スポンサーリンク

ローマ旅行5泊7日の予算とモデルプラン

Rome plan

2017/05/05 更新

ローマ旅行をする際の平均的な予算とモデルコースを紹介する。イタリアでは史跡・遺跡、広場を除き、1/1、5/1、12/25、月曜が休みの所が多い。また復活祭シーズンは訪れる人も多く、商店やレストランなども休みが多い。またシーズンによって閉まる時間が違うため、事前にしっかりチェックが必要。 教会については特別な日を除き観光が可能だが、新年のミサやクリスマスなどはミサに参加しない観光のみは入場ができない。 ローマ市内は遺跡があちこちにあるため、地下鉄が発達していないので、バスやトラムを利用するのが便利。 但し、近い場所にいくつかの観光名所があるので地図を確認して徒歩で回れる場所もある。 また、お得に「ローマパス」を使うのもいい。3日有効のものと48時間のものがある。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

最低予算約130,000円のモデルプラン

  • Rome plan

    飛行機代65,000円-80,000円

    予算を切り詰める場合、飛行機は必然的に乗継便となり、北京やアラブ、モスクワ、トルコ、ドバイ等を経由する。乗継便であっても直前予約となると200,,000円を超すこともある。また価格は安くても乗り継ぎ時間が長時間に及ぶ場合がある。
    ※長期休暇シーズンは飛行機代が2倍程度となる

    ホテル代25,000円-30,000円

    まずエクスペディアでローマのホテルを検索後、「ホテルを次の条件で絞り込む」の「宿泊タイプ」から「ホテル」を選択しよう。
    これで相部屋を検索条件から除外した上での最低料金を見ることができる。ホテルの最低料金は一泊4,000円-5,000円というところで、中心地から離れているホテルもあるが、比較的駅から近い場所にあることが多いため不便はない。
    ※長期休暇シーズンはホテル代が2倍程度となる

    飲食代25,000円

    ローマの飲食代は日本より高く、三食外食で中級のレストランを回るとした場合、1日10,,000円は見ておいた方が良い。カジュアルなトラットリアでも4,000円-5,000円かかる。安く美味しいものを食べたいのであれば、サンドウィッチのダ シーモ パネ エ ヴィーノや、パニーニとタパスのパンディヴィーノ、パンツェロッティのパンツェロッティ アンド フレンズなどに行ってみよう。

  • 平均的予算約220,000円のモデルプラン

  • Rome plan

    飛行機代90,000円-120,000円

    ローマについた初日から活動するために午前中着を希望すると航空券は夕方以降着の2-3倍となる。直行便は乗り継ぎ有に比べ、事前から予約をしていても2-2.5倍となる。トップシーズンには200,000円を超えることもある。
    ※長期休暇シーズンは飛行機代が2倍程度となる

    ホテル代50,000円-70,000円

    まずエクスペディアトップページからローマのホテルを検索後、「ホテルを次の条件で絞り込む」の「周辺情報」からバチカンやトレヴィの泉コロッセオ等を選択しよう。これらの周りには観光名所が集結しており、徒歩でまわることが可能で、効率よく観光をすることができる。料金は一泊10,000円-20,000円と中心地外のホテルと比べると倍程度となる。
    ※長期休暇シーズンはホテル代が2倍程度となる

    飲食代50,000円

    ローマで高級レストランともなると予約必須で、食事代だけでおよそ20,000円前後からとなる。もう少しお手頃にと言う人には、本格的ながらお手頃価格のパスタ専門店、イル パスタイオ ディ ローマパスタシュータ、パニーニ専門店のボルゴ139がお勧め。テイクアウトして街歩きしながら頬張ろう。

  • (Photo by Alquiler de Coches nekotank Marco Casarola)

    人気記事

    ホテル スプレンディッド ロイヤルからの景色
    海外旅行用クレジットカード
    マイルを貯めて飛行機に乗る
    海外旅行に必要なパスポートとお金
    wifiレンタル

    スポンサーリンク