スポンサーリンク

国立コルシーニ宮美術館の見所、料金、営業時間、アクセス・行き方等の観光情報

国立コルシーニ宮美術館
Galleria Nazionale di Palazzo Corsini

2016/08/04 更新

Galleria Nazionale di Palazzo Corsini

スポンサーリンク

概要

コルシーニ宮殿

トラステヴェレ地区、セッティミアーナ門を通り抜けたところ、ファルネジーナ・キージ荘の向かいに位置する、15世紀に建てられた高貴バロック様式の宮殿。
現在は2階が国立美術館となっているが、イタリア科学アカデミー・アッカデーミア・デイ・リンチュイの本部もある。
コレクションは14世紀から18世紀までのイタリア絵画を中心としたものが展示されている。
1番の見どころはカラヴァッジョの「洗礼者聖ヨハネ」である。

15世紀にリアリオ枢機卿により建てられ、17世紀にはスウェーデンのクリスティーナ女王の住まいとなり、1736年代にフィレンツェの富豪コルシーニが買い取った。
その後、ナポレオンの兄弟ジョセフ・ボルパルと・フランス大使の住居となったが、1883年にコルシーニ家が国家に売却した。

見どころ

カラヴァッジョの「洗礼者聖ヨハネ」

Galleria Nazionale di Palazzo Corsini

バロック時代のイタリアの人画家ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジョは、光と陰を使いルネッサンス以降滞っていた絵画界に新しいスタイルを確立した画家として知られている。
カルヴァッラは何枚も聖ヨハネをモデルとした絵画を描いており、国立コルシーニ宮美術館にある「洗礼者聖ヨハネ」はカラヴァッジョ得意の光と陰で下を向くように顔を背けたヨハネの姿が描かれている。
国立コルシーニ宮美術館のエース的な存在であるこのカルヴァッジョの「洗礼者聖ヨハネ」は海外出張に出ていることもしばしばある。

スポンサーリンク

)

あなたにおすすめ