スイスのアクセス・交通情報

特集

マイルを貯めて飛行機に乗る

【貯めなきゃ損】マイルを貯めてタダで旅行に行く方法を徹底解説

アメリカやヨーロッパへの一度の往復フライトで得られるマイルだけで、東京大阪間の航空券や韓国や台湾といった近隣国の航空券に無料で交換することができる。また、公共料金の支払いをクレジットカード経由にしたり、日々発生する費用をクレジットカードで支払ったりすることでもマイルを獲得することができ、タダで世界中を旅行することも可能だ。この記事では、マイルのお得な貯め方と使い方を徹底解説する。

飛行機で安眠できる最強睡眠グッズを旅のプロが厳選

「到着した日は疲れて眠たいのは当たり前」、「飛行機の中では2-3時間寝られれば良い方」というような、機内で安眠できない旅行者のために、一年の内かなりの日数を飛行機内で過ごすHowTravel編集部が、最強睡眠グッズをご紹介する。せっかくお金を出して、限られた休暇の中で旅行に行くのだから初日から最終日まで目一杯旅行を満喫しよう。

HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スーツケース お勧め人気ブランドランキング

スーツケースの人気ブランドのランキング!数あるスーツケースのブランドから、特にオススメ出来るブランドを厳選してランキング形式で紹介する。

アクセス・交通

9件

Flughafen Zuerich

1

スイスのチューリヒ空港と市内へのアクセス

チューリヒ空港は、チューリヒの中心から北におよそ13キロメートルのところに位置するスイス国内で最大の国際空港。 2014年の総旅客数は2547万人を超え、ヨーロッパ全体でも16番目に忙しい空港であった。 ヨーロッパをはじめ、中東、アジア、アフリカ、アメリカ大陸など世界各地160以上の都市とチューリヒをつないでいる。 スイスインターナショナルエアラインズのハブ空港で、同社がチューリヒ-成田空港の直行便も就航している。

Aeroport International de Geneve

2

ジュネーブ国際空港と市内へのアクセス

ジュネーブ国際空港は、ジュネーブの中心から北西におよそ4キロメートルのところに位置する空港で、以前はコアントラン(Cointrin)空港と呼ばれていた。 空港の敷地北側がスイスとフランスの国境に沿って建てられており、スイスとフランスどちらの国からもアクセス可能。

zurich taxi

3

チューリヒのタクシー

チューリヒ市内のタクシー料金は、会社ごとに設定されているが、最高料金に関するきまりがあり、タクシー会社はその金額を超えて料金を設定することはできない。

スポンサーリンク

geneve taxi

4

ジュネーブのタクシー

ジュネーブのタクシー料金は一律に決まっており、タクシー会社によって異なるといったことがない。 必ずタクシーメーターでの走行となる。

tramway

チューリヒのトラム

チューリヒはスイス最大の都市で、市内を100キロメートル以上に渡ってトラムの路線が張り巡らされている。 この路線は、チューリヒ中央駅から放射線状に広がり、地元の人々や観光客の移動手段として欠かせないものである。

ジュネーブのトラム

ジュネーブは市内の端から端までトラムやバスが走っており、移動する上でとても便利である。 ジュネーブ市内を観光するには、乗り方さえ把握しておけば、とくに困ることはないだろう。

bus

チューリヒのバス

市内を54路線のバス(トロリーバスを含む)が走行している。 これらのバスは、VBZ(チューリヒ交通局)が運営しており、市内の主な交通網として多くの人々が利用している。

スポンサーリンク

bus

ジュネーブのバス

ジュネーブ市内の交通機関は、主にバスとトラムが走っている。 バスの路線は、市内の至る所に張り巡らされ、地元の人々や観光客の移動手段としてとても便利である。

railway

スイスの鉄道

スイスは、スイス国鉄(独:SBB、仏:CFF、伊:FFS)と私鉄の各社が乗り入れをしながら、スイス全土を走行している。地元スイスの人々だけでなく、ヨーロッパや各国の観光客が利用している。 国鉄は主に幹線を走り、私鉄は地方や登山鉄道として走っており、フランスやドイツへ乗り入れをしている国際列車もある。また国鉄には、バーゼルやジュネーブなどの主要都市をつなぐインターシティと呼ばれる特急、チューリヒやジュネーブなどスイス全域の都市を結ぶインターレギオと呼ばれる急行、地方の街をつなぐ普通のレギオ等がある。スイスの鉄道には特急や急行料金の設定がないため、追加料金なしで利用可能だ。 スイスの車両には指定席と自由席の区分がない。指定席を取っている場合は、窓の上に座席番号と指定区間が書かれた紙が入っているので、その席に座る。指定席を事前に日本で取ることもできるが、現地の窓口で購入するより割増しになる。

スポンサーリンク

スポンサーリンク