サン・ドメニコ・マッジョーレ教会の観光情報(歴史・料金・行き方・営業時間)

サン・ドメニコ・マッジョーレ教会
S. Domenico Maggiore

2017/05/05 更新

http://www.howtravel.com/wp-content/uploads/2015/08/slick_S.-Domenico-Maggiore_100-1080x1623.jpg

スポンサーリンク


スポンサーリンク


概要

庶民の生活に毅然と鎮座する、高貴さと荘厳さ

S. Domenico Maggiore

サン・ドメニコ・マッジョーレ教会は、市街地の中心部に位置する教会であり、市民の生活圏と近接している場所である。
スパッカ・ナポリなど、ナポリの庶民生活とつながりの深いこの教会は、少々薄汚れたレンガ造りの建造物の合間に、白を基調とした外観で毅然と建っている。

外観の荘厳さもさることながら、この教会は内装が豪華なことでも知られている。
礼拝堂には金色のオブジェが多数並んでおり、オリエンタルな雰囲気の柱と相まって高貴な印象を受ける。
天井には、キリストの復活などをモチーフとした色鮮やかな絵画が描かれており、スパッカ・ナポリの庶民的な感覚とは180度違った雰囲気に圧倒されるだろう。

教会内にはその他にも貴重な美術品等が多数収蔵されている。
ナポリに根差すキリスト教文化を知るためにも、外せないスポットだと言えるだろう。

見どころ

深い歴史のある教会は、市民の信仰を温かく包み込む

S. Domenico Maggiore

サン・ドメニコ・マッジョーレ教会は、1283年に着工し、40年以上の歳月をかけて1324年に建物の全部が完成の陽の目を見た。
もちろんこれまでに何度も改築がなされており、最近では19世紀に、それまでのバロック様式から現在のゴシック様式へと改築が行われた。

改築を繰り返しているとはいえ、建造以来変わらずに残されている部分もいくつかあり、ロマネスク様式で建てられた部分の名残を見ることも出来る。
内部の近代的な装飾や柱の様式と対峙するように残されたロマネスクの遺構は、教会の歴史を現代に確かに伝え続けている。

高貴な雰囲気を持っているサン・ドメニコ・マッジョーレ教会だが、市民にとっては身近な存在の教会だ。
教会は、悠久の歴史と共に市民の信仰信を温かく包み込み続けている。

ナポリ旅行者の必読記事

(Photo by gnuckx Fiore S. Barbato)

人気記事

海外旅行用クレジットカード
マイルを貯めて飛行機に乗る
wifiレンタル
海外旅行に必要なパスポートとお金
HowTravelおすすめのスーツケースブランド

スポンサーリンク