スポンサーリンク

スイスの自然スポット人気ランキング

自然

114件

Matterhorn

1

マッターホルン

スイス最高峰、アルプス山脈の象徴

マッターホルンは、スイスとイタリアの国境をまたいでそびえる標高4478メートルの山。ドイツ語で「matt」は牧草地、「horn」は山頂を意味している。山に興味がなくても「名前くらいは知っている」という人も多いのではないだろうか。 アルプス山脈の最高峰の1つで、特に切り立った北壁が有名だ。これはスイス側にある麓の町・ツェルマット側から見たときの姿。ベストシーズンは緑の映える夏だが、一年を通して雄大で森厳なたたずまいを眺めることができるだろう。展望台での観光からトレッキングまでさまざまなツアーが用意されている。

Lac Leman

2

レマン湖

ジュネーブの象徴・レマン湖

ジュネーブ随一の景勝地、それがレマン湖だ。 スイスとフランスにまたがって広がるこの湖の面積は、実に580平方キロメートル。 琵琶湖と同じくらいのサイズで、中央ヨーロッパで2番目に大きな湖となっている。

Gornergrat

3

ゴルナーグラート

ツェルマット随一の絶景ポイント

ゴルナーグラートは、ツェルマットの南東に位置する3,000メートル級の尾根と、その周辺地域一帯の名称だ。 また、一般的にはその尾根に設置されている展望台のことを呼ぶ場合も多いだろう。

スポンサーリンク

Matterhorn Glacier Paradise

マッターホルン・グレッシャー・パラダイス

ヨーロッパで最も高い万年雪の展望台

マッターホルン・グレッシャー・パラダイスは、ツェルマットのほぼ南端に位置する展望台だ。 標高は3,883メートルと、ツェルマット周辺にある展望台の中でも最も高くなっているが、実はこちらは、スイスのみならずヨーロッパ全土の中でも最も高い場所にある展望台となっている。

Lindenhof

リンデンホフの丘

チューリッヒ市民のための公園

リンデンホフの丘は、チューリッヒ市民憩いの公園である。 リンデンとはドイツ語で菩提樹を意味し、ホフは公園を意味する。

チューリッヒ湖

チューリッヒ市民の湖

チューリッヒ湖は、チューリッヒの観光で人気のスポットだ。 チューリッヒ湖は、チューリッヒ市にある湖で、南東に向かって伸びている三日月の形をしている。

Mont Saleve

サレーヴ山

ジュネーブを一望できる山

標高1,375メートルのサレーヴ山は、ジュネーブを象徴する山だ。 ジュネーブ観光というとまず旧市街やミュージアムのような人工物が思い浮かぶかもしれないが、この街の景観を形作っているのは、まぎれもなくこのサレーヴ山である。

スポンサーリンク

Schwarzsee Paradise

シュヴァルツゼー・パラダイス

最もマッターホルンに近いスポット

ツェルマット周辺にマッターホルンのビュースポットは数え切れないほどあるが、シュヴァルツゼー・パラダイスもそんな人気スポットのひとつだ。 もっとも、こちらの標高は2,583メートルと決して高いわけではないし、周辺の他の展望台のようにダイナミックな山々を独り占めできるというわけでもない。

Sunnegga Paradise

スネガ・パラダイス

気軽でも満足度充分の展望台

山麓の町であるツェルマット周辺にはいくつも有名な展望台がある。 スネガ・パラダイスは、その中でも最もツェルマットから近い展望台として人気のスポットだ。

Uetliberg

ユートリベルク

雄大な景色が見渡せる丘

チューリッヒにある丘、ユートリベルクは、ハウスマウンテンと呼ばれる。 山頂へ到達するまでの間、山道やハイキングコースが綺麗に整備されている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク