マドリードのバスの料金、乗り方 、路線図、注意点

マドリードのバス

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/08/slick_bus10-1080x1371.jpg
  • データガイド

スポンサーリンク


スポンサーリンク


路線説明

マドリードのバスは、マドリード交通公社(EMT)が運営しており、市内の全域に路線を張り巡らせている。
ほぼ全域を網羅するバスは、メトロが走っていない地域も走行しているため、とても便利である。

バスの運行時間は、平日は6:00-23:00頃まで、土曜と日曜、祝日は7:00-23:00頃まで運行しており、4分-15分間隔で走行している。
また、「ブオス」と呼ばれている深夜バスも運行している。
深夜バスは26路線あり、シベレス広場を起点として運行しており、深夜24:00-4:00まで35分間隔で走っている。

バスの乗車券は、片道切符から10回分の回数券、1日券・3日券などがあり、メトロと共通である。
滞在期間や利用回数に応じて購入すると良いだろう。

路線図HP
http://www.emtmadrid.es/Home.aspx

乗車券の種類

乗車券の種類と料金

■EMT乗車券
片道切符。€1.5。

メトロブス
メトロ・バス共通の10回分の回数券。
複数人数で利用可能。
Aゾーン、ライト・メトロ1号線で利用可能。€12.2。

■観光客用のお得な乗車券
・1日券
1日乗車券+空港発着乗車券。
メトロ・バスなどが1日乗り放題。
Aゾーンのみ€8.4。
・2日券
2日乗車券+空港発着乗車券。
メトロ・バスなどが1日乗り放題。
Aゾーンのみ€14.2。
・3日券
3日乗車券+空港発着乗車券。
メトロ・バスなどが1日乗り放題。
Aゾーンのみ€18.4。

乗車券の購入方法

■自動券売機
■駅の窓口
■路上のキオスコ
■たばこ屋
※回数券は車内では購入不可のため、事前に購入が必要。

券売機での購入方法

自動券売機はタッチパネルになっている。
①画面上の国旗をタッチして言語を選ぶ。
②乗車券の種類を選ぶ。
③枚数を入力すると、料金が表示される。
④現金またはクレジットカードを入れる。
⑤発券機の下から乗車券が出てくる。

バスの乗り方

mad_bus

乗車券を購入したらいよいよ乗車だ。
①路線図を確認する
バスの路線は約190あり複雑なため、事前に路線図で調べておくことをおすすめする。
また、バス停には路線図が貼ってあるため、確認して乗車する。
②意思表示をする
目的地に向かうバスが到着したら、手をあげて乗車する意思表示をする。
手をあげないと止まらないため注意が必要だ。
③乗車する

バスの降り方

mad_bus

車内には電光掲示板があり、次の停車駅がわかりやすい。
車内アナウンスはスペイン語ではあるが、案内が流れるため便利だ。
目的地に近づいたら、車内にある停車ボタンを押して、降りることを意思表示する。

目的地に到着したら、降りるときは後ろのドアから降りる。

降りたバス停から再び戻る場合、日本のバス停のように向かいやすぐ近くにない場合が多く、異なる通りやかなり離れた場所に、バス停がある場合もあり、地図などで調べておいた方がよいだろう。

その他注意点

■渋滞に注意
バスはバス専用道路が走っているが、道路の状況によっては渋滞している場合もあり、バスの運行時間が乱れることもある。
メトロが走っている場所なら、メトロのほうが早く目的地に到着するだろう。
バスを利用する際は、時間に余裕をもって観光計画などを立てると良いだろう。

■スリに注意
バス車内でもスリの被害には注意しなければならない。
小銭やクレジットカードをばらまき、注意をそらしている間に、バックから財布や貴重品を抜き取る犯行も見られる。
できるだけ多くの現金やカード、パスポートなどは持ち歩かないようにする。
どうしても必要な場合は、一か所のまとめて入れずに場所をわけて持つようにする。

マドリード旅行者の必読記事

(Photo by Tim Adams Raúl A.- HazteOir.org valakirka)

人気記事

海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク