ジュネーブの気候と時差と気温と降水量

ジュネーブの気候と時差

2017/05/05 更新

climate_image

データガイド

概要

climate_geneva

ジュネーブの気候

ジュネーブの気候の特徴は、大きな寒暖差にあるといえる。朝晩の冷え込みに比べ、日中は驚くほど気温が上がることがある。どんな季節でも重ね着の用意をしていくと良いだろう。夏場でも冷え込むので注意が必要だ。

また、年間を通して雨が降る。すぐに止むのであまり心配する必要はないが、折りたたみ傘を忍ばせておくと役に立つだろう。

ジュネーブの時差

スイスは中央ヨーロッパ時間(CET)に属しており、日本との時差は-8時間。つまり、日本が正午の時はスイスでは4:00となる。

時差を計算する時には、スイスがサマータイムを導入していることにも注意したい。サマータイムとは、ヨーロッパを始め日照時間の長い国々で導入されている、明るい時間を有効に使う為の制度の事。サマータイム期間は時差が-7時間になるため注意が必要だ。立ておば日本が正午の時はスイスでは5:00となる。サマータイム適用期間は、3月の最終日曜2:00から10月の最終日曜3:00まで。

人気記事

海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク