スポンサーリンク

国立装飾美術館の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

国立装飾美術館
Museo Nacional de Artes Decorativas

2016/08/04 更新

Museo Nacional de Artes Decorativas

概要

世界各地の美術工芸品

Museo Nacional de Artes Decorativas

ティッセン・ボルネミッサ美術館プラド美術館からほど近く、レティーロ公園の西側に隣接する国立装飾美術館。
美術館という名前だが、主な目的は装飾技術の教育と研究、調査である。
5階建ての広いスペースに所狭しと工芸品が展示されている。

スペイン各地から集められた美術工芸品だけでなく、世界中の芸術的な日用品が展示されている。
ヨーロッパから集められたコレクションが数としては多く、陶磁器やガラス製品、家具、織物、金属の細工、紙細工、革製品や象牙、宗教装飾、絵画などの美術品と多岐にわたる。
貴族の暮らした部屋を年代別に観察できたり、各地方の装飾を取り入れた居住空間を見られたりする。

とくに貴重なのは東洋のコレクションで、主にカルロス3世が自然史の研究のために集めたものである。

(Photo by M a n u e l Antonio Tajuelo)

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ