スポンサーリンク

サンタ・クローチェ・イン・ジェルザレンメ聖堂の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サンタ・クローチェ・イン・ジェルザレンメ聖堂
Basilica di Santa Corce in Gerusalemme

2017/05/05 更新

Basilica di Santa Corce in Gerusalemme

スポンサーリンク

スポンサーリンク

概要

ローマ七大聖堂のひとつ

Basilica di Santa Corce in Gerusalemme

ローマ七代大聖堂のひとつ。サン・ピエトロ大聖堂サン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂、サン・パウロ・フォーリ・レ・ムーラ大聖堂、これら4大聖堂に次ぐ位置にある重要な聖堂。

コンスタンティヌス帝の母親であり熱心なキリスト教擁護者であった聖エレナを祭る巨大なサンタ・クローチェ・イン・ジェルザレンメ大聖堂は本堂、聖エレナの礼拝堂、聖遺物の礼拝堂から構成される。
現在は国立楽器博物館と、修道院とその菜園も併設されている。
この聖堂の1番の見どころは聖エレナがエルサレムから持ち帰ったとされる聖遺物品「十字架の木片」「茨の冠の棘」「十字架刑の時に使われた釘」。
これらは聖遺物の礼拝堂に展示されている。

325年エレナ皇后の命により、現在の位置が選ばれ創建された。
その後幾度も改築が繰り返されたが、現在は聖遺跡物に加え、建築家グレゴリアーニとパッサラックア作のバロック様式のファザード、サンソヴーノ、ポマランチョ、マデルノらによる力作内部装飾等も評価が高く、他の有名観光スポットと少し離れているが訪れる価値のある聖堂である。

見どころ

神秘的な聖遺物の礼拝堂

メロッツォ・ダ・フォルリ、アントニアッツォ・ロマーノ、マルコ・パルメッツァ–ノらによる優れたフラスコ画で装飾された内陣まで進むと、その左にあるのが聖遺物の礼拝堂。
その名の通り、キリストの十字架の断片その釘、キリストの茨の冠の2本の棘、酢を染み込ませた海綿、聖墳墓の一片などがあり、キリスト教会の中でも最も神聖な聖遺物品を鑑賞することが出来る場所だ。
隣接する部屋には聖骨布の複製の展示もある。この教会の訪問者は信者が多くこれらの聖遺物は彼らに取って大きな意味のある場所だ。
写真撮影は禁止。神聖な雰囲気の中、エレナの持ち帰った聖遺物をしっかり目に焼き付けたい。

ローマの危険対策

人気記事

ホテル スプレンディッド ロイヤルからの景色
海外での防犯対策グッズ
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク