スポンサーリンク

トレヴィの泉・パンテオン周辺×観光

このカテゴリーをローマ全域で見る

特集

ローマの世界遺産

ローマから行ける世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。ローマから行ける世界遺産は全部で7箇所。 ローマに来たら是非足を伸ばしてみたいところだ。

イタリアの世界遺産

イタリアの世界遺産

旅行の面白みといえば、日本では見ることができない景色に出会うこと。 その最高峰が「世界遺産」だ。イタリアには約50箇所の世界遺産が登録されている。 多くの世界遺産があるイタリア。仕事などで定期的に訪れている人を除いて、滅多にこれない国なので、なるべくたくさんの世界遺産に訪れたいものだ。

Colosseo

【イタリア】ローマのお勧め定番観光スポット10選

初めてローマに訪れるなら、まずはこの定番スポットをチェック♪ 絶対行くべき定番スポットを厳選しました。

kichise-san

吉瀬美智子さんがカプリ島およびローマ旅行で訪れたスポット【イタリア】

吉瀬美智子さんのイタリアのローマとカプリ島を旅行した際に訪れたスポットを紹介します。 カプリ島で2泊するなど、沢山の観光スポットを巡るのではなく、じっくりとその街自体を楽しむような大人な旅です。 吉瀬美智子さんのイタリア観光を参考にして旅の計画を立ててみてはいかがでしょうか。

Fontana-di-Trevi

あいのり出演のISSY(イッシー)がイタリア旅行で訪れたスポット一覧【海外旅行】

あいのりに出演したISSY(イッシー)が、奥さんと一緒にイタリアに行った際に訪れた観光スポットを紹介します。 「青の洞窟」に入れないトラブルもありましたが、ナポリとローマを満喫する旅だったようです。 ISSYさんの旅を参考にイタリアを満喫してみてはいかがでしょうか。

トレヴィの泉・パンテオン周辺×観光

28件

Fontana di Tre in Rome

1

トレヴィの泉

世界一有名な泉

ローマNo.1の観光地と行っても過言ではないトレヴィの泉は、世界中からの観光客で四六時中賑わっている。高さは26.3メートル、幅は49.15メートル、ローマで一番大きなバロック時代の人工噴水である。夜のライトアップもロマンチックで見逃せない。しかし、世界一スリの多い噴水であるとも言えるので、訪問中注意を怠ってはいけない。 「ローマの休日」、「甘い生活」、「リジー・マグワイア.ムービー」等数々の人気映画に登場していることでも有名だ。オットリーノ・レスピー作曲の交響曲「ローマの噴水」にも「第3部では真昼のトレヴィの泉」で登場している。また、2007年は何十人もの観光客が集う中、何者かが赤い塗料を泉に投げ込み噴水が真っ赤になるという事件が発生し大ニュースとなった。2014年-2015年にかけて大幅な修復工事が行われている。

Pantheon in Rome

2

パンテオン

ミケランジェロが「天使の設計」と賛賞した万神殿

「パンテオンを見ずしてローマを去る者は愚かなり」という言葉があるほどローマの街、歴史、市民にとって重要な建築物。 パンテオンには「万神殿(あらゆる神々を祭る神殿)」という意味があり、313年にキリスト教が公認されるまでは、その名の通り民衆各々が信じる神を祈りにこのパンテオンに集まっていた。

Piazza Navona in Rome

3

ナヴォーナ広場

ローマを代表する広場のひとつナヴォーナ広場

いつも賑やかでオープンなナヴォーナ広場は、ローマを代表する広場のひとつ。バロック様式の三つの噴水が和ませてくれ、市民や観光客に憩いの場を提供してくれる。 12月初旬から1月6日まで、ナヴォーナ広場はさらに賑わいを増す「ベファーナの市」が開かれる。ベファーナとは1月5日の夜に黒装束で身を固め子供達にプレゼントを届けるおばあさんの事。サンタクロースも登場するが、イタリアではサンタクロースよりもベファーナの方がクリスマスの主役である。広場にはイタリアのクリスマスならではのプレゼービオと呼ばれるクリスマス飾りや、カルボーネと呼ばれる木炭そっくりなカルメラ焼の菓子を売る屋台が建ち並ぶ。

スポンサーリンク

Chiesa del Gesu in Rome

ジェズ教会

フランシスコザビエルの遺体の一部が眠る

ヴェネチア広場の近くに建ち、イエズス会の母教会だったジェズ教会は、日本と所縁の深いフランシスコ・ザビエルが眠っている

Chiesa di Santa Maria Maddalena in Rome

サンタ・マリア・マッダレーナ教会

ローマに数少ない「砂糖菓子のような」ロココ建築の教会

サンタ・マリア・マッダレーナ教会は外観がまるでデコレーションされたように装飾的なファサードであるため、砂糖の教会とも呼ばれている。 現在の建物はバロック様式で17世紀に再建されたものだが、元々の建物は16世紀に作られた、ローマでは珍しいロココ建築のものである。

Santa Agostino

サンタゴスティーノ教会

カラヴァッジョは明暗のコントラストが面白い

聖アウグスティヌスに捧げられたサンタゴスティーヌ教会は1483年に完成した初期ルネッサンスのスタンダードな教会のひとつである。 ローマ市民の心の拠りどころを言われ、幾何学的でかつ直線的なファサードには潔さを感じる。

Largo di Torre Argentina in Rome

トッレ・アルジェンティーナ広場

かつてはカサエルの暗殺地、現在は猫の楽園の広場

トッレ・アルジェンティーナ広場は現在は一部に面影を残すのみであるが、共和制ローマ時代にはA、B、C、Dの4つの神殿があったとされている遺跡である。 建設当時世界最大であったポンペイウス劇場の一部も残されている。

スポンサーリンク

Palazzo Spada in Rome

スパーダ宮(スパーダ絵画館 )

エレガントなゴシック建築絵画館

ストゥッコ装飾と彫像の外壁が目印のスパーダ絵画館。 豪華に装飾されたケーキのようだ。 主に16世紀と17世紀のバロック期の絵画を展示している。同じ建物内に国務院などイタリア政府機関が入っているおり、スパーダ宮としても知られている。 入口には警備員が立っており、絵画館を訪問しにきたことと伝えるとすぐに通してもらえる。

Palazzo Colonna

コロンナ宮

保ち続ける努力に脱帽する

15世紀に建てられ、人気映画「ローマの休日」の舞台にも使われたコロンナ宮。 屋敷にはコロンナ家の人々が現在も日常生活を営んでいる。 内部には、毎週土曜日のみ一般公開されているコロンナ宮美術館があり、17世紀のアルテミジア女王の物語のタペストリーや古代から近代にわたる彫刻が置かれた通路や礼拝堂など豪華で華麗なイザベッレ王女のアパルトメントが、当時のままに公開されている。

Santi Apostoli

サンティ・アポストリ教会

1000年以上の歴史を持つ教会

創建は6世紀の古い歴史をもつサンティ・アポストリ教会。 コリント式の柱の列で割った3つの身廊と12の礼拝堂が特徴である。 15世紀と18世紀に改築され、さらに19世紀初めにヴァラディエの設計によりネオクラシック様式のファサードに造り変えられた。

スポンサーリンク

スポンサーリンク