サンタンドレア・アル・クイリナーレ教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サンタンドレア・アル・クイリナーレ教会
Sant’Andrea al Quirinale

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/07/slick_Sant-Andrea-al-Quirinale_105-1080x1513.jpg

概要

バロック建築の巨匠ベルニーニの自信作

Sant Andrea al Quirinale

バロック建築の巨匠ベルニーニ自ら代表作と認めていた自信作のサンタンドレア・アル・クイリナーレ教会。
奥行きよりその幅が広い設計はこれまでの教会建築の常識を破ったものである。
ポルトガル語で「歪んだ真珠」とも言われている「バロック」は、ルネッサンス時代の端正な形を逸脱し、型を破ろうという試みである。
ファサードは2本の大きな付け柱がぺディメントと呼ぶ、三角形の屋根を支えている。
内部は色大理石やスタッコ(こて絵)、金色がふんだんに使われ、豪華さと神々しさを色彩の効果で演出している。

天井のクーポラには、アントニオ・ラッジ作の天使の彫像が飛び交い、頂部からも天使が一人、顔をのぞかせている。アプシス(後陣)に置かれたラッジ作の「聖アンドレア」も見逃せない。

(Photo by schizoform Andrea de Poda)

ローマ旅行者の必読記事

人気記事

ホテル スプレンディッド ロイヤルからの景色
海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
海外旅行に必要なパスポートとお金
wifiレンタル

スポンサーリンク