スポンサーリンク

キングス クロス駅 9と4分の3番線の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

キングス クロス駅 9と4分の3番線
Stazione di London King's Cross binario 9¾

2017/05/05 更新

Stazione di London King's Cross binario 9¾

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

人気小説ハリーポッターの観光名所

イギリスの小説「ハリー・ポッター」は小説での人気はもちろん、映画では世界中で上映され有名となった。
そんなハリーポッターの観光名所として有名なのがロンドンのキングクロス駅である。

ハリー・ポッターがホグワーツ行き「9と4分の3番線」のプラットホームに向かう有名なシーンがあるが、キングクロス駅では観光名物として映画のシーンのようにカートが壁に半分消えている模型が作られている。

ロンドンのオリンピックを機に、当初はプラットホームの隅にひっそりと作られていたが、現在は改めて撮影スポットが作られ、プラットホームの外側にある。

撮影スポットは、休日などは記念撮影をする人で列を作っていることが多い。
平日の空いている時間がおすすめである。

また、近くにはハリーポッターグッズの公式ショップがあり、ホグワーツのマフラーや魔法の杖、撮影道具のレプリカなど、ハリーポッターの世界観を楽しめる魅力的なグッズを数多く並んでいる。
9と4分の3番線の撮影スポットとあわせて立ち寄りたい。

見どころ

①映画の1シーンを記念撮影しよう

J・K・ローリングによるイギリスの人気「ハリーポッター」に登場する「9と4分の3番線」。
物語の中では、ハリー達がマグルの世界からホグワーツへ向かうための列車に乗るための通路として、壁に入っていくシーンが有名である。

このプラットホームは物語上架空のものであるが、その乗車駅は実際に存在するキングクロス駅である。
当初はキングクロス駅の隅にこの9と4分の3番線の撮影地を設けていたが、ハリーポッター人気に応じて、プラットホームの外に撮影地を改めて設けた。
ここでは、映画を再現しカートが壁を通し半分消えているように見えるように精巧に作られており、人気の撮影スポットとなっている。

撮影の際には、スタッフが主人公ハリーの巻いているホグワーツのマフラーを巻いて風になびいたように演出し、お茶目な記念撮影をすることができる。
自分のカメラではもちろん、撮影してもらった写真をショップで購入することもできる。

ハリーポッターになりきってお茶目な写真が撮れる人気スポットである。

②公式のハリーポッターグッズ専門店

この9と4分の3番線の撮影スポットの近くには、ハリーポッターグッズを扱う公式ショップ“The Harry Potter™ Shop At Platform 9 3/4”がある。
2014年12月にオープンし、早くも多くの人が訪れる人気ショップとなっている。
ロンドンでは、ハリーポッター公式グッズが買えるのはこのお店のみである。

映画でも馴染みのある百味ビーンズやカエルチョコ、またマフラーや杖など、ハリーポッターを知る人ならば、手に取りたくなるようなグッズばかり。

キングクロス駅に来た際には、是非立ち寄りたいショップである。

ロンドンの危険対策

人気記事

ザ ゴーリングの中庭
海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク