スポンサーリンク

王宮の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

王宮
Koninklijk Paleis

2016/12/13 更新

Koninklijk Paleis

概要

時とともに役割を変えた王宮

Koninklijk Paleis

ダム広場の西側に建つ王宮は、現在王室が所有する3つの王宮のうちのひとつである。
主に国外からの国賓をもてなすための迎賓館として使用されている。

この王宮は元々、1648年に市庁舎として建設された。
1808年から1813年までは、ナポレオンの弟、ルイ・ボナパルトがオランダ国王として居城していた。
アムステルダム市に返還されたのちに市が国に売却し、現在は王室所有となっている。

内部は豪華な造りとなっており、大理石の床や荘厳なシャンデリア、数々の絵画を見ることができる。
国賓が宿泊する部屋も公開されており、普段は触れることのできない現役国王たちの生活の一部を見学できるのは興味深い。

期間限定の特別展も開催される。内容やスケジュールはHPに記載される。

王宮の危険対策

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク