スイスの観光スポット人気ランキング

特集

swiss standard spot

スイスのお勧め定番観光スポット10選

初めてスイスに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

観光

1265件

Matterhorn

1

マッターホルン

スイス最高峰、アルプス山脈の象徴

マッターホルンは、スイスとイタリアの国境をまたいでそびえる標高4478メートルの山。ドイツ語で「matt」は牧草地、「horn」は山頂を意味している。山に興味がなくても「名前くらいは知っている」という人も多いのではないだろうか。 アルプス山脈の最高峰の1つで、特に切り立った北壁が有名だ。これはスイス側にある麓の町・ツェルマット側から見たときの姿。ベストシーズンは緑の映える夏だが、一年を通して雄大で森厳なたたずまいを眺めることができるだろう。展望台での観光からトレッキングまでさまざまなツアーが用意されている。

Lac Leman

2

レマン湖

ジュネーブの象徴・レマン湖

ジュネーブ随一の景勝地、それがレマン湖だ。 スイスとフランスにまたがって広がるこの湖の面積は、実に580平方キロメートル。 琵琶湖と同じくらいのサイズで、中央ヨーロッパで2番目に大きな湖となっている。

Museum Histoire Naturelle

3

自然史博物館

百科事典の世界のようなミュージアム

自然史博物館は、動植物の剥製や標本といった自然科学関連の展示が充実した博物館だ。 大きな都市であればこういったテーマの博物館は世界のどこにでもあるが、ジュネーブの自然史博物館はその規模、充実度、美しさが群を抜いている。

スポンサーリンク

Kunsthaus Zurich

4

チューリッヒ美術館

巨匠達の作品

チューリッヒ美術館の開館は、1787年になる。 開館以来、数多くの有名な画家の作品を常設展示してきたスイスでも有名な美術館だ。

CERN

欧州原子核研究機構(セルン)

世界最大の素粒子物理学研究所

欧州原子核研究機構(セルン)は、ジュネーブ郊外の国境地帯にある研究所だ。 日本語ではほかに「欧州合同原子核研究機構」、「欧州合同原子核研究機関」、「ヨーロッパ素粒子物理学研究所」などといった呼称もあるが、「CERN」で覚えておけば間違えることはないだろう。

Gornergrat

ゴルナーグラート

ツェルマット随一の絶景ポイント

ゴルナーグラートは、ツェルマットの南東に位置する3000メートル級の尾根と、その周辺地域一帯の名称だ。また、一般的にはその尾根に設置されている展望台の事を呼ぶ場合も多いだろう。スイス最高峰であるマッターホルンの山麓にあるツェルマットは、ダイナミックな自然の美しさを感じられる土地。ゴルナーグラートの展望台は、そんなツェルマット周辺でも随一の絶景ポイントとなっている。

Cathedrale Saint-Pierre

サン・ピエール大聖堂

ジュネーブ市民の聖地

サン・ピエール大聖堂は、ジュネーブ旧市街に位置する大聖堂だ。 ジュネーブ市民にとっての心の拠りどころであり、信仰の柱だ。 丘の上に位置しているため、旧市街のどこからでも見つけることができる。

スポンサーリンク

Church of our lady Fraumunster

フラウミュンスター 聖母聖堂

中世の姿を今に残す伝統教会

チューリッヒの数ある歴史的建造物の中でも、一際目立つエメラルドグリーンの尖った屋根を持っている建物がある。 フラウミュンスター教会(別名、聖母聖堂)だ。

Bebedictine Convent of St John at Mustair

ザンクトヨハン修道院

スイスで最初の貴重な世界遺産教会

ザンクト ヨハン修道院(聖ヨハネ修道院)は、スイスにある小さな村「ミュスタイア村」にある修道院だ。 カール大帝が建設したとされているが、実際には大帝の命を受けたクール司教により、780年に建てられた。

Swiss National Museum

スイス国立博物館

日本語ガイドを聞きながら鑑賞できる

日本語ガイドを聞きながら鑑賞できる スイス国立博物館、別名、チューリッヒ国立博物館と呼ばれ、スイスでは最も格式の高い博物館として知られている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク