スポンサーリンク

市街西部×ミュージアム

2件

アンネフランクの家の前にある銅像

1

アンネ・フランクの家

アンネが日記を書き綴った隠れ家

「アンネ・フランクの家」は、世界的に有名な「アンネの日記」の著者、アンネ・フランクが隠れ家生活を送った家を改装した博物館。アンネ・フランク財団が管理・運営を行い、世界中から年間100万人を超える観光客が訪れており、日本人の来訪も多い。日本語の無料パンフレットを貰えるので、ほとんどの展示物についても理解できる。 第二次世界大戦中にナチスのユダヤ人迫害から逃れるためフランクフルトからアムステルダムへ逃げてきたフランク一家は、オランダへのドイツ軍の侵攻に伴い、この隠れ家でひっそりと暮らす事になる。ゲシュタボ(ナチスの秘密警察)に見つかり、アウシュヴィッツ強制収容所に送られるまでの2年間の生活を垣間見ることができる。日中は音を立てないよう静かにすごし、夜は光が漏れないように気を遣うといった生活が、15歳の少女にどれほどの苦痛を強いていたか想像に難くない。

Woonboot Museum

2

ハウスボート博物館

オランダ人に人気の水上生活を見学する

アムステルダムを歩いていると運河に浮かぶたくさんのボートが目に入る。 まるでカフェのようにくつろぐ人のいるデッキや、庭のように緑で覆われたデッキなど、その様子は多種多様である。 これらのボートは移動手段ではなく、住居として使用されている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク