サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂の観光情報(歴史・行き方)

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂
Basilica di Santa Maria della Salute

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/08/slick_Basilica-di-Santa-Maria-della-Salute-1080x717.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

ベネチアの希望「大運河の貴婦人」

Basilica di Santa Maria della Salute

ベネチアのサン・マルコ地区にあるサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会は、「大運河の貴婦人」と称される、バロック様式の教会である。
1631年にバルダッサーレ・ロンゲーナによる設計で建造が開始され、1681年に完成に至っている。

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会は八角形の形状をしており、天井部分がドーム型となっている。
教会内部には、主祭壇に聖母子像があり、ティントレットやティツィアーノなどの作品も飾られている。

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会の建設当時、ベネチアではペスト(黒死病)が猛威をふるっており、ペスト終息を祈願するためにベネチアの地に多数の教会が建てられていた。
それでもペストは収まることがなかったため、1630年にベネチア共和国政府が新たにサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会の建設を決めたのである。

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会はさまざまな厄災から守護してもらうために、聖母マリアに捧げられている。

見どころ

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ祭り

サンタ・マリア・デッラ・サルーテ祭りは毎年11月にペストの終息、そして、聖母マリアの祝日を祝うために催されている。
祭り当日はカナル・グランデを挟んで対岸のサン・マルコ広場からサンタ・マリア・デッラ・サルーテ教会に訪れることができるように、船を並べてその上に臨時の橋が築かれる。
サン・マルコ地区からドルソドゥーロ地区まで多くの人々が連なり、また、屋台も出るということで大変賑やかな祭りである。

ベネチア旅行者の必読記事

人気記事

ベネチアのホテル
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク