マドリード–バラハス空港と市内へのアクセス方法

マドリード–バラハス空港と市内へのアクセス

2017/06/30 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/09/e172835039acd2e49ba51b8cb2769069-1080x720.jpg
  • データガイド

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

マドリード-バラハス空港は、マドリードの中心から北東におよそ13キロメートルのところに位置する、スペイン国内で最も忙しく一番大きい空港。
1日の利用者は11万人以上にのぼり、2014年の総旅客数は4183万人を超えた。
1928年にオープンしたこの空港は、ヨーロッパ全体でも最も重要な航空拠点のひとつである。

以前はマドリード-バラハス空港と呼ばれていたが、2014年3月に死去したスペイン民主化の立役者アドルフォ・スアレスの功績をたたえ、スペイン政府が空港の正式名称をアドルフォ・スアレス・マドリード-バラハス空港に変更した。

4つのターミナル間は24時間運行(5分おき、23:30-6:30は10-20分おき)の無料シャトルバスで移動することができる。

両替所とATMは空港各所に、手荷物預かり所はターミナル1の1階(Floor/Planta 0)ホール2の向かいとターミナル4の1階到着エリアにある。
また、各ターミナルでお土産屋、免税店が充実しており、お菓子からブランド品まで、ほとんどのものが手に入る。

※留意事項
〈KubiWireless〉のネットワークで、最初の30分間無料でインターネットに接続することができる。

・アドルフォ・スアレス・マドリード–バラハス空港公式HP
http://www.aena.es/csee/Satellite/Aeropuerto-
Madrid-Barajas/en/Adolfo-Suarez-Madrid-Barajas.html

・各ターミナルのマップ
http://www.aena.es/csee/Satellite?Language=
EN_GB&ca=MAD&pagename=cartografia&ps=t

空港から市内へのアクセス

Aeropuerto Adolfo Suárez Madrid Barajas

到着エリアは各ターミナル1階。
入国審査⇒預けた荷物の受け取り⇒税関を通過して出口を出たら、空港内の標識にしたがって各交通機関の乗り場まで。

マドリード市にはCRTM(マドリード地域運輸連合)という公共交通機関のネットワークがあり、CRTMのエリア内はメトロ、トラム、バスでチケットは共通のゾーン制になっている。
メトロの詳細情報はこちら
バスの詳細情報はこちら

スペイン国鉄(RENFE)

バラハス空港ターミナル4とマドリード市内中心部を結ぶ、スペイン国鉄RENFEの近郊列車(セルカニアス)C-1号線。
ヌエボス・ミニステリオス(Nuevos Ministerios)駅からはセルカニアスの他線、メトロ6号線または10号線に、アトーチャ(Atocha)駅からはメトロ1号線に乗り継ぐことができる。

■所要時間
ヌエボス・ミニステリオス駅まで18分。
アトーチャ駅まで26分。
30分おきの運行。
5:59-22:58の運行。

■料金
大人片道(Billete Sencillo): €2.60(4ゾーンの料金)。
駅にある券売機またはチケットオフィスで購入可。

■乗り場
ターミナル4の地下(Floor -1)の「Aeropuerto T4」駅。

※留意事項
バラハス空港はRENFEの「ゾーンB2」なので、市内中心部「ゾーン0」までは4ゾーン分の料金になる。

RENFEについての詳細はこちら

メトロ

バラハス空港とマドリード市内中心部を結ぶメトロ8号線。
空港追加料金込みのメトロ1回券のほか、CRTMの共通回数券が利用できる。
回数券を利用する場合は、空港追加料金の€3が別に必要。
ツーリストトラベルパスも利用可(空港追加料金も含まれている)。
■所要時間
ヌエボス・ミニステリオス駅までおよそ20分。
昼間は4-8分おき、夜間は7-15分おきの運行。
6:05-2:00の運行。

■料金
大人1回券(Billete Sencillo+Suplemento Aeropuerto): €4.50-5(ゾーンA内の料金+空港追加料金€3)。
※ゾーン内5駅までの移動は€4.50、6-9駅の移動は一駅ごとに€0.10プラス。10駅以上移動する場合も上限は€5。
駅にある券売機またはチケットオフィスで購入可。

■乗り場
ターミナル2の2階(Floor 1)の「Aeropuerto T1-T2-T3」駅、
ターミナル4の地下(Floor -1)の「Aeropuerto T4」駅。

メトロについての詳細はこちら

Exprés Aeropuertoバス

Aeropuerto Adolfo Suárez Madrid Barajas

バラハス空港とマドリード市内中心部を結ぶ24時間運行のバス。
RENFEのアトーチャ駅までの運行だが、夜間(23:30-6:00)はシーベレス広場(Plaza de Cibeles)まで。シーベレス広場近くには、メトロ2号線が通るバンコ・デ・エスパーニャ(Banco de España)駅がある。
■所要時間
市内中心部までおよそ40分。
昼間は13-20分おき、夜間は35分おきの運行。

■料金
大人片道€5。
バス車内でドライバーから購入。現金のみ。

■乗り場
ターミナル1、2、4の到着エリアをでたところの「Línea Exprés Aeropuerto」乗り場。

※留意事項
チケットの購入は現金のみでおつりは€20までしかもらえないので、€50以上のお札しか持っていない場合はあらかじめくずしておくか、日本円から両替する時に€20以下のお札をもらっておくようにしよう。

スポンサーリンク


タクシー

Aeropuerto Adolfo Suárez Madrid Barajas

■所要時間
市内中心までおよそ30分。

■料金
バラハス空港-マドリード市内中心部(環状線M30の内側): €30の定額。
(定額料金が適用される場合は、追加料金なし)
空港からの乗車で、事前予約がなく距離が10キロメートルに満たない場合、メーターの料金にかかわらず最低料金は€20。10キロメートルを過ぎるとメーター制。
休日や夜間などの割増料金あり。
荷物の追加料金はなし。

■乗り場
各ターミナル到着エリアをでたところのタクシー乗り場。

※留意事項
公認ドライバー以外のタクシーには乗らないこと。
マドリードの公認タクシーは車体が白で、ドアに赤のストライプとマドリード市議会の紋章がある。
屋根の上に「TAXI」のサインがあり、空車のときは緑色に点灯する。
空港内で客引きをしている非公認のドライバーもいるため、タクシーを利用する際はタクシー乗り場から公認のタクシーに乗ること。市内中心部へ向かう場合は、定額料金を適用してほしい旨ドライバーに伝えよう。

タクシーについての詳細はこちら

日本-マドリード間のフライトで得られるマイル

  • マイレージ
    出発地 貯まるマイル数
    東京/成田 1万3590マイル
    参考として、1万マイルで東京-大阪間の航空券に、2万マイルで東京-グアム間の航空券に換えることができる。

    ※マイル数は往復分を表記
    ※航空会社や利用する時期、割引によってマイル数は変動する

    ➡ 【貯めなきゃ損】マイルの貯め方・使い方の徹底解説はこちら



  • 空港近くのおすすめホテル

    バラハス空港近くにあるおすすめホテルを紹介する

  • クレメント バラハスの部屋

    クレメント バラハス

    バラハス空港から2キロメートルの場所に位置するホテル。無料の空港送迎バスが利用できるので、立地条件とあいまって、トランジットや早朝便、深夜便利用時に最適なホテルだ。朝食は朝6:30からと少し早めに食べ始めることができるし、6:30より前に出発する場合、無料でコーヒーを淹れてくれるのも嬉しいサービスだ。また、地下鉄バラハス駅も400メートル、徒歩5分程なので、市内へのアクセスも良い。
  • お勧めポイント
    ☑ 無料の空港送迎バス
    ☑ 早めの朝ごはん
    地下鉄駅も徒歩5分圏内

    詳細はこちら

    販売会社:Expedia

    マドリード旅行者の必読記事

    (Photo by Hotel Clement Barajas公式Facebookページ)

    人気記事

    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    wifiレンタル
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    HowTravelおすすめのスーツケースブランド

    スポンサーリンク