スポンサーリンク

バルセロナのエンタメ人気ランキング

エンタメ

1011件

Jamboree Jazz Club

1

ジャンボリー

カタルーニャ・ジャズの生き証人

ジャンボリーは、レイアール広場の近くにあるバルセロナ最古のジャズ・クラブだ。 1960年に創業して以来ずっと同じ場所で営業しているので、この地におけるジャズの生き証人だといってもよいだろう。

Razzmatazz

2

ラズマタズ

バルセロナ最大のクラブ

ラズマタズは、ビーチに近いマリーナ地区に位置するクラブだ。 バルセロナでクラブといえばまずはじめに名前が挙がるほどの有名クラブなので、「クラブに行ってみたいけれど特にこだわりがあるわけではない」という人はまずこちらを選択するとよいだろう。

Moog

3

ムーグ

テクノに特化した人気クラブ

ムーグは、バルセロナのメインストリートであるランブラス通りからほど近い場所に位置する人気クラブだ。 バルセロナのクラブシーンではR&Bやヒップホップよりもテクノやハウスが主流派であるが、公式サイトに「Techno Sessions」の文字があることからもわかるように、こちらもテクノをメインにプレイするクラブとなっている。

スポンサーリンク

La Barceloneta

4

バルセロネータ

地中海に面した広大なビーチ

芸術の街、建築の街、サッカーの街、グルメの街……バルセロナについてのイメージはさまざまだろうが、もうひとつ忘れてはいけない特徴がある。 それは、海の街だということだ。 バルセロネータは、そんなバルセロナの海洋都市としての面を象徴するビーチだ。

Cordobes

コルドベス

本場に近いフラメンコを見るならコルドベス

コルドベスは、バルセロナ旧市街に位置するフラメンコ・タブラオの1つだ。バルセロナ市内でフラメンコを見られるタブラオは全部で3店舗しかないが、こちらはその中でも最も正統派に近いフラメンコを楽しめるタブラオとなっている。

Camp Nou

カンプ・ノウ・スタジアム

FCバルセロナのホームスタジアム

カンプ・ノウ・スタジアムは、バルセロナ市内にあるサッカー専用スタジアムだ。ここをホームスタジアムとしているのは、地元の人気チームにして世界屈指の強豪でもあるFCバルセロナ。これまでに数多くの歴史的なゲームが開催されてきたスタジアムであり、サッカーファンにとっては聖地と呼んでも過言ではないスポットとなっている。 ちなみにカンプ・ノウとは、カタルーニャ語で「新しいスタジアム」という意味をもっている。1957年の完成以来、正式名称は長らく「Estadi del Futbol Club Barcelona」だったが、地元の人々は誰もがカンプ・ノウと呼んでおり、現在ではついに正式名称もカンプ・ノウとなった。

スペイン村

スペイン全土をひとめぐり

スペイン村は、多くの文化的施設が集うモンジュイックの丘にあるテーマパークだ。 バルセロナのみならず、スペイン国内中の代表的な建造物が原寸再現されているので、パーク内をぐるりと廻ればスペイン全土を一挙に観光したような気分になれるだろう。

スポンサーリンク

Gran Teatre del Liceu

リセウ大劇場

バルセロナ最大、伝統あるオペラハウス

リセウ劇場は、バルセロナの中心部、ランブラス通り沿いにある劇場だ。 周辺には観光名所も多いので、散策していれば必ず一度は目にするスポット。

Palacio del Flamenco

パラシオ・デル・フラメンコ

バルセロナ最大、独創的なフラメンコ・ショー

パラシオ・デル・フラメンコは、バルセロナ市街地にある老舗フラメンコ劇場だ。 創業は1920年で、市内でも最も古いフラメンコ・ショーとなっている。 また、多くのフラメンコ・ショーが小規模なタブラオで開催されるのに対しこちらは劇場なので、収容人数の点でもバルセロナ最大のフラメンコだといえるだろう。

Sala Apolo

アポロ劇場

カタルーニャ・カルチャーの今に触れる

海外旅行の楽しみは観光名所巡りやグルメだけではない。 ポップ・カルチャーのファンであれば、現在進行形の現地のカルチャーに触れたいという人も多いだろう。 特に音楽が好きであれば、ぜひともライブハウスにも足を運んでみたい。

スポンサーリンク

スポンサーリンク