スポンサーリンク

ヴィッラ・ジュリア・エトルスコ博物館の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

ヴィッラ・ジュリア・エトルスコ博物館
Museo Nezionale Etrusco di Villa Giulia

2016/08/04 更新

Museo Nezionale Etrusco di Villa Giulia

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

世界最大エトルスコ博物館

Museo Nezionale Etrusco di Villa Giulia

ボルゲーゼ公園の北西に位置する世界最大のエトルリア文化についての博物館。
エトルリアはイタリア語でエトルスコ。
エトルリア民族は古代ローマ以前にイタリア半島中部に高度な文明を築いた民族で、ローマ帝国の基礎となったとされている。
ギリシャの影響を強く受けたエトルリア文化の美術コレクションを墓室装飾壁画、テラコッタ製の彫像、青銅製の彫像や工芸品など約7万点を収蔵している。
代表作はチェルヴェテリ出土「夫婦の陶棺」だ。

建物はもともとルネサンス末期の教皇ユリウス3世の別荘で、ユリウス3世は1550年に即位した直後に建築家ヴィニューラに命じてこの建物を造った。
名前のヴィッラ・ジュリアはイタリア語でユリウスの別荘という意味がある。
豪華な中庭と長大な回廊から別荘であったことを感じさせる。

見どころ

エトルリア文化の女性の地位とセクシャリティ

Museo Nezionale Etrusco di Villa Giulia

エトルリア人社会は一夫一妻制であり、ヴィッラ・ジュリア・エトルスコ博物館のチェルヴェテリ出土「夫婦の陶棺」も、カップルが微笑みながら仲良さそうに横たわる姿を表した夫婦像だ。
エトルリア社会では強い絆を持つ夫婦は社会的な成功を意味していた。

エトルリアの女性は妻として自分の体のケアに余念がなく裸を見られることも恥ずかしいことではなかった。
夫以外の男性とも長椅子を共にし、乾杯を呼びかけるソーシャルドリンカーでもあった。
夫婦の絆を尊重する一方で、おおっぴらな夫婦でない男女間での性的な行為も許されていた。

これらの背景を踏まえてエトルスコ博物館のコレクションを見学すると面白い発見があるだろう。

(Photo by Jean-Pierre Dalbéra Jean-Pierre Dalbéra)

ヴィッラ・ジュリア・エトルスコ博物館の危険対策

人気記事

海外旅行に必要なパスポートとお金
海外での防犯対策グッズ
マイルを貯めて飛行機に乗る
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク