スポンサーリンク

【ロンドンのホテル】避けるべき危険地区の解説・お勧めホテル紹介

ザ ゴーリングの中庭

2017/06/23 更新

世界有数の観光地であるロンドンだが、一つエリアが変わるとスラム街などもあるため注意が必要だ。また、観光エリアから離れたホテルを予約してしまうと、帰り時間を気にしてロンドンの夜を楽しむことができなくなってしまう場合もある。せっかくのロンドン旅行、ホテル選びに失敗して台無しなんてことはないようにしたい。この記事では、ホテル選びをするうえで絶対に避けた方が良い危険エリアと、観光拠点としてお勧めのエリアについて解説する。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

適当に人気のホテルを予約するでは危険!

①後悔しないホテルの選び方

これまで70カ国以上を旅した経験を持つHowTravel編集部がお勧めする、ホテル選びにおける要チェックポイントは、「立地」「口コミ」「料金」の三つだ。

まず第一に検討すべきはホテルの立地だ。ホテル自体の評価が悪くない場合でも周辺の治安や観光地へのアクセスが良いとは限らない。特にロンドンは非常に大きな街で、観光スポット間の距離がある。特定の観光地の近くでも良いし、この記事で紹介しているような街歩きが楽しいエリアでも良いが、どのあたりに宿泊したいのかを決めよう。

次にチェックすべきなのはホテルの口コミと価格だ。観光の拠点に最適なエリアで、自分の予算に合った口コミ高評価ホテルを見つけられれば、最高のロンドン旅行は半分約束されたようなものだ。

この記事では、これらステップに従って、危険エリアと観光拠点に最適なエリアの紹介、そして口コミ高評価のお勧めホテルを料金別に紹介する。

②できれば避けたいロンドンの危険エリア

  • Brixton(ブリクストン)

    麻薬の密売人やギャングによるドラッグの売買が頻繁に確認されている地域。地下鉄Brixton駅構内や、バス乗り場周辺で、ドラッグを使用している状態に陥っている人を見かけることも少なくない。
  • Hackney(ハックニー)

    移民が多い地域で暴動の際は激しい騒動が起きる。この地域も以前よりは環境が改善されているものの、ギャングが多く覆面の人間に襲われるケースも散見される。夜にこの地域を出歩くのは危険なので、できるかぎり立ち寄らないようにしましょう。
  • ➡ 詳細なロンドンの治安情報はこちら
    ➡ HowTravel厳選の防犯グッズ特集記事はこちら
    ➡ 【必要?】海外旅行保険の解説記事はこちら

    ③観光の拠点にするのに最適なエリア

  • Victoria(ビクトリア)

    ビクトリア駅周辺のエリアは、ビッグベンウェストミンスター寺院バッキンガム宮殿テート・ブリテンなど、ロンドンの目玉観光スポットが点在するエリアだ。観光客が多いエリアなので、年中賑やかだ。市内観光中心の旅を計画しているのであればお勧めのエリアだ。

    治安は、観光客が多いためスリなどが多いが重大犯罪は少なく、比較的安全なエリアだ。

    ➡ ビクトリアのホテル一覧はこちら

  • ビクトリアのお勧め格安ホテル①: ザ・ウィンダミア・ホテル
    Windermere Hotelの外観

    ザ ウィンダミア ホテルは各ホテル予約サイトにおいて、ビクトリア地区で最も人気のあるホテルの一つ。バッキンガム宮殿ビッグベンまで2キロメートル以内と徒歩でアクセス可能な好立地で、ロンドンのセントラルステーションであるビクトリア駅も徒歩すぐだ。ホテルの価格が高いロンドンにおいて、通常期一泊2万円以下とコスパが素晴らしいのもお勧めの理由となっている。

    Windermere Hotelの部屋
    観光の拠点として最適なザ ウィンダミア ホテルだが、設備や雰囲気も抜群だ。外観、内観ともに典型的なビクトリア様式建築で、ロンドンでの宿泊を満喫できる。口コミ大絶賛のフルイングリッシュブレックファーストがなんと無料で付いているのも嬉しい。ロンドンのホテルに迷ったらこのホテルで間違いない。


    ■価格帯: 1万5000-2万円
    ■ホテルランク: 四つ星
    ■アクセス: Victoria Stationから徒歩7分

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: JTBで予約するExpediaで予約するBooking.comで予約する

    ビクトリアのお勧め高級ホテル②: ザ・ゴーリング
    ザ ゴーリングの中庭

    ザ・ゴーリングは、ロンドンにある100年を越す歴史を持つ家族経営のラグジュアリーホテルで、ゲストに上品で質の高いもてなしを届けている。世界中の人々がいつかは泊まりたいと憧れるような有名ホテルだ。

    ザ ゴーリングの客室
    客室は伝統的なイギリス様式で、まるで貴族の屋敷の招待されたかのような気分に浸ることができる。ホテル内にはミシュラン星付きのレストランもあり、最高のイギリス旅行を演出するのにうってつけだ。昼は世界に名高いアフタヌーンティーを楽しむことができる。新婚旅行や両親への旅行のプレゼントなど、特別な機会で利用すれば一生忘れられない旅行となるに違いない。


    ■価格帯: 4万円-
    ■ホテルランク: 五つ星
    ■アクセス: Victoria Stationから徒歩3分

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: JTBで予約するExpediaで予約するBooking.comで予約する

    ➡ その他のビクトリアのホテルはこちら




  • Soho(ソーホー

    ソーホーは、ロンドンでも有数の繁華街エリアで、あの有名なピカデリーサーカスがあり、劇場が集まっている。観光客も多く、バーやクラブが点在していて、朝から晩まで賑やかなエリアだ。また、各観光地へのアクセスが良い。アクティブに活動したいお方にはお勧めのエリアだ。大英博物館ナショナルギャラリーといった文化的スポットへも徒歩圏内。

    どこの都市でもいえることだが、ソーホーのような人通りが多いエリアでは重大犯罪はあまりないが、観光客狙いのスリは少なくない。一方、夜遅くまでロンドンの中心街でミュージカルやお酒を楽しみたいという人にとっては、徒歩でホテルに帰れるのは安心だ。

    ➡ ソーホーのホテル一覧はこちら

    ソーホーのお勧め格安ホテル①: モーガン・ホテル
    モーガンホテルの外観

    ロンドンで一番の繁華街であるソーホーエリアには一泊2万円を切ってくるホテルはほとんどないと思った方が良い。そんな中でモーガン・ホテルは2万円前後とかなりお手頃なホテルだ。ホテルがあるのはソーホーから600メートルほど離れた閑静な場所で大英博物館のすぐ隣。夜中も騒がしいソーホーすぐそばとは思えない静かさだ。


    ホテルの部屋は大きくはないが、テレビ、トイレ、ドライヤーや無料WiFiなど、必要なものが揃っている。モーガン・ホテルについて特筆すべきは観光スポットへのアクセスの良さだ。ホテル目の前にはバス停があり、二つの地下鉄駅への徒歩でのアクセスも可能。そして、大英博物館がすぐ隣で繁華街ソーホーまでも歩いていける。観光の拠点には最高のホテルといえる。


    ■価格帯: 4万円-
    ■ホテルランク: 3.5つ星
    ■アクセス: Tottenham Court Road Stationから徒歩2分

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: Expediaで予約するBooking.comで予約する

    ソーホーのお勧め高級ホテル②: ザ・ソーホー・ホテル
    ザ・ソーホー・ホテルの入り口

    ソーホーにあるホテルで最もラグジュアリーで満足度が高いホテルといえばザ・ソーホー・ホテルで決まりだ。お値段は決して安くはないが、大繁華街ソーホーの中にあって高級感溢れるプライベートな空間は贅沢そのもの。ホテル予約サイトの口コミでも絶賛のコメントが並ぶ、お値段以上のホテルだ。


    ザ・ソーホー・ホテルの部屋
    パーソナルトレーナー付きのジムや、受賞歴のあるバーを備え、ホテルから出る必要のないほど設備が充実しているが、このホテル最大の魅力はなんといってもその立地だ。ピカデリーサーカスまで徒歩7分程度で、ホテルの周りにはレストラン、パブ、劇場、買い物スポットなど、ロンドンの見どころが集まっている。このホテルに滞在するとなると、地下鉄に乗ることなく丸一日充実した観光ができるほどだ。


    ■価格帯: 5万円-
    ■ホテルランク: 5つ星
    ■アクセス: Tottenham Court Road Stationから徒歩2分

    ■口コミ: 口コミをみる

    ■予約: JTBで予約するExpediaで予約するBooking.comで予約する

    ➡ その他のソーホーのホテルはこちら



    最後に

    この記事内で紹介しているホテルは、口コミ高評価の中から、立地、設備、サービス、価格などを複合的に分析したもので、当然ながら各地区で最も人気があるホテルが多い。数か月も先だとしても予約でいっぱいということもあるので、旅行を予定している日付で空室があればとりあえず予約しておくことをお勧めする。とりあえずキャンセル無料のプランで予約しておき、ゆっくりと他のホテルと比較しながら検討を進めよう。

    (Photo by 公式Facebook,公式Facebook)

    人気記事

    海外での防犯対策グッズ
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド
  • スポンサーリンク