スポンサーリンク

大英博物館周辺×ミュージアム

このカテゴリーをロンドン全域で見る

大英博物館界隈×ミュージアム

5件

大英博物館の外観と入口

1

大英博物館

世界最大規模の博物館

アートに興味がない人でも、大英博物館の名前を聞いたことがないという人はまずいないだろう。世界最大級の博物館であり、所蔵点数は実に800万点を数える。そのうち常設されているのは15万点ほどだが、それでも1日では見きれないほどの量だ。人気映画「ナイトミュージアム」の舞台にもなっている。 展示内容も、オルゴールや硬貨といった工芸品から世界各地の民俗資料まで実にバラエティ豊か。教育的・啓蒙的なイベントも充実し、見どころの詰まったスポットとなっている。ミュージアムショップではオリジナルグッズが多数販売されているのでお土産選びにも困らない。 来館者の半分以上は外国人観光客だといわれており、パンフレットが各国語に対応しているのもうれしい。日本語音声ガイドも用意されているので、英語力に自信がない人にも心強い。大英博物館をくまなく巡れば、それだけで世界史を一周したような気分を味わえるだろう。入場料が無料なのもありがたい。

British Library

2

大英図書館

世界中の貴重な書物が収められている図書館

大英図書館は、ロンドン中心部にある世界有数の図書館だ。イギリスの国会図書館にあたり、世界的にも特に貴重な写本、資料等を保存・管理している。数ある希少本の中でも、レオナルド・ダビンチのノート、聖書の写本、ネルソン・マンデラの裁判スピーチは特に貴重とされている。館内には厳かな雰囲気で満ちあふれ、本好き、図書館好きにはたまらない。 館内にはレストラン、カフェ、ショップも完備。入場は無料でトイレも清潔。フリーwi-fiが使用できるのもありがたい。キングス・クロス駅に隣接しているので、電車の待ち時間に立ち寄るのもお勧め。英国の叡智に触れてみよう。

The Cartoon Museum

3

カートゥーン博物館

ロンドンきってのアニメーションミュージアム

大英博物館の近くのロンドン中心部にあるカートゥーン博物館は、1988年に漫画化やアニメ愛好家のグループによって発案され、イギリスでも珍しい漫画やアニメーションを発展、支援する目的で2006年2月に創設された。

スポンサーリンク

Sir John Soanes Museum

サー・ジョン・ソーンズ博物館

奇才建築家の作った迷宮

ジョン・ソーンズ博物館は、ロンドンにある最も小さな国立ミュージアムだ。 18-19世紀のイギリスを代表する建築家ジョン・ソーンの自宅兼スタジオを利用しているもので、展示品もソーンの手がけた図面や建築模型などが網羅されている。

Toy Museum di Pollock

ポロックス・トイ・ミュージアム

ロンドンのおもちゃ王国

古いおもちゃばかりを集めた博物館が、ロンドンのおもちゃ王国「ポロックス・トイ・ミュージアム」だ。 ポロックとは、19世紀後半頃に英国版立体紙芝居「トイ・シアター」というおもちゃを生産していた会社の経営者の名前。 そのため、同博物館はトイ・シアターの展示が充実している。

スポンサーリンク

スポンサーリンク