スポンサーリンク

ケンウッド・ハウスの観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

ケンウッド・ハウス
Kenwood House

2017/05/05 更新

Kenwood House

概要

巨匠の作品が眠る家

Kenwood House

ロンドン、ハムステッドに位置するケンウッド・ハウスは17世紀から20世紀にかけてマンスフィールド伯爵家が所有したカントリーハウスであり、1928年には一般公開され多くの人がその素晴らしい邸宅と庭園を楽しみに訪れるようになった。
現在はイングリッシュ・ヘイテッジにも登録されており、中世イギリスの絵画やフェルメールやレンブラントなどの巨匠作品が所蔵されている。
フェルメールの「ギターを弾く女」、レンブラントの「自画像」などの有名作品は特に人気があり、それをメインと訪れる人も多い。

ケンウッド・ハウスは18世紀の建築家ロバート・アダムによって手がけられたものであり、上品で落ち着いたデザインの素晴らしい建築である。
4000平方メートルもの庭園は広大な芝生が綺麗に広がり、美しい彫刻や橋がおかれ、季節の花が咲きほこっており見事な景色を楽しむことが出来る。

ロンドンの危険対策

人気記事

ザ ゴーリングの中庭
海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク