和えるポピュラーな家庭料理だ。インゲンやニンジンなどの野菜も加えられてることが通常で、あっさりした味わいで食べやすい。

スポンサーリンク

ポークアチョーテ(Pork achiote)

  • gua-food
    ポーク煮込みシチューアチョーテ風味。アチョーテとは、実の中の種を使って色付けするもので、強くはないがかすかに独特な香りがする。種を粉末にしたアチョーテがチャモロ料理ではよく使われる。

車海老のココナッツミルク煮(Shrimp in coconut milk)

  • gua-food
    ココナッツミルクはチャモロ料理で最も使用される頻度の高い食材の一つだ。この料理は、塩コショウで味付けをした殻付きの車海老を野菜等と一緒にココナッツミルクで煮たものである。スープはマイルドで、贅沢感がある一品である。

ラティーザ(Latiya)

  • gua-food
    スポンジケーキの上にコンデンスミルク入りのカスタードクリームをたっぷりのせたチャモロの定番スウィーツ。

バナナルンピア(Banana lumpia)

スポンサーリンク