スポンサーリンク

マヘレの跳ね橋の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

マヘレの跳ね橋
De Magere Brug

2017/05/05 更新

De Magere Brug

概要

美しいイルミネーションにも注目の跳ね橋

De Magere Brug

オランダ語で、Magereは「細い」、Brugは「橋」を意味する。
現在の跳ね橋ができる以前からここには橋が架けられていた。
当時の橋は大変細かったことからこの名が付き、現在も受け継がれているという。
ゴッホの作品「アルルのハネ橋」は、故郷のこの橋を懐かしんで制作されたと言われている。

この木製の跳ね橋は、現在も不定期に開閉して船の往来を助けている。
開く前には通行止めにするために警報ブザーが鳴って遮断機が下りるので、開く様子を見たい場合はしばらく待ってみると良いだろう。
1994年までは人力によって開閉作業が行われていたというから驚きだ。
現在は機械式の制御システムが作動している。

夜になると1800を超えるイルミネーションが灯り、その光が水面に反射して幻想的な美しさを見せる。

アムステルダムの危険対策

人気記事

ドゥルーロップ アムステルダムの概案
海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク