スポンサーリンク

ナポリのミュージアム・美術館人気ランキング

ミュージアム

64件

Museo Archeologico Nazionale

1

国立考古学博物館

ドリス様式の円柱が印象的な貴族の邸宅

聖ベネディクト修道院の建物が、今ではサレルノ県の考古学博物館となっている。 聖ベネディクト修道院はその歴史を9世紀のランゴバルド人の時代まで遡ることができる。 1400年代前半にはカルロ3世の王妃マルゲリータ・ディ・ドゥラッツォが晩年を過ごしたり、19世紀には兵站部として使われたりと、用途が変遷している。 度重なる改築を反映するかのように多様な建築が複雑に交じり合っている、興味深い場所である。

Villa San Michele

2

ヴィッラ・サン・ミケーレ

アナカプリで実現された、スウェーデン医師の夢の家

アナカプリの北西部にある、20世紀初頭にスウェーデン人の医師であり作家のアクセル・ムンテにより作られた素晴らしい邸宅である。 カプリの中心とアナカプリを結ぶ、フェニキア人によって作られたとされる石畳の階段スカーラ・フェニチア(「フェニキアの階段」の意味)上にそびえる崖に建つ。

Museo di Capodimonte

3

国立カポディモンテ美術館

スペイン王が愛した美術品の数々

ナポリの街を見下ろす丘の上に、国立カポディモンテ美術館は堂々とそびえたっている。 国立カポディモンデ美術館は、ナポリ・ブルボン家のカルロ7世(後のスペイン王カルロ3世)が母から受け継いだ美術品コレクション「ファルネーゼ・コレクション」を展示するための場所であった。カルロの母はイタリアの名門貴族・ファルネーゼ家の出身であり、膨大な美術品を代々所持していることで知られていた。 母から息子へ受け継がれた美術品はその後順調に数を増やしていき、君主制が終わった1950年には国立美術館として公開されるようになった。

スポンサーリンク

Museo Archeologico Provinciale

県立考古学博物館

ドリス様式の円柱が印象的な貴族の邸宅

聖ベネディクト修道院の建物が、今ではサレルノ県の考古学博物館となっている。 聖ベネディクト修道院はその歴史を9世紀のランゴバルド人の時代まで遡ることができる。 1400年代前半にはカルロ3世の王妃マルゲリータ・ディ・ドゥラッツォが晩年を過ごしたり、19世紀には兵站部として使われたりと、用途が変遷している。 度重なる改築を反映するかのように多様な建築が複雑に交じり合っている、興味深い場所である。

Villa Floridiana

ヴィッラ・フロリディアーナ(マルティーナ公爵陶磁器博物館)

ナポリの美しい町並みを見渡せる緑豊かな公園

ナポリのヴォメロ地区にある8ヘクタールの緑豊かな公園で、キアイアやメルジェリーナといった郊外の町を丘の上から見下ろしている。 バロック建築にネオクラシック様式が加えられた美しいヴィッラが最高の状態で今日まで保存されている。

Museo Correale di Terranova

コッレアーレ博物館

貴族の邸宅を用いた、テラスからの眺望が素晴らしい博物感

ソレントの有力貴族だったコッレアーレ伯爵の海沿いに建つ美しいパラッツォが、現在は美術品や工芸品を集めた博物感として一般に公開されている。 ポンペオとアルフレッドの兄弟が、自分たちの死後にコッレアーレ家のコレクションが散逸しないよう、邸宅を博物感とするよう遺言を残し、結果1924年に開館した。

Museo Nazionale di San Martino

国立サン・マルティーノ美術館

高台に建つ、貴重な美術品の宝庫

サンテルモ城と隣り合うようにして建っているサン・マルティーノ美術館は、元々修道院として使われていた大変由緒ある建物である。 1325年にアンジュー家のロベール王の息子、カルロが命じて建設させたというこの美術館は、ナポリの絵画、陶器、そしてプレゼービオなど様々な美術品が収蔵されている。

スポンサーリンク

no-image

Museo degli Antichi Mestieri e della Civilta Contadina

no-image

Museo delle Cere

no-image

Museo Civico di Maddaloni

スポンサーリンク

スポンサーリンク