ランベス界隈×ミュージアム

このカテゴリーをロンドン全域で見る

ランベス界隈×ミュージアム

5件

Imperial War Museum

1

帝国戦争博物館

軍事史を伝える博物館

1936年にもともと精神病院だった場所が改装されて開館したのが「帝国戦争博物館」である。 地下1階から5階で構成され、英国の戦争の歴史を学ぶための展示物がたくさんある。 戦争について学ぶために、学生や家族連れが訪れている。

Hayward Gallery

2

ヘイワード・ギャラリー

サウスバンク地区にある現代アート美術館

1968年にサウスバンク・アートセンターの一部として開館した、テムズ川沿いにある小さな現代アート美術館が、「ヘイワード・ギャラリー」だ。 常設的な展示はなく、特別展やイベントを中心に運営されているのは、ヘイワード・ギャラリーの特徴だ。

Florence Nightingale Museum

3

フローレンス・ナイチンゲール博物館

ナイチンゲールの献身的な偉業を伝える博物館

献身的な看護で有名なナイチンゲールの偉業を後世に伝えるのが、フローレンス・ナイチンゲール博物館だ。 ナイチンゲールが初めて看護訓練学校を設立した場所であるロンドンの聖トーマス病院の敷地内に建てられている。

スポンサーリンク

BFI Southbank

4

BFIサウスバンク

映画を最大限に楽しめる商業施設

1933年に創立されたBFIサウスバンク(旧National Film Theatre)には四つのスクリーンシアターが完備されており、懐かしの映画から現代の映画まで各年に2000本以上の映画を上映している。 また、ルーベン図書館、国立資料館があり、文化、映画産業の発展を目的としている。

Garden Museum

庭園史博物館

再現された17世紀の美しい庭園

17世紀のノットガーデン(装飾庭園)が美しく再現されているのが、「庭園史博物館」である。 同博物館は、14世紀に建てられた教会を改装して開館。 チャールズ1世の庭師だったトラデスカント氏のコレクションをもとに作られた博物館だ。

スポンサーリンク

スポンサーリンク