スポンサーリンク

フレンス ハーリングハンデルのおすすめ料理、料金、営業時間、アクセス・行き方

フレンス ハーリングハンデル
Frens Haringhandel

2016/08/04 更新

Frens Haringhandel

概要

オランダ名物ハリングのスタンド

Frens Haringhandel

アムステルダムを訪れたからには、オランダ名物ハーリングは外せない。
ハーリングの歴史は14世紀まで遡り、保存のために1日塩漬けした生ニシンを塩抜きした魚料理である。刺身のようで、日本人の口によく合う。

北海で取れた魚卵や白子が発達する前の脂ののった若いニシンを使用するため、旬の5月下旬から6月にかけてはオランダ中で食べられている。
オランダの食べ方は独特で、ハーリングに玉ねぎのみじん切りを乗せ、尻尾をつまんで頭側から頬張る。
玉ねぎを落とさずに食べるのが非常に難しいが、オランダ人を真似して挑戦してみよう。
サンドウィッチのようにパンに挟んだ食べ方も一般的で、ブローチェ ハーリング(Brootje Haring)という。
パンに生魚とは見慣れないが、予想以上に美味しいのでぜひ試してもらいたい。

ハーリングの屋台はいたるところで見かけるが、フレンス一家が営むこのスタンドは新鮮さと立地の良さで人気を博している。
ハーリング以外にも、タラのフライや焼き魚など、種類豊富に取り揃えられている。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ

)

関連スポット