スポンサーリンク

子供史博物館の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

子供史博物館
Museum of Childhood

2016/08/04 更新

Museum of Childhood

概要

子供嫌いが作った博物館

Museum of Childhood

子供史博物館はロイヤルマイルに面している玩具の博物館だ。
1986年に市議会議員によって作られたが、この市議会議員は子供好きと思いきや子供嫌いだったそうだ。
ゆえに博物館の設立趣旨は、大人のための博物館であった。

だが、設立者の思いとは裏腹に子供が多く来館する、世界で一番うるさい博物館となっている。
館内は世界中から集められた膨大な数の玩具が展示・収蔵されている。
アンティークからマニア垂涎の逸品まで含まれているので子供のみならず、当然大人も十分に楽しめる作りだ。

館内にはギフトショップやイギリスの子供服が試着し、撮影できるコーナーがあり人気だ。
子供が多いのでゆっくりと見学することは難しいかもしれないが訪れて損はないスポットだ。

子供史博物館の危険対策


(Photo by Martin Moscosa Martin Moscosa)

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク