マドリードの気候と時差と気温と降水量

マドリードの気候と時差

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/08/slick_climate_image-6.jpg
  • データガイド

ポイント

madrid climate

気候

マドリードの気温は東京とほとんど変わらない。夏場は東京よりも気温が上がることがあるが、湿度が低いので日陰に入れば涼しく過ごせるだろう。また、気温の寒暖差が東京よりも大きいので、夏場でも羽織るものを一枚持って行く事をお勧めする。

降水量が少なく、降ってもすぐに止むので、雨の心配はほとんどない。

時差

スペインは中央ヨーロッパ時間(CET)に属しており、日本との時差は-8時間。つまり、日本が正午の時はスペインでは4:00となる。

ただし、時差を計算する時には、スペインがサマータイムを導入していることにも注意したい。サマータイムとは、ヨーロッパを始め日照時間の長い国々で導入されている、明るい時間を有効に使う為の制度の事。サマータイム期間は時差が-7時間になるため注意が必要だ。つまり日本が正午のときはスペインは5:00となる。サマータイム適用期間は、3月の最終日曜午前2:00から10月の最終日曜午前3:00まで。

人気記事

海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク