スポンサーリンク

レティーロ公園の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

レティーロ公園
Parque de El Retiro

2017/05/05 更新

Parque de El Retiro

概要

市民の憩いの場

Parque de El Retiro

プラド美術館の東側に隣接する140ヘクタールに及ぶ公園。
レティーロは憩いを意味し、市民の安らぎの場として賑わっている。
当初ここにはフェリペ2世の小さな宮殿があり、フェリペ4世の時代には宮殿と庭園が建設された。
これらの建物は対フランス独立戦争の際に大部分が焼失してしまった。

公園の大きな池のほとりにはアルフォンソ12世の騎馬像が悠然と立っている。
彼は1874年-1885年に在位し、彼の死後に王妃マリア・クリスティナの命によってこの像が作られた。
池の南側にはベラスケス宮殿、もう少し進むとガラスの宮殿がある。
ベラスケス宮殿は1884年の鉱業博覧会で使用された建物で、ガラスの宮殿はロンドン万博で使用されたクリスタル宮殿をモデルにしたものである。

園内にはフランス式庭園やバラ園などもあるので、自然を満喫しながら散策してみると良い。

マドリードの危険対策

人気記事

海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク