スパッカ・ナポリ周辺×建築物

このカテゴリーをナポリ全域で見る

スパッカ・ナポリと中央駅周辺×建築

5件

Complesso Monumentale di Santa Chiara

1

サンタ・キアーラ教会

神聖な教会の上部から見渡せる、ナポリ市街の大パノラマ

サンタ・キアーラ教会は、ナポリの市街地のほぼ中心部に位置している教会である。 その外観は、少し薄汚れている印象すらあるほどに地味であり、前情報なしに訪れると素通りしてしまいそうなほどに悪い意味で景観に埋もれている。

S. Domenico Maggiore

2

サン・ドメニコ・マッジョーレ教会

庶民の生活に毅然と鎮座する、高貴さと荘厳さ

サン・ドメニコ・マッジョーレ教会は、市街地の中心部に位置する教会であり、市民の生活圏と近接している場所である。 スパッカ・ナポリなど、ナポリの庶民生活とつながりの深いこの教会は、少々薄汚れたレンガ造りの建造物の合間に、白を基調とした外観で毅然と建っている。

Museo Cappella Sansevero

3

サンセヴェーロ礼拝堂

落ち着いた外観が市民に身近な存在の証

サンセヴェーロ礼拝堂は、スパッカ・ナポリ地区の小路を入ったところにある建物である。 非常に落ち着いた雰囲気の(悪く言えば地味な)外観から、大体の場所を知っているだけでは確実に見落としてしまうスポットであるために、訪れる際には正確な場所の把握をしておいた方が良いだろう。

スポンサーリンク

Duomo Di Napoli

4

ナポリのドゥオモ

サン・ジェンナーロの息づかいを感じる大聖堂

ナポリのドゥオモは、スカッパ・ナポリにおける中心的教会である。 13世紀にナポリの守護聖人であるサン・ジェンナーロを信仰するため、ナポリ王カルロ2世によって建てられた。 以降たびたび改築が行われ、19世紀には建築家エンリコ・アルヴィーノによってファザード部分に手が加えられた。 正面にそびえる中央扉は芸術家および彫刻家のアントニオ・バボッチョが設計したもので、14世紀のライオン像、そしてティーノ・ディ・カマーノによる聖母子像を再利用して作られている。

Il Sottosuolo Napoletano

イル・ソットスオロ・ナポレターノ

2400年のタイムトラベルの入り口は、思わぬところで口を開けている

イル・ソットスオロ・ナポレターノは、日本テレビ系「アナザースカイ」で紹介されたことにより、日本でも一躍有名な観光スポットとなった。 通称「地下ナポリ」と呼ばれるこの場所は、古代ギリシャ時代につくられたとはとても思えない地下都市、いや地下要塞として、世界でも有数の存在である。

スポンサーリンク

スポンサーリンク