ロンドンのアミューズメント人気ランキング

アミューズメント

215件

London Eye

1

ロンドン・アイ

英国一の大観覧車

ロンドンの名所のひとつであるロンドン・アイは、英国一のスケールを誇る大観覧車である。客を乗せるカプセルの数は32個で、ひとつのカプセルに25人も乗ることができるのは驚きである。ロンドンを360度見渡せる絶景が魅力で、天気の良い日には40キロも遠くまで見渡せる。 また、ロンドン・アイはサウスバンクというロンドンでも人気の高観光エリアに含まれている。周辺には、ビッグベン、ロンドン水族館、セントポール大聖堂などの人気スポットが集まっているので、名所巡りの拠点としてもお勧めだ。

The London Dungeon

2

ロンドン・ダンジョン

ロンドンの凄惨な歴史を後世に伝える博物館

ロンドン・テムズ川の近くにあるテーマパークのひとつが「ロンドン・ダンジョン」である。 1974年に「恐怖の歴史博物館」として開館したのが始まり。 後に、観客参加型の観光スポットとして変わっていった。

ZSL London Zoo

3

ロンドン動物園

動物を学ぶための世界初動物園

ロンドン動物園は世界的に歴史が古い動物園。1793年に研究する目的で、動物を集めて飼育したのが始まりで、後の1847年に一般の民衆に公開された。 他の動物園と違うのは、運営しているのがロンドン動物学会だという事。今でも、動物を学ぶという最初のスタイルは崩されていない。園内には、世界各地から集められた動物がのびのびと暮らしている。

スポンサーリンク

Canterbury Tales

4

カンタベリー・テイルズ

カンタベリー物語の世界をリアルに再現したアトラクション

カンタベリーに訪れた際には有名なカンタベリー物語のことを思い出す人もおおいだろう。 カンタベリー物語とは、イングランドの詩人ジェフリー・チョーサーによって書かれた作品である。 様々な身分、職業の人が語らう物語をひとつひとつ独自の視点で描きあげている世界的な名作だ。

Madame Tussauds

マダム・タッソーろう人形館

精巧過ぎて本物と見間違える、ろう人形の館

有名人公認のろう人形館「マダム・タッソーろう人形館」。 1835年にろう人形彫刻家のマリー・タッソーによって、ロンドンに開館したのが始まりである。 以来、チャップリンやアインシュタインなどの偉人をはじめ、世界の政治家、アーティスト、有名人、スポーツ選手などの精巧なろう人形を作りだしている場所。 今でも、マダムから継承されている技術で作られているのは驚きだ。

no-image

Eastwood Snooker Bar & Lounge

no-image

Mind The Game

スポンサーリンク

no-image

Borehamwood Skatepark

no-image

Broke Hill Golf Club

no-image

Topgolf Chigwell