スポンサーリンク

アヴェンティーノの丘の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

アヴェンティーノの丘
Aventino

2017/05/05 更新

Aventino

概要

庭園、教会散策ができるローマを一望できる丘

Aventino

アヴェンティーノの丘は「ローマの七つの丘」と呼ばれる、古代ローマの領土の中にあった丘一つで、その中でも最も南に位置するものである。

テヴェリ川の東に位置し、丘の上からはローマの街がよく見える。 また、ローマの建国神話にも出てくることでも有名である。
双子の兄弟のロムルスとレムスが新しい都市をつくる際に、ロムスはアヴェンティンの丘を選らんだが、双子の兄のロムルスは隣のパラティーノの丘を選んだ。
争った結果、レムスは殺害され、ロムルスが勝利した。
そのため、ロムルスの名前より、建国された国はローマと命名されたとされる。
 
古代ローマ初期は領土の外にあったとされるが、その後、紀元前4世紀にはセルウィウスの城壁の内側に位置するようになった。

現代では丘の上は閑静な住宅街と教会や庭園などが所在する。
アヴェンティーノの丘での見どころは、頂上付近にあるサンタ・サビーナ聖堂、薔薇の庭園、サベッロ庭園や、鍵穴のあるマルタ騎士の館などである。

ローマの街中の喧騒から少しはなれてのんびり散策したい時はぜひ訪れたい。

ローマの危険対策

人気記事

ホテル スプレンディッド ロイヤルからの景色
海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク